2017年05月11日

ステーキで牛力をつける

小・中・高を一緒に学び、おまけに就職先も一緒だった「貞ちゃん」。自宅で勉強している姿は見たことも聞いたこともなかった。しかし、成績は常に3番以内につけていた。つまり、授業中に頭に叩き込んでいたんである。頭の悪いおいらには、真似することは不可能であった。
職場では真面目一本。グウタラのおいらとは正反対。仕事を教えてもらうことは勿論、遊び呆けていたおいらは、何時も一文無し、貞ちゃんから度々借金をしていた。挙句の果てには、貞ちゃんの通帳を借りるまでになっていた。てなことで、今でも頭が上がりません。
で〜つ、退職後は、グランドゴルフや釣り・酒を交わしたりして、交友を続けていた。
ところが、貞ちゃん、ここ一年間ほど、会合・釣り・呑み会等に顔を出すことがなかった。
ヒョイとしたらと思い、山鹿の自宅に足を延ばした。
酸素吸入の鼻腔カニューレてなものを付けて、玄関から出てきた。
一年前から、身体がだるくなり、病院に行ったところ「肺臓の難病」と言われたそうな。
「肺の臓が弱り、飯食ったり・入浴するのにエネルギーを使っていることを初めて知った(酸素が必要てなこと)」と、貞ちゃん曰く。
晩酌(清酒)は一合と決め、食欲が以前より少なくなってきたとのこと。
そいじゃ〜ぁ、次男坊が経営している阿蘇は産山の「山の里」で、奥さんも一緒にステーキを喰らって馬力をつけようと進言した。
貞ちゃん夫婦、快く承諾。
てなことで、本日、山の里にレッツゴー・・・。通常であれば45分で着くんだが、地震の影響で迂回したため、1時間半もかかっちまった。
注文した料理は「ロースステーキ(300g)コース」。
DSCN0269 ステーキ.jpg
足の裏サイズである。奥のタバコが小さく見えま〜す。その他、小鉢2種類・漬物12種類・お萩・味噌汁・ご飯ときた。ぜ〜んぶ食えるのか心配したが、赤牛はサッパリ系で三人とも残さず食べてしまった。
「あぁぁぁ、元気が出てきた。これは馬力でなく牛力だよねっ」とは、貞ちゃん。
「貞ちゃんの快復を願うことは勿論、これって、昔のお礼の一部分ですよ」と、おいらは呟く。
   御礼に 病気追い出せ 牛喰らう


posted by 松つあん at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月10日

老犬の元気の源は、キジの生肉

本日は、狂犬病の予防接種の日。隣集落の公民館(往復2q)で実施とのこと。
愛犬ルパンは15歳、人間に置き換えれば90歳。右目が白内障、片耳が聞こえなくなり・片方の耳も随分と遠くなった。股関節に痛みがあるんだろう、お座りができなくなっちまった。てなことで、オシッコする際、後ろ足を気持ち上げてチョロチョロです。若かりし頃は、お相撲さんが四股を踏む様に、65度も上げてシュシュしていたのに、トホホの老犬です。
とは言いつつ、ガス屋さん・電気の検診屋さん・屎尿検査汲み取り屋さんが見えると、気が狂っように吠え、今にも飛びかかり・ガブリと行きそうな勢いである。反面、新聞屋さん・郵便屋さんがお見えになっても、目をつむって知らんぷり。
で〜つ、老犬を2qも歩かせては酷かな〜ぁと思っていると・・・、リード線(鎖)をグイグイ引っ張られ、おいらが公民館へ連れていかれる始末。勿論、休憩なしです。
注射は2秒で「ハイ、終わりました」と、獣医曰く。因みに料金は3200円。
DSCN0259 狂犬病.jpg
帰り道も休憩なしで煙草も吸えません。そのまんま引きずられて帰宅。
てなことで、目・耳・股関節は弱りましたが、馬力は40歳代です。
「その源は、キジの生肉で〜す」とルパン曰く。
う〜む、当たらずとも遠からずかな。
   老犬の サプリメントは キジの肉
posted by 松つあん at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月09日

