2017年04月19日

長寿家系

お袋(満101歳)、二年前に急に足が立たなくなり、菊池市内の施設でお世話になっている。寝たっきりではありません、リハビリに懸命の毎日です。
盆・正月・誕生祝い等には、車椅子で自宅に連れて帰り、親類たちとパーティー(食事会)をしている。
季節の変わり目の昨今、お袋の声が弱弱しく感じたため、元気を与えようと、お袋の妹(85歳・88歳)に手を貸してもらうことにした。
二人の妹は、我が家で「キジのすき焼きコース」と「タラの芽・タケノコの天ぷら」をペロリ、デザートもペロリ。食欲旺盛は元気な証拠です。
腹いっぱいになったところで、お袋を見舞いに行く。
DSCN0189 三婆.jpg
その昔の美女(?)三姉妹です。
会話は、遠い昔のお話を阿吽の呼吸。年寄ると昔のことは鮮明に覚えているらしい。
この三姉妹の母と、その姉妹たち(明治生まれ・4人)は、90歳代で亡くなっている。共通点は、何時もジッとしていない・粗食・頭を使うである。それと強烈な物質DNAが存在しているのであろう・・・。早い話が、長寿家系てなことです。
帰り際にお袋からオーダーが出る「何時もお世話になっている〇〇さんと△△さんに、新茶を送っておくれ。忘れちゃダメだよ」と。
この調子でいけば、後10年は大丈夫だっ。オット、お袋の妹たちも100歳がひとつの目標ではなかろうか。おいら、自信ありませぬ。先に逝っちゃうよ。
   始皇帝 不老長寿の秘訣 ここにあり
 日本に逃げた徐福曰く「秦の始皇帝に届けられなかったのが残念です」と。
posted by 松つあん at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月18日

今年はタケノコの表年

明日、親戚の者がキジを喰らいに来るとのこと。
そいでは、今が旬のダラの芽はある。タケノコも準備しなくては。
竹山に入る道路に3本ニョキニョキ。
DSCN0178 タケノコ三本.jpg
素人のおいら、掘るのに結構な時間がかかります。腰が痛いです。
隣の竹山に人の姿が・・・。
DSCN0180 タケノコ掘り.jpg
な〜んだ、隣の俊ちゃんとお母さん(80歳)ではないか。
朝から、ず〜っと掘り続けているそうな。
「今年は、タケノコの表年(豊作てなことです)。作業は辛いけど、値がいいから、頑張らないと」と、俊ちゃん親子曰く。
毎年が表年だったらいいんだよね〜っ。
   腰曲げて 掘るはタケノコ やおいかん
 (やおいかん=熊本弁で「簡単ではない」と言う意味です) 
posted by 松つあん at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月17日

雛の飼育の準備

本日は、春の嵐ではなく、無風での強烈な雷雨。
キジ・ホロホロ鳥の卵を拾い、孵卵器に入れる。
今回で5回目の入卵となる。合計するとキジ1700個、ホロホロ鳥200個入れた計算になる。
1回目入れたのが、先月の28日。ひーふーみーよー・・・日数を数えてみると、今日で21日目となる。ゲッ!3日後にピヨピヨ生まれるではないか。
DSCN0170 ふらんき.jpg
旧式の孵卵器は、音がうるさいです。
雨の中をついて、キジ小屋横の育雛部屋へ行く。
この部屋には、6台の育雛箱(1台で畳1枚の広さ)がある。大掃除を済ませて、全体の消毒をする。
明日は、暖房器具やら透明のビニールで覆うなどの作業をしなくっちゃ。
雛が生まれて4週間は、温度管理・補水などを怠ると大量死する。
てなことで、これから忙しくなります。
   人間十月十日 キジ24日 ホロホロ28日 生れける
posted by 松つあん at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月16日

ここはグッと我慢(バイクの買い替え)

