2017年06月26日

大阪で結婚式、車でトンボ返り

大阪の甥っ子の息子の結婚式出席のため、我が家を土曜日の午後8時半に出発。途中、親戚の者3名を拾う。
大雨の中を走ることになるだろうと、覚悟していたんだが、車が雨を避けたのか・雨が車を避けたのか、雨に逢うことはなかった。真面目に仕事をしていると、お天道様も味方してくれるんですね(笑)。
DSCN0563 高速.jpg
ただぁ〜し、熊本から大阪まで片道840qもある。運転を交代しながらなんだが、運転できるのは、おいらともう一人だけ。おいらの運転の下手さを察知した英ちゃん「高速道路では、ブレーキングは極力避けるべき。先方の車を追い越す際、余裕を持って」等々、厳しい指南を受ける。
てなことで、英ちゃんが殆どを運転することとなる。途中、ションベンタイム2回、後は休憩なし。
大阪(東三国の甥っ子宅)に着いたのが、日曜日の午前6時。
朝食を済ませ、女性たちは化粧に着付け、おいら達は歯磨き・ひげ剃りです。
休む間もなく、式典会場へ。
重たい瞼を上に引っ張り上げながら、式典と披露宴に赴く。
おいら以外は月曜日には勤務とのことで、披露宴終了後、熊本へゴーとのこと。そいじゃ〜ぁ、おいら祝い酒呑んではならないてなことです。
そう言うことで、フランス料理をたらふく食べました。
万歳三唱後、おいら達はスイフトに乗り、目指すは熊本!。
帰り着いたのが、本日の午前1時半。往復の距離1680q・車に乗っていた時間18間、老人には堪えます。実に結婚疲労宴です。しか〜し、新婦は目が覚めるような美人でした。話の続きは明日まで、お預けです。
   新婦見たさ 高速飛ばし 大阪へ
posted by 松つあん at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月24日

雨の中、大阪へ車飛ばす覚悟

明日、甥っ子の息子が大阪で結婚式。熊本からは、4名で参列することになった。
で〜つ、「おいらの車で行こう(スズキ・スイフト1200cc)」てなことで、一昨日に二年目の点検と称し、タイヤ・ハンドル等のチェック、オイル交換を済ませた。
DSCN0505 雨の中.jpg
ガソリン満タンし、スタンバイのスイフト。
空梅雨が続いていたんだが、本日から本格的な梅雨に突入。日頃の行いの良さが、ここにも現れました。
雨の中を突っ走るのか・雨雲を追っかけて行くのか・雨雲が追っかけて来るのか判りません。
ま〜あ、事故を起こさないように・事故に巻き込まれないように、用心・用心運転です。
   梅雨の中 熊本から車に乗って 大阪へ行くだべ
posted by 松つあん at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月23日

厳しい縄張り

現在、キジの雛の部屋が、大部屋と中部屋がある(育雛器の部屋は別)。
その何れかの部屋の隙間から、毎日、2〜3羽が通路に出ている。その都度、大部屋やら中部屋に戻している。
で〜つ、最近、雛の死が目に付くようになった。
DSCN0502 雛 死骸.jpg
この三日間で、10羽の雛の死である。
う〜ぅむ・・・。
チョイと試してみた。中部屋にいる雛一羽を大部屋に入れてみた。
大部屋の大勢の雛たちが、新人の雛を嘴で突くんである。新人の雛は逃げ回るも、頭に致命傷を受け即死する。他の縄張りに入ったらヤバイんです。
キジの縄張り争いは命懸けてなことです。政治・行政・商売等々の縄張り争い、人間様も似たところがありますね。
   キジが手本 ヤクザも顔負け 縄張り争い