「ズブズブ」は下品な言葉か

昨日の作業が祟ったんだろう、午前四時半に目が覚めました。身体を酷使した時は、何時もこんなんです。
これでは睡眠が足らないため、睡眠薬(焼酎)をガッポガッポ。これって、身体に良くないよな〜ぁ。
で〜つ、昨夜の毎日系のテレビニュース(午後11時)で、衆議院予算委員会の福島議員(民進党)の森友学園に関する質疑で「昭恵夫人と財務省のズブズブの関係」と、質問したことに、安倍総理は「そう言う品のない言葉を使うから、民進党は支持が低いのですよ」と、話をハズシタお応え。ま〜あ、請求された資料は黒塗りだらけ。昭恵夫人・籠池理事長(本人はその気で傍聴席で待機)・財務省関係者の参考人招致を拒否しながら、品がないとのお言葉。これでは問題解決にはなんないよな〜ぁ。おいらに言わすれば「ズブズブどころか、ヌルヌル」って言っても過言ではないだろう・・・。
ついでなんだが、憲法記念日の3日に、日本会議が主導する「美しい日本の憲法をつくる国民の会の改憲集会」に安倍総理が、ビデオでメッセージ(2020年を目指して9条を改正する)を送ったことに、長妻議員(民進党)が「憲法改正発言について、その真意を教えて欲しい」と質問。それに対し「自民党総裁としての考え方は、読売新聞に相当詳しく書いてあるから、是非熟読していただきたい」とお応えになる。安倍さんとナベツネとは、ズブズブどころか、ヌルヌルを通り越しチュチュチューですね。
   ズブズブ・ヌルヌル・チュチュチュー 森友問題を まるでAV論議にしちゃいました
 これって、30年後の落語に使えまっせ!睡眠薬が過ぎたようで・・・Zzzz。えぇ〜っと、追伸です。実は今回で2500回目の日記となりました。九州の田舎者が発信するは「人生、逝けるところまで(仕事を)頑張ろう」の気持ちだけです。
posted by 松つあん at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月08日

福の神に見捨てられ

黄金の連休もようやく終わりを告げた。
旅行やら帰省やらで、家族サービスされた旦那様方、お疲れさまでした。
本日から、おいらのお店は閑散期に入りま〜す。しか〜し、キジの世話(卵拾い・孵化・雛の育雛・水餌の補給)やら雑草との闘い・田植えの準備等で、身体をお休みにはできません。福の神から見捨てられた「貧乏暇なし人間」です。
現在、キジの雛がドンドコ生まれている。今後、一週間毎に200〜300羽生まれ来る予定。これでは育雛器が不足となる。一昨年に金網が破れ、キツネか狸が侵入して、一部屋全滅。その小屋は、そのまんまにしていた。本日、その小屋の金網の破れ・トタンの腐食した部分の補修作業となる。
DSCN0253倉庫の整備.jpg
一人では無理なため、女房に手伝ってもらう。
東側は土手になっており、梯子を80度に立て、梯子が倒れないように、女房にお尻を押してもらいながらの作業(特にインパクトでネジを打ち込む際)は緊張の連続。朝から始めて終わったのが午後5時。お次は部屋内の掃除・消毒となる。
お陰で、日頃使わぬ筋肉が、痛〜い・痛〜いと悲鳴をあげています。ここんところは、何れ命を頂く「おキジ様」、これくらい我慢しなくっちゃ・・・。
   会社を辞めて16年 何時になったら 福(楽)が来る
 「来るはずもない、お前が選んだ道だろう」とは、天からの御言葉でした。 

   




posted by 松つあん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月06日

おいらの通信簿・報道の通信簿

最近、めっぽう物覚えが悪くなっちまった。年のせいでしょうか・・・、イヤイヤ元々頭が悪かったんです。学校の成績は、ず〜っと中の下だった。ま〜あ、通信簿で言うオール2てなことです。自慢にも洒落にもなりません。
ところで、先月の29日、福島県浪江町の山林から出火し、本日も燃え続けているそうな。現場は原発事故の影響で、放射線量が高いため、マスク・防護服を着ての消火活動となり、鎮火の見通しは立っていないらしい。
DSCN0249.JPG
この写真は、静岡県消防防災航空隊がとらえた写真です。
おいら、このニュースはテレビ・新聞でも見たことがない。
この火災で、セシウム・ストロンチウム・プルトニウムなどが、熱で空中に舞い上がり、風に流され、人々が吸い込み、内部被ばくなんぞに影響はないんだろうか。老婆心でしょうか・・・。
そこんところを、テレビ・新聞で判りやすく報道してもらいたいものである。
とは言いつつ、日本の報道の自由度ランキングは・・・、一位がノルウェー・二位スウェーデン・三位フィンランドとヨーロッパ勢が続く。日本は72位と中の上。トリを務めるは北朝鮮の180位。
な〜んだ、おいらの通信簿より、日本の報道の自由度ランキングが上回っているではないか。しか〜し、この成績どうにかならないものか。中国・北朝鮮に追いつけ追い越せてな雰囲気だもんなっ。
   通信簿 先生(政府)に ゴマをすっても 上がりゃせぬ
posted by 松つあん at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月05日

