2018年02月06日

磨く(みがく)

調理する際は、女房が野菜関係を、おいらが肉関係と担当を分けている。
このことは、まな板・包丁を使い分けることで、野菜を安心して生で食べれるからである。
で〜つ、鍋に使うキジ肉は、シャブシャブで食べれるように、薄く切るんである。
肉を薄く切るためには、包丁の切れ味がよくなくてはいけない。
DSCN1824 包丁.jpg
てなことで、しょちゅう包丁を磨くんである。
包丁の切れ味はよくても、腕が悪いと、肉の厚さがまちまちとなる。腕を磨くことも大切なことですね。
そんなことを考えていると、思い出した。
安倍さん、一昨日の日曜日に、東京渋谷シネパレスで、映画鑑賞だったそうな。ま〜あ、たまには息抜きも必要でしょう。
しか〜し、見られた映画は「嘘八百」だったそうな。
嘘八百の男が、嘘八百の映画を鑑賞して、これまで以上に腕を磨かれたんだろうか・・・。
おいら、包丁を磨きながら、つい笑ってしまいました。
   人格を 磨く砥石が あるならば 貯金はたいて 買いにいく
posted by 松つあん at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月05日

冷蔵庫を下回る外気温

雪がチラチラ、今日も寒い。
午前7時で、外気温は−3度。
お客さま、11時にご来店。一時間前にスイッチを入れた店内の暖房、なかなか上がってくれません。
時折り、横殴りの吹雪。
DSCN1820 雪・雪.jpg
外気温が1度を示している。調理室の冷蔵庫の設定温度が3度。
な〜んだ、冷蔵庫を下回る外気温ではないか。
   外気温 冷蔵庫より 下回る
 おいらの財布、ず〜っと凍り付いたまんまです。
posted by 松つあん at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月04日

今日も元気だ!タバコがうまい

粉雪が舞い散る、寒〜い。
積もる様子ではない。お客さまからのキャンセルは無く、ホッとする。
お客さまをお見送りした後、タバコを切らしていのに気が付く。
女房が、明日の食材を買いに行くという。ついでにメビウス(タール1r・ニコチン0.1r)を買って来てもらう。
DSCN1818 たばこ.jpg
肺の奥深くまで吸い込む。吐き出す煙と一緒に、疲れも輪を描きながら抜けていく。
”今日も元気だ!タバコがうまい”です。
   吸うたびに 癌は嫌がり 近づかず
 吸わない人が肺癌になり・酒飲まぬ人が肝癌になる世の中。これって、愛煙家・呑み助の戯言です。
posted by 松つあん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月02日

加入率6%

欲張りなおいら、キジ肉販売の新たな展開を考えている。
そのために、住民票・印鑑証明・食肉販売の許可証などの書類が必要である。
市役所に住民票・印鑑証明の発行手続きに行ってきた。
請求書の欄に「個人ナンバー記入」とある。
担当者に聞けば、マイナンバーのことだって。
「おいら、マイナンバーは未加入なんだが、そいつを記入しなかったら、住民票・印鑑証明はもらえないの?」と、問うた。
担当者「いいえ、記入せずとも発行できます」と。
「記入しなくてもいいんだったら、その蘭はいらないんじゃ。ところで、菊池市のマイナンバーの加入率は?」と、言っちゃいました。
「あの〜ぉ、6%です」と、恥ずかしそうに返ってきた。
菊池市の人口が約50000人弱。てなことは、約3000人弱しか加入していないてなことである。因みに、全国では9%程度らしい。
このマイナンバーは、システム構築・発行に3000億円、維持費が毎年300億円もする代物である。チョイと待てよ、これまで住民基本台帳(住民の方々に関する事務処理の基礎=選挙人名簿・国民健康保険・児童手当・生活保護・印鑑登録など)てなシステムがあったんだが、現在どうなっているのやら。な〜んだか、両方とも中途半端に感じるんだが・・・。
DSCN180印鑑証明.jpg
てなことで、手に入れた印鑑登録証明書です。
   耳遠く ナンマイダ〜と 聞き違え
posted by 松つあん at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月31日