一ヶ月前に、ハーレーダビットソンジャパン株式会社から、ラブレターが届いていた。
4月15日〜16日に、大牟田イオンモールにおいて、ハーレーの展示・試乗会を催す旨の案内状である。
おいらのバイク(ハーレーFAL・1400t・重量430s)は、25年もの古い奴である。エンジン等の調子は抜群であるが、なにせ重たいことから、チョイ乗りすることはない。しかし、走り出したら安定感・爆発音・振動は十二分に納得、コーナーリングのスリルも申し分ない。
最近、歳を取り過ぎた(70歳)ことから、体力が弱り、軽量のハーレーに乗ってはどうかと思い、展示・試乗会に行ってきた。
DSCN0166 ハーレー.jpg
XL883Nてなバイク(スポーツタイプ・883t・重量247kg)が目に入った。カスタム車です。試乗車ではなく、展示物のため、跨ったおいらを、パチリしてもらいました。
このバイクでのコーナーリングは、前傾姿勢でのライディングポジション。リーンイン、アウトインアウト、スローイン・ファーストアウト等を想像すると、心がワクワクで20〜30歳も若返ります。
聞けば、価格が157万円とのこと。ついでに、おいらのバイクの下取り価格が30万円とのこと。
二台持っても勿体ないし、長年付き合ったバイクを手放すのも可哀想だし…。
ま〜あ、ここはグッと我慢しなくっちゃあ。とは言いつつ、夢を捨てたらアカン・アキマへンで〜っ。
   跨りて 人馬一体 若返る
posted by 松つあん at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月14日

屁(へ)は、屁元から騒ぎ出す

本日は、久し振りに忙しい一日でした。
一服しようと、ハンモックを揺らしながら煙草をふかす。
急に、妙な臭いがした。
DSCN0138 カメムシ.jpg
原因は、カメムシの上においらが乗っかっちゃって、カメムシが危険を察知し、放った異臭でした。臭いのなんのって、鼻が曲がりそうです。
カメムシの奴、自分の異臭に耐えきれず、おいらを置いてきぼりにして、どっかへ逃げていきました。
鼻をつまんだまんま、諺を思い出しました。
「屁は、屁元から騒ぎ出す」てなことを。カメムシもそうだが、人間様も似ているよねっ。
   先に逃げ 屁は肛門の 欠伸だと


posted by 松つあん at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月13日

レンゲの蜜蜂、箱に入れっ!

老犬ルパンの散歩に同行する。
自宅から500m先の田んぼにレンゲの花がビッシリ。
DSCN0131 れんげ.jpg
中に踏み込むと、多くの日本蜜蜂たちがたむろしている。
ルパン曰く「旦那っ!。これはチャンス・チャンス」と。
DSCN0132 れんげ箱.jpg
持ち主の明ちゃんに了解を得て、蜜蝋を塗った巣箱を設置した。
月曜日から雨との情報、その前に蜜蜂君たち、入ってくんないかな〜ぁ。
   怠け者 レンゲの蜂に 誘い飴


posted by 松つあん at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月12日

ハンモックで、ゆ〜っくり

集落の若いもんに男子誕生(奥さんの故郷・山形県で出産、鬼の居ぬ間に)てなことで、昨夜は、お祝いと称して、菊池市内でお酒を交わした。祝い事の酒は美味いです。てなことで、帰宅は午前様。
目覚めれば二日酔いです。
久し振りの青空が目に沁みます。な〜んにもしたくありません。
DSCN0129 ハンモック.jpg
こんな時には「ハンモックで、ゆ〜っくり」が一番です。
   二日酔い 揺らり揺られの ハンモック
posted by 松つあん at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月11日