一日早めの「こどもの日」

昨夜、同級生の啓ちゃんが、息子・娘夫婦と孫たちを連れて、キジを喰らいに来た。
準備した料理は「キジの熔岩焼きコース」。これだけでは物足りずと思い、キジ・ホロホロ鳥の卵を熔岩の上で目玉焼きのイベント。好評であったことは言うまでもない。
で〜つ、2歳になる孫が、ジーットおいらを見つめている。
DSCN0243 こどもの日.jpg
「いないいないバー」「タッチ・タッチ」すると、おいらに同調してくる。
もち肌って、こんな赤ちゃんの肌のことをいうんであろうか。抱っこして「ジジィとチューしよう」と、顔を近づけると、鼻をつまんで、横を向かれた。タバコ臭いのか・それとも加齢臭?。
続けて「ジジィと一緒にお風呂に入ろう」と、声掛けると、意味が判らず、作り笑いで応えてくれた。
女房が、おいらのお尻を抓り「その辺でお止めなさい!」と、釘をさす。
「おぉ、もうこんな時間になった、そろそろ」と、啓ちゃん曰く。
「この一升瓶が空になるまで、帰っちゃ駄目」と、グラスに酒を注ぐ。
てなことで、おいらグテン・グテン。目が覚めたのが本日の午前3時。ゲッ、お昼のお客さまの仕込みをしなくっちゃ〜ぁぁぁ。
てなことで、一日早めの「こどもの日」でした。
   もち肌に 触れて癒され こどもの日
posted by 松つあん at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月03日

機は熟した

本日は憲法記念日。彼方此方で日の丸の旗が見えます。おいら、幼少の頃から、現憲法のお陰で、毎日が安全で幸せに暮らせると思っている。いや、そう言う教育を受けてきた。そりゃ〜ぁそうだろ、第二次世界大戦で、民間人約100万人・軍人約200万人が犠牲となった。とは言いつつ、軍人さん、可哀そうに餓死やら病死された方が6割だって。戦争って悲惨だよね。てなことで、日の丸の旗は、二度と戦争をしないてな相槌と思っている。白地に赤くは、幸せのシンボルです。日の丸掲げる女房は、生理が終わりましたと言う意思表示です。
で〜つ、安倍総理曰く「機は熟した、オリンピックの年に、憲法改正を実施したい。これは自由民主党の悲願でもあります」と。ゲッ!これまで選挙公約で、憲法改正の”ケ”も言わなかったのに…。但し、憲法改正と一言で言われても、9条もあり・義務教育の制度やら・環境関係等、多岐に渡っている。これらを「十把ひとからげ」で結論を出そうてな魂胆ではなかろうか。詐欺師に騙されてはいけませんぜ〜っ。
 
そんなことより、おいらの趣味が大切だ〜っ。
地震やら大雨で、可愛がることができなかったハーレーダビットソン。一年半も暁を覚えずでした。
機は熟した、連休明けに、チョイとすっ飛ばそうと思い、毛布を剥ぎ取り、エンジンをかけてみた。
ウントモスントモ言わない。バッテリーが弱ったんでは・・・。
DSCN0241 ハーレー.jpg
充電をしても、カチカチカチ・・・てな音で、エンジンは動いてくんない。
早速、馴染みのバイク屋さんに電話する。
「松つあん、バッテリーがお陀仏だよ。純正は約3万円、国産は半額だけど、どうします?」と、社長曰く。
強がりは禁物です。小さな声で「国産でお願いします」と、応えました。
横で聞いていた女房曰く「この上ない贅沢品ですね、一年半も乗らないバイクに、こんなお金支払って」と。
そう言ゃ〜ぁ、女房には十年のご無沙汰だったかな〜ぁぁぁ・・・。
   機は熟す いつか来た道 看破せよ
posted by 松つあん at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月02日

米作りの初手

辺り一面が緑・緑に覆われ、鶯のさえずりも聞かれる、のどかな今日この頃です。
と思っていると「松つあん、今日お客さんがないんだったら、米作りの初手をやっちゃおう」と、明ちゃん先輩曰く。
そ〜うか、もう米作りの準備の季節か〜ぁ。
てなことで、昨年保存していた種籾を倉庫から持ち出す。
DSCN0229 髭とり.jpg
種籾には、小ちゃな髭(2〜3mm)があり、苗箱に機械で撒く際に引っかかることから、この髭を取る作業です。
DSCN0231 塩水.jpg
でっかいバケツに水40リッター・塩5sを入れ、種籾を投げ込む。中身がスカスカの種籾が浮いてくる。使い物にならない種籾を選別するてなことです。こんな風に人間を選別すれば、おいらが真っ先に浮いてくるであろう…。
DSCN0234 消毒.jpg
選別した種籾の消毒です。40リッターの水に殺菌用の薬200t、殺虫剤50tを入れ、種籾を一週間ほど漬け込む。
お次は、苗箱に入れる土の購入しに行く。
「隣町の玉名市に、良い土があるから、遠いけど行っちやおう」と、明ちゃん曰く。
DSCN0235 土運び.jpg
軽トラ2台に、積載オーバーぎりぎりまで積みました。土代が8000円、安いのか高いのか不明です。
土を軽トラから倉庫に下ろし、本日の仕事は、お仕舞チャンチャン。
因みに、苗床の作業は二週間後、それから五週間後に田植えの予定です。
それでは、乾杯といきましょう・・・。
   ホーホケキョ 米作り初手 合図かな
 
