2017年12月08日

花架拳(かかけん)

久し振りにお袋(満102歳)の見舞い(足が弱ったため、3年前から施設の世話)に行く。
大広間で、踊りが披露されている。踊りと言うより太極拳みたいである。お袋も見とれている。
DSCN1557踊り.jpg
近づいて見ると、な〜んだ、従妹の「マリちゃん」ではないか。
お袋の誕生日(12月2日)に披露する予定だったんだが、施設との折り合いがつかず、本日になったとのこと。
これは、太極拳ではなく、「花架拳」だそうな。
花架拳とは、中国の伝統武術で、花のように舞う健身術とのこと。そう言われれば、踊りの姿は天女みたいである。
踊りを見終えたところで、お袋の部屋に入る。
DSCN1564 熟し柿お袋.jpg
土産に持ってきた「熟し柿」を、マリちゃんがお袋の口に持っていく。
「これが本当の甘さだよっ」と、言いながらペロリと食べてしまった。
「なんだい、たったこれっぽっちかい。あんたもケチだね、次回は沢山おくれっ」と、不満そうに言われた。
ま〜あ、102歳にして元気な証拠であろう・・・。
   102歳 昔の甘さ 想い出す

posted by 松つあん at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月06日

熟し柿の糖度NO1

チョイと値は張ったが、糖度計を購入した。
本日は、吊るし柿用にもぎっていた、残り柿を測ることにした。先月の20日に、もぎった後に熟した柿です。
DSCN1549 糖度計.jpg
15.7〜18.0度の数値が出た。柿の中央部分、皮周辺、部位によって若干の開きがあるてなことです。
因みに、イチゴ8〜10度、メロン12〜18度、ブドウ17度、リンゴ13〜17度、ナシ12度、すいか11度が平均値とのこと。なんだ!果物の糖度NO1ではないかっ!。嬉しいね。
で〜つ、明日には柿の木から熟し柿をもぎり、再度数値を測る予定。今回の数値を上回ると確信する。
   渋が甘 数値が示す 糖度NO1

posted by 松つあん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月05日

禁酒令解禁

先月中旬に、白内障(両目)の手術をした。お陰様で、世の中が明るく感じ、車の運転も安心安全です。
で〜つ、手術をした際、先生から「私がサインを出すまで、禁酒とします。絶対ですよっ。約束破ったら知りませんよ」と、きつ〜い、お達し。
その日からの夕食の不味いこと・不味いこと。お客さまから勧められてもお断り・クラス会でも素面。てなことで、生活のリズムが狂ってしまいました。
で〜つ、本日、術後の検診に行ってきた。
「良好です。安定しています。念のため、年明けてから再度チェックしましょう」と、先生曰く。
おいら「ありがとうございます。先生っ、肝心の禁酒令は解けたんでしょうか」と、問うた。
「あぁぁ、松つあんにとって重大なことを、言い忘れていました。OKです。解禁ですよっ」と、笑いながら先生曰く。
キャッホーです。
他の諸々の用件を済まして帰宅。
DSCN1546[1] 禁酒解禁.jpg
米焼酎のお湯割りをググ・グ〜ッ。五臓六腑の喜びの歌が聞こえます。
呑み過ぎてはどうかと思い、腹いっぱいではなく、コップ一杯に留めました。
   禁酒解く 五臓六腑の 歓喜の歌


posted by 松つあん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月04日

寒い日は柚子風呂

本日のお月さま、でっかくて綺麗である。
女房曰く「スーパームーンですよっ」と。
それにしても寒い・寒い。
アッそ〜ぅだ、柚子風呂にしよ〜っと。
DSCN1544 柚子湯.jpg
化け物の獅子柚子と、普通の柚子10個を風呂に投げ込む。
柚子のフレッシュな香りが、風呂場全体に漂う。
3個の柚子を、風呂の中で絞ると・・・顔・身体がスベスベです。
柚子には、クエン酸やビタミンCが豊富なため、血行の促進・あかぎれの予防・湯冷め防止などの効果があるそうな。おいらにはストレス解消によいと感ずる。
てなことで、今夜は快適な睡眠となるだろう。
   柚子風呂で 加齢臭消滅 若返る





posted by 松つあん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月03日

初潮で赤飯

同じ集落の荒木君が、「松つあん!女房が作った赤飯、奥さんと一緒に食べておくれ」と、二人分を差し出された。
DSCN1540 赤飯.jpg
おいら「・・・(朝っぱらから赤飯とは?)。アッ、そ〜ぅか。孫さん小学6年生だったよね。これって初潮のお祝いだっ」と、荒木君に言う。
図星だったんだろう、荒木君「エッヘヘヘ」と。
江戸時代から?、初潮のお祝いに赤飯を食べていたそうな。
てなことで、朝飯はお祝いの赤飯です。
うぅっ、そう言やぁ長男坊の長女も同じく小学6年生。
早速、横浜の嫁に電話した「かくかくしかじかで、今、赤飯を頂いた。孫のお祝いは未だか」と。
「実は、お父さん、背丈も大きい方なんですが、未だなんです」と、返って来た。
ま〜あ、その内に赤飯が送られてくることだろう。
   月経てば 赤子いつしか くのいちに