posted by 松つあん at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月22日

草刈り機が悲鳴を上げる

合間を見ては、草刈りに追われる昨今です。
早朝から約2時間程度なんだが、なにせ刈る場が広すぎて、一巡したら元の木阿弥なんである。
雑草の高さは約1〜1.5mもある。右から左に向け草刈り機で刈るんだが、その際、左方向へ刈った草を押しやっていく、その時入れる力は半端ではない。当然、草刈り機にも大きな負担がかかる。
DSCN0500 草刈り機がぼっきん.jpg
てなことで、草刈り機の取っ手がポッキリ折れちゃいました。
早速、農機具屋さんに部品を取り換えてもらう。
「松つあん!あんたの草刈り機、悲鳴を上げているよ。刃がボロボロになっちゃって、エンジン全開だったでしょう。刃は一時間ごと交換しなくっちゃ」と、店主曰く。
まさしく仰る通りです。
   世の中に 絶えて雑草の なかりせば 農の心は のどけからまし
 これって、どっかで聞いたセリフだ。古今和歌集だったかな〜ぁ。
posted by 松つあん at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月21日

大々的な土砂崩れ

早朝、玄関のドアを叩く音がする。チャイムがあるのに・・・。
「松つあん!大がかりな土手崩れが・・・」と、明ちゃんが急き込んで曰く。
一緒に現場へ向かった。
DSCN0497 土砂崩れ.jpg
田んぼの土手(高さ15m・幅30m)が崩れ落ちて、農道・水路共々、下の田んぼに押し流されているではないか。
原因は?。
昨夜の地震(大分が震源地・菊池は震度3)の影響ではないだろうか、が結論となる。
早速、市役所の農政課の担当者に現場を確認してもらった。
復旧工事費を土地の持ち主が一割負担(市が九割補助)てなことになった。
工事費総額は、最高級車が買える費用になるのでは・・・。
で〜つ、崩れた田んぼ(700坪)と、下の田んぼ(400坪)は、明日田植えの予定であったんだが、工事のため、今年は植えないことになった。
また、現場の下流にある田んぼ(4枚・1500坪)は、先般、田植えが終わったばかり。水路が絶たれているため、明日から仮の水路を造ってもらうこととなった。
ま〜あしかし、田植えなどの作業中に、土手崩れが発生していたら・・・、ゾ・ゾ〜ッとします。
   土手崩れ 貯金崩して 修復よっ
posted by 松つあん at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月20日

雨の日の漫才

昨夜の雨乞いが効いたのか、昼過ぎから雨となる。
DSCN0491 雨.jpg
ブルーベリー等たちが大喜び。
しかし、これくらいの雨で、井戸の水は溜まりそうにない。
”雨・雨 降れ降れ もっと降れ” の心境です。
てなことで、本日の草刈り作業は延期としました。

テレビのニュースは、豊洲移転・森友学園・加計学園問題ばかりである。
森友学園の補助金詐欺の疑いで、特捜による籠池前理事長宅の家宅捜査があった。その場で、奥さん曰く「安倍総理、お父さんを虐めないでください。豚箱に入れないでください」と。
捜査終了後、籠池さん曰く「僕も安倍さんに騙されていたんや」と。
”詐欺師が総理に騙された?” 総理は、詐欺師を凌ぐ詐欺師だったんだ。
おいら、ひっくり返って、足をバタバタしながら笑ってしまいました。
もしも、遠山の金さんだったら「言い訳無用、双方とも夫婦共々豚箱いき〜っ。これにて一件落着〜ぅ」てな感じだな〜ぁ。ま〜あ、恥ずかしいことなんだが、日本のトップは、詐欺師の鑑(かがみ)ですね。
   テレビ中継 詐欺師から詐欺師呼ばわり 漫才を超えた漫才だ
posted by 松つあん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月19日

井戸水が枯渇

空梅雨が続き、日本列島は喉がカラカラ状態。
キジ専用の井戸が枯渇してしまった。
止む無く、軽トラにタンクを積み、水道水を入れ、キジ小屋へ運ぶ。
DSCN0486 枯渇.jpg
キジの餌(400s)の運搬があったため、女房に手伝ってもらう。
しばらく雨が降る様子もなく・・・、困ったもんだ。
今夜は雨乞いでもやりますか。
   財布・知恵 井戸水までもが 枯渇する
posted by 松つあん at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月18日

