2018年06月06日

雨の降る日に、梅ちぎり

雨・雨・雨、本格的な梅雨となる。
「梅雨」と書いて「つゆ」と読む。外国人には、とてもではないが読めないだろう。ま〜あ、この時期には、梅の実が熟するころであるからであろう・・・。
そんなことで、次男坊の嫁とご両親が、梅ちぎりにお見えになった。
DSCN2271梅.jpg
雨の中で、梅をちぎっていいもんだろうか・・・。紀州の梅栽培農家(2000本栽培)に電話で聞いたところ「雨が降ろうが、槍が降ろうが、朝から晩まで、梅をちぎってます」とのこと。そんなことで、雨に打たれての梅ちぎりです。
収穫は、コンテナ6個分ありました。
これらは、梅干し・甘露煮・シロップ・ジャム・ドレッシング等々・・・、いろんな物に化けるんである。
   梅雨時に 雨に打たれの 梅ちぎり
posted by 松つあん at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月05日

栗の花

お客さまが食事中、おいら抜け出して、キジの水・餌の補給に行く。
途中には、栗畑が続く。
DSCN2259 栗の花.jpg
栗の花が満開状態である。
しか〜し、この花が放つ香り、と言うよりも臭いは、なんと表現していいのか・・・、文字にするのは腰が引けます。「女性が、栗の花の臭いをかいで、顔を赤くしたら、あなたは経験者です」とでも言っときまひょ。
てなことで、蜜蜂たち、栗の花の蜜を運ぶ際は、鼻をつまんでの飛行です。巣で待つ女王蜂は大喜びです。
   栗の花 蜜の臭いも 栗の花
posted by 松つあん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月04日

桃栗三年・柿八年?・・・

本日の夕刻のお客さま、長野県から。長男坊が長野県の安曇野在住(嫁曰く、ここは桃源郷です)。てなことで、いろんなお話を頂けそうである。
チョイと、空き時間があるな〜ぁぁぁ。そ〜ぅだ、一ヶ月前に草刈りした、柿の木(3年前に植えた・約170本)畑の草刈りをしょ〜っと。
歩行型草刈り機を軽トラに積み、レッツゴー。
雑草が柿の苗を覆いつくしている。たった一ヶ月で草ボウボウてなことです。
DSCN2262 柿の実.jpg
ン・ン・ン・・・。実がついているではないか(約10本程度)。
「桃栗三年・柿八年」と言うが、三年目に実をつけるとは・・・。人間に「ませてる奴」がいるように、柿にも「ませてる柿」があっても可笑しくはないだろう。
で〜つ、長野県のお客さま、小国(熊本県北部)で車がオーバーヒートして、大がかりな修理となり、かなりの時間がかかりそうとのこと。てなことで、本日はキャンセルと相成る。お泊りは大丈夫であろうか。長野県のお話を聞くこと叶わず残念至極。機会がありましたら、熊本旅行に再チャレンジしてもらいたい。
   常識を 覆するは 柿三年
posted by 松つあん at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月03日

キジの卵、大忙し

キジたちが卵を生んでいる昨今です。
その大半を孵卵器に入れている。24日後にピョピョ生まれるんである。現在、約400羽の雛がすくすく育っている。
で〜つ、お客さまご来店の際、キジの卵を前菜として、お出ししている。
DSCN2254 卵入れ.jpg
厚揚げにキジの卵を入れ、味付けをする。これって、何と言う料理なの?。「卵の厚揚げとじ」と命名しました。
DSCN2257 完成.jpg
ハ〜イ、出来上がりです。因みに、左から「キジのササミをレンコンで挟み揚げたもの、キジの燻製(リンゴのチップ)、キジの卵の厚揚げとじ」です。キジ三昧ですね。
で〜つ、キジの雛が大方揃ったら、その後の卵は、アイスクリームに化けることになります。
てなことで、キジの卵は、大忙しです。
   キジが先か 卵が先か 迷い箸

posted by 松つあん at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月02日

至福の瞬間

本日は、お客さまを目一杯歓迎した。
老夫婦は、クタクタ状態です。
そんな時は、お風呂が一番な〜んだ。
湯船に浸かった瞬間(5秒程度であろうか)、何もかも忘れて、頭が空っぽになる。天国のお花畑てな感じ。で〜つ、5分もすると、お湯が疲れを吸収してくれる。ま〜あ、至福の時なんである。
DSCN2226てふてふ.jpg
蝶々曰く「だ〜ん・なっ!、おいら達も蜜を吸い始めの数秒間は、頭が空っぽになるんだ。最高の歓びの瞬間でっせ」と。
な〜る程、動物の歓びの瞬間は、同じてなことかなっ。
   一日の 積もった疲れ 湯が吸収

