2017年09月08日

眠られぬ・遠足前夜

毎年、この時期になると「九州自動二輪交友会」と銘打って、各県持ち回りで、バイク野郎たちが一堂に集合する行事がある。
今年は、鹿児島主催てなことで、明日・明後日にかけ薩摩へ行くことにした。
おいらのハーレーは、二年間もの間、毛布をひっ被り、呼吸をすることなく倉庫で眠り続けていた。
てなことで、昨日から愛車のチェックに専念する。
タイヤ空気圧・オイルのチェック。エンジンをかけるとバッテリーの容量が極端に少ない。3時間かけて充電する。埃を払い洗車後、ワックスで仕上げる。愛車は見違えるほど綺麗になりました。女房にもワックスかけてみようかな(笑)。
革ジャン・ブーツ・手袋・ヘルメットに少々のカビあり。拭きあげて陰干しです。
DSCN1009 前夜.jpg
これで準備完了です。
二年振りに跨るハーレー。不安と嬉しさで眠れぬ夜になりそうである。これって、子供の遠足前夜と同じですね。
   眠られぬ 遠足前夜 心臓と エンジン鼓動 同じ脈打つ
posted by 松つあん at 21:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月06日

驚愕!食欲の秋

夏場の草刈りでは、水分の摂り過ぎで、胃液が薄くなり、食欲がなかった。
しかし、最近においては、涼しい日が続いていることから、草刈りに持参するお茶は、500tもあれば十分である。てなことで、食欲も出てきた昨今です。
勿論、キジ達も食欲旺盛になってきた。夏場よりも三割増しです。
昨日にキジの餌(720s)を持って来てくれる約束だったが、餌屋さんの都合で、本日納品となった。
丸一日、餌を切らしたことになる。
その餌を軽トラで運び、キジ小屋に入る、
各大部屋の彼方此方でキジが死んでいる。ゲッ!イタチの侵入か・・・。
よくよく死体を見ると、尻から内臓を取られている。これはイタチのせいでなく、キジがキジを喰らっていたのである。空腹に堪えきれず、大々的な共喰いが行われたてなことです。
死んだキジの数34羽。その他に傷ついたキジは無数である。
DSCN1003 鋭い嘴.jpg
この鋭い嘴で、強く突かれたら、ひとたまりもない。
死んだキジは畑に土葬。傷ついたキジ達は、別の駆け込み寺へ送り込むんだが、それらを捜すのに一苦労。見過ごしたキジは、明日は死んでいることだろう。
キジ達の食欲が増してくるのは歓迎だが、たった一日でも餌を切らすと、えらいことになっちゃいます。
   共喰いで 身内の味に 魅了する
 あな恐ろしや・恐ろしや
posted by 松つあん at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月05日

心臓に毛が生えている

おいら、紛れもない糖尿患者である。
最近に至っては、毎月検査を強いられている。
ヘモグロビンA1Cの数値は、高止まりでなかなか低下せずの状態。ま〜あ、株価の高止まりであれば、嬉しいことなんだが・・・。
てなことで、本日、検査に行ってきた。
担当医の桜ちゃんの指示で、血液検査・尿検査の他に、心臓の検査(心電図、エコー)、肺臓の検査(レントゲン)の追加検査である。
心臓のエコー検査の際、横目で画像を見る。ワンパターンで心臓が動いている。おいらが生まれて70年間、一時も休むことなく動いてくれている心臓に感動を覚える。
心臓の画像に2本の毛が揺れ動いている。おいら言っちゃいました「おいら、蚤の心臓ですが、毛が生えている。おかしいねっ」と。
検査員曰く「毛ではなく、弁・心臓の弁ですよっ」と。
この薄っぺらな弁、リズムを壊すことなく動いている。神秘だよな〜あぁぁぁ。
検査結果を見ながら、桜ちゃん曰く「安心してください。心臓に血管の詰まりなどは見られません」と。
「エェ〜ッと、肺の臓は、どんな具合でしょうか」と尋ねる。
「綺麗な肺してます。小さな影も見当たりません」と。
「おいら一日60本ものタバコ吸ってるから、癌細胞がタバコのヤニを嫌って、住みつかないんですよっ」と、応える。
桜ちゃん、笑顔で「・・・・」。
ま〜あしかし、ヘモグロビンA1Cを低下させる手立てを考えなくっちゃ。
   勘違い 蚤の心臓に 毛が生えた
posted by 松つあん at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月04日