カバヤの「おまけ」

本日も雨雨雨・・・。
庭に設置している蜂の巣箱を見て回るも、蜂たちが入った形跡はゼロ。
ま〜あ、10日後くらいには晴れた日も続くことだし、蜂さん達が来てくれるんだろうと、淡い期待をしている。
今年、庭に植えたブルーベリーの育成は順調そのもの。
ブルーベリーを植える際、隣集落から使い古したクヌギのチップを頂き、腐葉土の代わりに使っていた。余ったそのチップの塊の中に、椎茸の菌が残っていたんだろう、椎茸がニョキニョキ。
DSCN0125 しいたけ.jpg
今日の晩酌の肴は、椎茸のバター焼きです。これって、もらい物の”おまけ”ですね。
「おまけ」で想い出しました。
おいらが小学校5年生の頃(60年も昔)、カバヤのキャラメルてなものがあって、そいつを購入(1箱10円)すると「おまけ(ちいちゃな玩具)」が付いていた。その他に、文庫券も付いていた。
おいらより一級下の友達(小学校の校長の息子)が「この文庫券集めたんだけど、期限が過ぎて、交換できないから、あんたにあげる」と、ビックリするほどの文庫券をもらった。
確かに、交換期限を一ヶ月ほど過ぎていた。貧乏人だったおいら「これだけの文庫券、期限を過ぎたとしても、カバヤの担当者が、相手は子供・期限切れとして没にするはずはない」と思い、その券をカバヤに送った。思惑は的中、文庫本・玩具・キャラメルが、大きな包で送ってきた。そんなことで、単細胞のおいら、今でもカバヤのファンです。
   もらい物 ただより安い 物はない
 
posted by 松つあん at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月10日

蝮のモミジ

本日は、春の嵐が吹きまくる。おかげで、日本蜜蜂の屋根が吹き飛びました。
その他に被害はないのか、家周辺を見て回る。
DSCN0082 もみじ.jpg
ウヌッ・・・、老犬ルパンの小屋横に・・・。
6年も前のことであろうか、杉の木を倒した際、不要となった幹部分(直径60cm)を、台風で小屋が飛ばされないように、歯止めとして置いていた。
その幹部分に、モミジの種が住み着き、徐々に成長していた。いずれ枯れると思っていた。
ところが、モミジの根が幹部分を割って、地下まで根を下ろしているんである。
モミジの生命力を改めて感ずる。
これらを見て思い出した。織田信長の妻の父である斎藤道三のことを。油商人から主君や兄弟を毒殺・裏切りをするなどして、美濃一国の城主となる。蝮(まむし)は親の腹を食いちぎって生まれてくることから、蝮の道三の異名を持ったとさ。
このモミジ、おいらが命名します「蝮のモミジ」と。
   蝮仰天 種が樹を 喰い育ち 生まれ来る
  
posted by 松つあん at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月09日

エコノミークラス症候群(菊池市長選挙)

本日は、菊池市の市長選挙の投票日。
おいら、地元校区の投票場の立ち会い(管内には合計25ヵ所)を仰せつかっていた。
6時40分集合。立会人としての心構えの説明を聞き、所定の椅子に座る。
7時に一番乗りした投票者に、投票箱が空であることの確認をしてもらう。
パラリパラリと投票者が、家族連れでやって来る。
煙草大好きなおいら、会場が禁煙てなことで、頭がおかしくなりました。
DSCN0098 投票.jpg
投票場内の撮影は拙いと思い、玄関で記念撮影。立ち合いは、一生に一度あるかないかであることからです。
投票の締め切りは午後7時。12時間もの長きにわたり、椅子に座ったまんま。じ〜っとしているのも苦痛です。エコノミークラス症候群になりそうです。
で〜つ、市民の関心が薄かったんだろう、投票率は50%そこそこ。
午後7時、時計の合図で投票箱を施錠。おいら、投票箱と封印された鍵を開票会場に持ち込む。
開票会場周辺の桜は満開。花見客でごった返し。
DSCN0122 開票.jpg
結果、二期目の現職が大差で勝利した。
二期目の組長は「よほどの不祥事がない限り勝つ」というジンクスどおりである。勝者に言いたい「菊池市の財政の危機、真剣に考えておくれっ」と。
負けた候補はまだ若い。これに屈せず、またチャレンジしてもらいたいものである。
   選挙民 花見て一杯 何に酔う
   
posted by 松つあん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記