posted by 松つあん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月01日

足と頭を使う一日

早朝から、イノシシの被害を防止するための電気柵をどこに設置するか、どれくらいの長さになるのかの現地調査となる。熊本県地域振興課の担当(女性)に同行するのは、該当する農家の方々。おいらも含まれます。
DSCN2247 確認.jpg
山を越え、谷を越えての調査となる。足腰を鍛えるには、よいチャンスです。
DSCN2249 メジャー.jpg
距離を測るのは「ロードカウンター」てな奴です。ホラ、交通事故現場で警察官が実地検証する際に、ゴロゴロ押して、距離を測る奴ですよ。
てなことで、おいらの土地に張り巡らす電気柵の長さは約500m。夏には現物が支給されるらしい。これでイノシシの害は減少することであろう。しかし、電気柵周辺の草刈り(春から秋にかけ5〜6回)は、大変だろうな〜ぁぁぁ。
オッと、2時から始まる市役所主催の会議の時間が迫ってきた。
時間がないため、作業服・長靴姿で参加する。
DSCN2253 尺所会議.jpg
「着地型観光の現状と、全国観光エリアのプラン事例紹介」と題したものであった。
おいらの頭に点在していたアイディアを、線で結んだり・面にしたりてなことであった。頭の整理整頓と方向性を導いてくれた会議であった。
で〜つ、隣席のオバチャマ、とは言いつつ、おいらと同世代。隣集落でファームステイを経営しているとのこと。似たような悩みなどを話し合う。てなことで、意気投合しました。
そんなことで、本日は「足と頭を使う」一日でした。
   観光に 田舎の力 人繋ぐ


posted by 松つあん at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月31日

親子して介護施設

介護施設でお世話になっていたお袋(102歳)、2カ月前に胆のう炎を患い、病院に入院していた。
余命とまではいかないが「看護師が夜回りの際、息絶えていた。と言うこともありますので、心づもりを」と医者から言われていた。
ところが、食欲も出て、点滴も不要となったことから、介護施設に再入所することになった。
本日、病院から介護施設へ移転。書類の手続きとなる。
おいら、事務員さんに「お袋が、後10年生き続けたら、おいらは81歳になります。ヒョイとしたら親子でお世話になるかも」と、言っちゃいました。
「実は、今現在、親子(母親100歳、息子80歳)で入所されているんですよ」と、事務員さん笑いながら曰く。
ウゥゥゥ・・・、おいらも、あり得る!これも少子高齢化の余波か〜ぁ。
   後10年 老人大国 ブレーキ無し
posted by 松つあん at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月30日

大地を揺るがし、天から金属が

本日のお客さま、熊本地震の中心地であった益城から。
キジを喰らいながら曰く「二年前の地震、大地が飛び跳ね、こりゃ〜ぁヤバイと思い、外に飛び出した。それでも、立っていることままならず、尻もちをついて、茫然とした」と、当時を振り返られた。自宅は全壊だそうな。
続けて「今度は、空から金属が降ってきた。女房の雷には慣れているけど、飛行機(日航機のエンジン部品多数)の部品には参りました」と曰く。
おいら笑いたかったが、笑える話ではない。神妙な顔でお聞きするのみでした。
天災・人災が、何時起こってもおかしくない時代になったもんだ。心しときます。
   上下から まさか自分に あり得るね
posted by 松つあん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月29日

怖がり・暑がり・怠け者

おいらが住んでいる所は「中間産地」。
蛇・狐・狸・蚊・蜂・野鳥等々が我が物顔で闊歩しているんである。ま〜あ、これが自然な風景であろう。
で〜つ、稲・栗・タケノコ・トウキビ等を食い荒らす奴がいる。
イノシシ君です。
おいらのイノシシ被害は、二年前に植えた渋柿をボキボキ折られた。キジ小屋周辺の畑は、トラクターで耕したように荒らされる。このことは、土が肥沃なため、ミミズが発生し、そのミミズをイノシシが喰らうからである。
そんなことで、本日、熊本県地域振興主催で「イノシシ対策」の会議が開催された。今回は駆除ではなく、防御するのが主です。
DSCN2239 イノシシ.jpg
イノシシの習性は、夜行性と思いきや、昼夜を問わず行動するとのこと。また、草の根を好んで喰らうらしい。ミミズは、餌にあり付けない時に喰らうとのこと。面白かったのは「イノシシは、怖がり・暑がり・怠け者」だそうな。な〜んだ、おいらと一緒ではないか。
今回のイノシシ対策は「ソーラー式の電気柵」。ポイントは、雑草を刈らないと漏電する。柵にイノシシの鼻がくっつかないと感電しない。仕掛けも大切てなことです。
てなことで、6月1日に設置を予定している現場を視察をすることになった。
   害獣や 命を取らず 追い払う

posted by 松つあん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月28日

孵卵器の修理にハラハラドキドキ

大型の孵卵器が故障中。原因は、心臓部のベアリングが疲労摩耗していたんである。
メーカーは静岡県、送料・修理代を考えれば恐ろしくかかりそうである。こちらに出張修理となれば、旅費・滞在費・修理代と、これまた幾らかかるのか判らない。貧乏人はハラハラドキドキです。
てなことで、何時も世話になっている農機具メーカーに修理の依頼をした。
焼き付いたモーターの取り換えが終わり、機械を解体し、ベアリングの交換となるも、主軸の鉄の棒を取り外すことができない。
DSCN2238 解体修理.jpg
孵卵器メーカーに問い合わせをする「周りの壁板を解体しないと、主軸を取り外せない」とのこと。
そ・そんなバカな。車のエンジンを修理するのに、ボディを全部解体せよと言うのと一緒ではないか。
疑い深いおいら、農機具メーカーの方に「孵卵器のメーカーは、他人に修理させたくないんだろ・・・。主軸を外すのに、何かコツがあると思う。時間かけてもいいから、発想を変えて、種明かしをして下さい」と、お願いする。
さ〜ぁて「種も仕掛けもありました」てな風になればいいんだが。
   心身の 修理代は 如何ほどか

posted by 松つあん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記