草刈り機のキャブレターが逝かれちゃった

朝から小雨。
10時ごろから曇り空となる。涼しい、草刈りには絶好である。
草刈り機・暖かいお茶を軽トラに積み込み、レッツゴー。
柿の木畑に到着。
エンジン全開!。30秒もせぬうちに、エンジンストップ。再度・再再度やっても同じことの繰り返し。
農機具屋さんに電話で問い合わせる。
「多分、油系統の故障だよっ」と。
早速、修理に行ってきた。
DSCN0985 キャブレター.jpg
「どうやら、キャブレター(人間で言う肺の臓)が逝かれて、修理不能だよっ。原因は、混合油の比率或いは、ペットボトルに混合油入れなかったかい?。新品に交換してもいいかい」と。
この草刈り機は10年もの間、頑張ってくれた代物。「ヒョイとしたら、ペットボトルに混合油入れて、草刈りしに行った憶えがあるな〜ぁ。もう少し、働いてもらうから、交換しちゃって」と、応える。
修理のお代は10200円也。後、4〜5年は大丈夫であろう…。
   草刈り機 おいらの体力 続くまで 共に働き 汗流そうぜ

posted by 松つあん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月03日

生きた除草剤

稲の育ちが、すこぶるよろしい。
DSCN0981 稲順調.jpg
理由は、天候に恵まれたせいもあるんだが、雑草対策として除草剤を使用せず「ジャンボタニシ」を使ったことと思っている。
このジャンボタニシは、食用として日本に持ち込まれたらしいが、需要は伸ばなかったとのこと。しかし、これを田んぼで飼育することにより、ジャンボタニシが雑草を喰らってくれるのである。とは言いつつ、田植え後の水の管理を間違えると、苗まで喰らっちゃいます。
てなことで、除草剤を使わないことから、絶滅状態のカエル、蛇、蛍・トンボなどの昆虫が増殖することであろう・・・。
DSCN0978 ジャンボたにし.jpg
これはジャンボタニシの卵である。
お陰様で、今年の田んぼに雑草ゼロであることから、土にある養分は、全て稲が吸収していると思っている。
後は、台風やら害虫が来ない限り豊作間違いなしです。
ジャンボタニシは生きた除草剤てなことです。
   雑草に 薬使わず タニシに喰わせ 昆虫王国は 五穀豊穣
posted by 松つあん at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月02日

もう九月、急に秋っぽくなった

年取ってくると、一年が早いこと・早いこと。一日なんて、アッと言う間です。
9月になったら、急に肌寒くなってきた。風の香は秋ですね。
シャワーを浴びて、焼酎の準備をしようとすると、
DSCN0931 空き到来.jpg
夜風が寒いんだろうか、アブラセミ君が家の中に入り、おいらの腕にピッタンコ。
ジージジジ〜と泣く様子は、夜泣きではなく、この世とのお別れの挨拶ではなかろうか。蝉の寿命は短いからな〜ぁ。
   蝉の一生 地中で安らか七年間 地上で子孫繁栄七日間 蝉が語る禅の教えかな

posted by 松つあん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月31日

諦めた時に失敗確定

7年前、田んぼを畑に改造し、ブルーベリー200本植えた。
水はけを良くするため、ユンボで周囲に溝(深さ1m)を造り、別途9ヵ所に2mの穴を掘って孟宗竹を割って入れ、おまけに籾殻を入れた。その後、チップ4トン車10台投入。水は竜門ダムからのパイプがあり、使い放題。
雑草対策として防草シート、防風ネット・防鳥ネットを張り巡らした。
ブルーベリーは順調に成長。お客さまたちに無料で収穫(半分はおいらが頂く)してもらうことができた。
ここまでは、おいらの計算通りである。
ところが、一昨年の台風により、ネットの支柱が根元から折れたり曲がったりで、防風ネットと防鳥ネットが飛ばされ、ブルーベリーも根こそぎやられてしまった。
おいら、ガックリ。ネットを片付け、そのまんまにしていた。
昨日、ブルーベリー畑の隣の方から電話あり。
「松つあん!。あんたの畑が草ボウボウで、猪が走り回って、こちらの田んぼにも被害が出ている。雑草を刈ってもらえないかい」と。
「一昨年の台風で、ブルーベリーがやられてしまいました。明日からボツボツ草刈り始めます」と、返事する。
てなことで、重い腰をあげて、現場に行ってきた。
DSCN0970 ブルーベリー畑.jpg
東側斜面である。おいらの背の高さまで、雑草が伸びている。南側斜面はこの三倍の広さである。
東側三分の二刈ったところで、身体の限界となる。おいら一人ではとても出来っこない。シルバーセンターにお願いすることにした。
ヘトヘトになって帰宅する。
ビールを飲みながら呟く「ブルーベリーは諦めた。つ〜うことは、失敗したと言うことだな」と。
裏を変えば「諦めず頑張っている内は、失敗ではない」てなことです。
苗代・ユンボ代・チップ代・ネット代等、かけた経費が約50万円。いい勉強になりました。
   失敗は 諦めた時 確定す

posted by 松つあん at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月30日

松つあんから引っ張られた

昨日の昼、長崎から三家族のお客さま。
熔岩焼きを食された後、鍋の準備をしていると、二家族から「野菜を入れる前のスープの味見をしたい」と、仰る。
ゲッ!「ヒョイとしたら、料理関係の方ですか?」と問うた。
「な〜に、長崎市内で料理屋(和食)をしているんですよっ」と返ってきた。
どうやら高級料理店を経営されているらしい。冷や汗ものです。
お客さまを送り出し一服。