田植えの日は、父の日だった

さ〜ぁ、田植えだ〜ぁ。
本日一日で終わらないと思っていた。しかし、田植え機が2台準備され、これまでとは進み具合が二倍速となる。
DSCN0481 田植え.jpg
田植えは順調に進み、午後3時半には終わる。但し、今年は品種の違う米作りがあるため、約4反(1200坪)については、別の日に田植えすることになる。
待ちに待った打ち上げは、明ちゃん宅で。奥様の手料理を肴にである。
キジの餌・水の補給のため、早めに席を立たせてもらう。
風呂から上がると、小包が届いた。長男坊(横浜在住)の嫁からである。アッそ〜か、本日は父の日だったんだ〜ぁ。
DSCN0484 スパイク.jpg
スパイク付の長靴であった。早速、お礼の電話をする。
「長靴ありがとう。何で長靴に目を付けたの?」と、問えば。
「帰省した際、玄関の靴箱を整理整頓していたところ、ボロボロの長靴があったんで”お父さん、この長靴捨てちゃいましょうか”と、言ったところ、”スパイク付の長靴は、土手の草刈りの際の命綱、未だ捨てるわけにはいかない”と仰ったのを、憶えていたんです」と、嫁曰く。
嫁殿の、目の付け所が気に入りました。
続けざま、次男坊(阿蘇は産山村)から、父の日のお祝いコール。久し振りに、嫁・三人の孫たちとの会話ができました。
てなことで、田植えの疲れも吹き飛びました。
   田植え時期 父の日祝い 疲れ飛ぶ

posted by 松つあん at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月17日

空梅雨で、田植え延期

10日前に梅雨入り宣言があったんだが、へそ曲がりの雨雲は一向に現れず。
そんな中、本日・明日は、おいらの集落の田植えの日程である。
田植え機の準備ヨーシ、苗の消毒剤ヨーシ等チェックをしていると・・・、一番広い田んぼ(1500坪)の畔(あぜ)を機械で塗ることを忘れていたのに気が付く(他の田んぼは、雨が降った際に済ませていた)。この畔塗りをしておかないと、土手崩れの危険性あり。井出の水は十二分にあるのだが、畔塗りの際は、雨水が必要なんである。
てなことで、本日の田植えは横に置いといて、畔塗りに専念することになった。
DSCN0476  空梅雨.jpg
軽トラ2台にタンク(300g)を積み、井出から水を汲む。その水をポンプで畔周辺に撒いていく。その後ろからトラクターで畔を固めていく。タンクの水は、すぐになくなっていく。10回は往復したであろう・・・。
そんなことで、本日の田植えは出来ませんでした。一日延期てなことです。
   井出の水豊富 雨が降らなきゃ 田植えは出来ぬ
 このことは、農業経験者でなければ理解不能です。
posted by 松つあん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月16日

噂を超えた味

本日のお客さま、京都と大阪から。
キジ料理が美味しいとの噂を聞いてのご来店である。
おいら、チョイと緊張する。
お出しした料理は「キジの熔岩焼きコース」。
「めっちゃ・美味いやんけ」「えらい美味しゅうおますな」「いっこも鶏の匂いおまへんな〜ぁ」等々のお褒めの言葉が、障子越しに聞こえてくる。
DSCN0472京都大阪.jpg
おいら、ホッとして坐の中に入り「キジのお味は如何だったでしょうか」と、問う。
「噂を超えた味で 胃袋が喜びはった、来た甲斐がおました、おおきに」と、京都弁で賛辞を頂く。
おいら、嬉しいんだが、おいらの腕がいいからでなく、キジ自体が美味しいと言うことを忘れてはいけません。のぼせは禁物だよ。おキジ様に二礼二拍手一礼です。
「次回お見えになる時は、キジのすき焼きをお勧めしま〜す」と、お別れのご挨拶をする。
   京都から 噂求めて 食べに来じ(雉)
posted by 松つあん at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記