posted by 松つあん at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月02日

好評、熟し柿

本日のお客さま、東京・大阪、熊本市内、菊池市内から三組様。
寒くなったことから、鍋が主流。
で〜つ、デザートに「獅子柚子の甘煮」をお出しした後に、「熟し柿」を試食していただいた。
DSCN1489 熟し柿.jpg
お客さまの評価を気にしていると…。
お昼のお客さま「熟し柿は初めてなんだが、マンゴウに似ている(東京・大阪)」「自然の甘味が気にいった(熊本)」と。夕刻のお客さまには、商品名を言わず試食してもらう「マンゴウ?、トマトでもないし、珍しい甘い味、素晴らしい(菊池・幼少の頃喰らった経験者である)」と、お褒めのお言葉。
渋柿200本も植えて、どうなることやらと不安もあったんだが、お客さまの言葉でㇹッと、胸をなでおろす。
   天然甘 なにも足さない 熟し柿
   
posted by 松つあん at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月01日

味の魔法使い(柚子胡椒)づくり

先般収穫していた柚子。そろそろ柚子胡椒つくりに腰を上げないと、寒さで柚子が腐るかも。
長時間の作業になるため、身体がイヤイヤです。
柚子をタワシで洗い、風通しの良いところで水を切る。
DSCN1532 柚子 皮.jpg
おろし器で皮をすり下ろす。150個も下ろしたであろうか、老人の右手が動かなくなりました。
下ろした量が2sあった。
それに、塩1s・胡椒1.5s・柚子の汁20個を混ぜ合わせれば完成です。
DSCN1536 柚子胡椒完成.jpg
小瓶に分け入れる。これで一年半分はあろだろう。
この柚子胡椒、キジの鍋に使うんだが、出し汁に自信がなかった場合、柚子胡椒がお客さまの舌の感覚を麻痺させるため、お客さまに「自家製の柚子胡椒です、どうぞ」と、勧めるんである。ま〜あ、味の魔法使いてなことです。
   柚子胡椒 お客を騙す 魔法使い
posted by 松つあん at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月30日

椎茸が活躍

10月の上旬に、お店横に椎茸を栽培。
雨が降る度にニョキニョキです。
本日のお客さま、北九州から家族連れ。常連さんなんだが、今回はご両親もご一緒。お出しした料理は「フルコース」。
ご両親、キジ料理は初めてとのこと。珍しい味に、遠くから来た甲斐があったと、お褒めを頂く。
で〜つ、女房が4歳になられる娘さんを連れ出し、椎茸の収穫のお手伝い。
DSCN1528 椎茸.jpg
もぎった椎茸を熔岩で焼く。
娘さん ♪ たまねぎパンパン・人参パンパン・キャベツパンパン・椎茸パンパン・・・♪ と、野菜の唄を歌いながらパクパク。
「うちの子、お野菜大好きなんです。椎茸の収穫は初体験です」と、お母様曰く。
ま〜あ、椎茸君もお店のお手伝いてなことです。
   山のアケビは 何見て開く 下の松茸見て開く
 こんな都都逸を思い出しました。
posted by 松つあん at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月28日

クラス会はウーロン茶

高校時代(52年前)のクラス会が、山鹿市であった。
おいら、両目を手術(白内障)して、アルコールはドクターストップ。医者の注意を無視して、目が化膿したら大変と思い、泣く泣く素面を貫く覚悟で参加した。
先ずは、担任の先生が亡くなったため黙祷です。
DSCN1513 乾杯.jpg
幹事さんの音頭でかんぱ〜い。
「アレ〜ッ、松つあん。どうした、ウーロン茶なんぞ呑んで」と、周りから不審な声。
「かくかくしかじかで・・・ま〜あ、70にもなればこんなもんです」と、説明に追われる。
てなことで、話題は”高齢がゆえの病の話し”となる。NHKのためしてガッテンが参考になっているらしい。
女性陣にご挨拶に行く。
「キャッ、顔をあまり見ないでよ」と、声を揃えて曰く。
「な〜ぁに、目の曇が取れて、皆さんの顔がハッキリと見えるよ。こんなに綺麗だったとは・・・、今・たった今知りました。惚れ直しましたよっ」と、応える。
五ちゃんが、手作りのケーキを持参した。
DSCN1521 ケーキ.jpg
喜んだのは女性たち。「これは別腹です」と。
「チョイと待て、糖尿病の松つあん・博ちゃん・欣ちゃんは、身体に毒だから止めとき」と、五ちゃん真剣な顔して曰く。そこまで言われたら、好物のケーキに手は出せません。
会場はやや狭かったが、料理の内容・雰囲気・料金を勘案し、来年もこのお店で実施することになった。
おっと、来年は故人となられた先生の初盆。参加者を募り、お参りに行くことを約束した。
   酒飲みが 右ポケットに 忍ぶ薬

     かくれ亭 山鹿市鹿校通4-5-6  電話0968-43-5903


posted by 松つあん at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月26日

来年のことを言うと鬼が笑う

本日は小雨。お昼のお客さまの料理の盛り付け等に追われる。
その際、ラジオを聞きながらである。クラシック・映画音楽・オペラ・落語・浪曲などが、おいらの好みである。女房からすれば、オペラは雑音に聞こえるそうな…。
で〜つ、本日は珍しく「NHKの日曜討論」を聞きながらとなる。
二年後の10月から消費税を10%に引き上げ、保育や教育に使うとのこと。
消費税10%に引き上げについては、14年に15年から実施予定だったものを、17年に延期することを口実に衆議院を解散。昨年も参議院選挙の際、19年に再延期をしたばかりである。
そう言う経過や消費の落ち込みを考えれば、再々延期もありはしまいか。
ま〜あ、「来年のことを言うと鬼が笑う」てな諺がある。
DSCN1510 鬼.jpg
来年どころか、再来年の話となれば、鬼さんは笑うどころか、「阿保らしい」と、居眠りしてしまいました。
   再来年 今の議員は 居るのかな
 赤鬼様の寝言でした。


posted by 松つあん at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記