桜切るバカ・梅切らぬバカ

庭と畑の梅の木に(約20本)、花の蕾がビッシリ。居座っている寒波が、過ぎ去ったら、一気に開花するであろう。
で〜つ、枝が伸び放題。このまんまにしておけば、実を収穫するのに、お手手が入らない。また、梅の実に傷がつくことから、剪定をすることにした。
DSCN1802 梅の剪定.jpg
小さな枝は、剪定鋏でチョッキン・チョッキン。大きな枝は、パイプ柄の枝切鋏でチョッキン・チョッキン。おいらの剪定方法は、梯子を使わず収穫できるように、上に伸びている枝をチョッキン。また、重なっている枝のいずれかをチョッキン。花に太陽が当たるようにするのです。
女房曰く「桜切るバカ・梅切らぬバカ」と。
   どうせ互いの 身は錆び刀 切るに切られぬ くされ縁
 どっかで聞いた都都逸でした。

 
posted by 松つあん at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月30日

幸運を呼ぶヤモリ

知人から、奇妙な木製の飾りを頂いた。
DSCN1796 やもり.jpg
50cmもある大きな「ヤモリ」である。
このヤモリ、インドネシア産で、”トッケイ・トッケイ”と鳴くことから「トッケイ}と言う名がついたそうな。
害虫を喰らうことから、追い払ったり・駆除することは無いとのこと。
また、「トッケイが7回続けて鳴くと、幸運が来る」てな言い伝えがあり、重宝されているらしい。
この木製のトッケイが鳴くことはないが、左甚五郎に彫らせたら、鳴いてくれるかも・・・。
ま〜あ、我が家に幸運を呼ぶヤモリが、やって来たてなことです。
P1020440.jpg
こいつは、おいらの家に住み着いたヤモリ君です。ハエなんぞをペロリと食べてくれますが、幸運を呼んではくれません。
   幸せは ヤモリが運ぶ 寝て待つか


posted by 松つあん at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月29日

居座る寒波

今日も、オォ〜寒い。
お口にお手手を当てて、フ〜フ〜です。
寒波が居座り、キジの給水器の水は、全て凍ってしまっている。
お湯に漬けても熔けそうにない・ない。底蓋まで凍っているため、給水器を股に挟み、蓋を外して氷を取り出す。
DSCN1795 寒波.jpg
おいらの大切な周辺がジックリ濡れ、ジュニアが寒さで縮んでしまいました。
こんな作業の日々が、しばらく続きそうです。
   大迷惑 居座り寒波 飛んでゆけ


posted by 松つあん at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月28日

雀の学校

本日も朝から雪が舞う。
日曜日と言うのに、お客さまゼロの状態。寒いことから、外出を控えておられるのであろう。
お昼時、玄関前のツゲの木と梅の木に、雀たちがたむろしている。
DSCN1779 すずめ.jpg

この雀たち、春から初夏にかけ、米の苗の害虫を喰らうことから「益鳥」と呼ばれるが、秋には稲穂を喰らうことから「害鳥」に変身。ま〜あ、プラマイ・ゼロてなことでしょうか・・・。
明日から「衆議院予算委員会」が始まる。与野党の論戦が楽しみである。
こんな唱歌を思い出しました。
♪ チイチイパッパ チパッパ 雀の学校の先生は 鞭を振り振り チパッパ ♪
つい、安倍さんが先生で、自民党議員・官僚たちが生徒に見えました。
   国会で 鞭を振り振り 右向け右


posted by 松つあん at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月27日

冷凍庫が満タン

これまでキジの飼育は、年間に1000〜1300羽程度であった。
で〜つ、欲張りなおいら、今期は2200羽に大幅増とした。
増やすことは簡単だが、脂が乗ってくる今からが、一番美味しいことから、次々に処理し、真空パックでマイナス30度で冷凍保存している。ところが、その冷凍庫が満タンになっちまった。
新たに冷凍庫を購入となれば、100万円以上の買い物になる。ここは一工夫と思い、熊本市内にある冷凍会社に相談に行ってきた。
DSCN1792 冷凍会社.jpg
「熊本市場冷蔵梶vである。冷蔵・冷凍のドデカイ倉庫にビックリ。
DSCN1791 中.jpg
社長さんの案内で、冷凍庫内を見学。
事情を話し、料金を含め、条件面で折り合いがついた。
ホッと胸をなでおろす。
   欲張ると 新たな出費 生れ出る



posted by 松つあん at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月26日

春は未だか

年寄ると、寒い日には動きたくありません。
しか〜し、どんなに寒くても、我々人間を含む動物は、水分補給が必須です。
キジ小屋の給水器が、カッチン・カッチンに凍っていることから、温水・でっかい鍋・簡易ガスコンロを持って行く。
喉が渇いたキジ達、氷を突いて、僅かな水を補給している。
DSCN1789 コンロ.jpg
鍋のお湯が冷めないように、ガスコンロの火を全開。
凍り付いた給水器を鍋の中に入れる。4分程度すると、水がチョロチョロ出だす。
この方法は、アイスピックで氷を取り出すよりラクチンです。
周りのキジ達「早く・早く頂戴」と。
   水凍り 春は未だかと 問うはキジ


posted by 松つあん at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記