テレビは何処のチャンネル押しても「北のミサイルを煽る」話ばかり。
安倍さん曰く「ミサイルの動きは、完全に把握していた」と。
エ・エ〜ッ、そ〜かな。確か、北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨木・栃木・群馬・新潟・長野等、ほぼ東日本全域に警報が発令されたんだけど・・・、つい、いつもの嘘が出ちゃいました。
おまけに「これまでにない重大な脅威であり、地域の安全と平和を著しく損なうものであり、断固たる抗議を北朝鮮に対して行いました」と。
あれま〜あ、北朝鮮との国交がないのに、どんなルートで抗議したんだろう・・・。中国経由なんだろうか。届いたのかな?。
ダンプの運転手がJアラート(全国瞬時警報システム=北朝鮮がミサイルを発射しました。頑丈な建物や地下に隠れてください)を運転しながら見てしまったため、事故を起こしたそうな。可哀そう。
その他、電車を止めたり、学校を休校にしたり・・・。
ま〜あ、こんな状況をみている北朝鮮は、腹を抱えて笑っていることだろう。
北朝鮮の肩を持つつもりはないが、ミサイルの実験をするとなれば、太平洋に向けての発射は、至極安全な方向ではなかろうか。てなことで、日本を通過するだけですね。
あまり国民を引っ張っては(煽っては)いけないよ。

そんなことを考えていると、チャイムが鳴る。
隣集落の邊ちゃんである。
別にこれといった用件はなさそうである。
ハハーン、呑みに(唄い)に行きたいんだな、と直感。
「行こうか」と言うと「あいよ」と、待ってましたてなことです。
焼き鳥屋の暖簾をくぐる。
ビール飲みながら邊ちゃん、奥さんに電話する「俺・俺、松つあんに引っ張られて、菊池で呑んでるから遅くなる」と。
奥さん曰く「引っ張ったのは、あんたでしょ」と言って、ガチャンと電話が切れる。
図星である。
そんなことで、老人同士が千鳥足で、市内を徘徊しました。勿論、お帰りは午前様です。
   飛んで来る 地下に潜れと 危機煽り
posted by 松つあん at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月28日

朗報、自走式草刈り機

隣の明ちゃん(73歳)曰く「俺も松つあんも、年を喰らい過ぎて、力仕事が重荷になって来ただろう・・・、草刈りなんぞ、一人では到底出来っこないよな〜ぁ。チョイとお金はかかるが、自走式草刈り機(キャタピラ)を買わないかい。二台買えば値段も安くなるかも」と。
どのような機械であるか、おいらには不明である。そこで、同じ機械を持っている方の所に見学に行ってきた。
DSCN0965 草刈り機.jpg
刈る幅が80cm、10馬力とのこと。
持ち主曰く「これ使ったらラクチン・ラクチン。時間短縮にもなるよっ。但し、土手は無理だよ」と。
情報を聞きつけたメーカーの方が、早速、自宅に説明に見えた。地獄耳の営業マンです。
価格は税込みで60万円とのこと。
価格交渉しても、50万円が限度であろう…。
ま〜あしかし、こいつがあれば、懐は痛むが、おいらの身体を守るためには必需品であろう。前向きに検討です。
   草刈り機 懐痛め 疲労なし

 
posted by 松つあん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月27日

一日、バナナ一本

本日は、村を通っている市道(3本)周辺の草刈り作業の日。
キジの水が不足していることから、6時から補給に行く。
草刈り集合時間(8時)ギリギリとなる。
慌てて、バナナ一本を口にする。
カロリー不足で、草刈りに力が入りません。
草刈り終了で、ビールで乾杯。喉は喜ぶんだが、空きっ腹には堪えます。
ビール片手に明ちゃん曰く「俊ちゃん宅の土手が崩れ、自宅に押し寄せている。集まったついでに、皆で除去しょう。ま〜あ、1時間で終わっちゃうから」と。
小集落の8名で除去することになった。
DSCN0961 土砂運び.jpg
通路が狭いため、ユンボは勿論・一輪車も入らない。スコップで土砂をバケツに入れ、リレーで運ぶと言う、原始的なやり方である。
おいら、腰を痛めていたため、前線に行かず、バケツリレーに徹する。1時間で終わるどころか3時間もかかっちゃった。途中、お腹がグーグー鳴ります。
明日、キジの餌(36袋)持って来てもらう約束だったんだが、餌箱が空の状態。女房に菊池のJAから3袋購入に行ってもらっていた。
土砂運びが終了したことから、餌を持っていく。キジ達は大喜びなんだが、おいら、お腹ペコペコで笑顔も出ませぬ。
帰宅し、シャワーを浴びていると「乾杯の準備ができたよ〜っ」と、俊ちゃんから電話あり。
お腹と背中の皮が引っ付いたところで、焼酎を流し込む。
空っぽの胃袋はビックリ仰天。おいらは、三杯で濡れ雑巾みたいに、崩れてしまいました。これって、身体に良くないよな〜ぁ。
てなことで、本日はバナナ一本で過ごしましたが、インパールで餓死した兵隊さんのことを思えば、へっちゃらです。
   炎天下 バナナ一本 胃に入れて お腹ペコペコ 力出ぬ


posted by 松つあん at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記