posted by 松つあん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月01日

生きていたのか・・・

昨日・一昨日、「草刈りの動員」やら「NPO法人きらり水源村の総会」などで、夜の部で活躍し過ぎました。歳を忘れてです。
てなことで三日酔いで、寝巻のまんま庭を散歩する。
真っ白な花が目に付いた。
「難波茨(なにわいばら)」である。
アレッ、昨年、歩道を車道に造り直す際、邪魔になることから、泣く泣く根っこから切り倒していたんたが。これって、泣いてバラ(馬謖)を切ったと言うことです。
DSCN0216 なにわいばら.jpg
な〜んだ、死にはせんかったんだ・・・。生きていたんだ〜ぁぁぁ。
なんだか、合わせる顔もありまへん。これから大切に育てることを約束します。
   切られても 白い歯見せる バラの花
 
posted by 松つあん at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月28日

蜜蜂王子からの指令

今月の中旬、レンゲ畑に日本蜜蜂が群れていたため、畑の土手沿いに巣箱を設置していた。
なかなか箱に入ってくれない。そいじゃ〜ぁ、分蜂誘引剤(薄いシール・有効期間45日・一枚4000円と高価)を張ってみました。それでも箱に入ってくれなかった。
で〜つ、蜜蜂王子(元兵庫県小学校教師の神崎さん。現在は、日本蜜蜂の飼育は勿論、販売・講演会などの支援活動・駆除などを手掛けていらっしゃる)からメールが届いた。
「レンゲ畑の花に来ている蜜蜂は、巣箱に入ることはない。無駄であるから撤去せよ」と。
何故なんだろう?・・・。
ここは素直に受け入れ、レンゲ畑の巣箱を撤去し、キジ小屋が見渡せる丘に、2台セットした。
DSCN0213 巣箱移転.jpg
一箱には分蜂誘引剤をつけ、もう一箱には蜜蝋をタップリ塗ってあげました。
さ〜ぁて、何方の方が効果があるんだろうか・・・。
   蜜蜂や〜い 薬と蜜蝋 迷っちゃう
 
posted by 松つあん at 18:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月27日

シルバーがシルバーに助っ人

お昼のお客さまの準備をしていると、草刈り機の音がしてきた。聞きなれないエンジン音である。
エンジンの大きさ、刃の種類、刈る草の種類、研いだ鋭利な刃・ねぶれた刃、刈る時のエンジンの噴かし方などで、エンジン音が違ってくるんである。おいらの集落には、8人が草刈機を扱うんだが、エンジンの音を聞けば、誰が刈っているのか判るんである。
調理場から覗けば・・・。
DSCN0210 草刈り.jpg
隣の婆さん(83歳)の田んぼ土手の草刈り作業であった。刈り人は、見知らぬ人たちである。
ハハ〜ン、隣の婆さん草刈りが大変てなことで、シルバー人材センター(60歳以上の登録者)に依頼されていたんだ。
シルバーがシルバーに助っ人てなことです。
ま〜あ、これから秋まで、草との戦いが始まりました。おいら頭痛の種です。
   老人の 助っ人老人 四人組



posted by 松つあん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月26日

雨男

元・テレビ局の方やら広告代理店の方たちが「タケノコを掘って、キジを喰らおう」てなことで、本日の予約があっていた。
昨日まで晴天続きであったが、早朝より雨。一日中降り続くとの予報。で〜つ、明日からは天気が回復するとのこと。こりゃ〜ぁ、延期したがいいのではと思い、電話すると「カッパ・長靴用意しているよっ」との返事。
DSCN0207 たけのこ.jpg
雨の降る中のタケノコ捜しは、いとも簡単です。
タケノコを掘りながら曰く「誰だ、雨男は」と。
お客さまたち、各々が首を横に振られる。そして、皆の目がおいらに向けられた。
「ゲッ、おいらは晴れ男ですよ。タケノコを捜しやすいように雨が降ってくれたんですよ」と応える。これって、恵みの雨ですね。
その他、庭のフキ・タラの芽・山椒なども収穫され、お客さま大満足。
お出しした料理は「キジのすき焼きコース」。ここで好評だったのは「ホロホロ鳥の卵」。殻の固さ・黄身の濃いさに、ビックリ仰天されました。
てなことで、雨の中を突いて来られて正解と思った次第。
ついでなんだが、夕刻のお客さまたちも「ホロホロ鳥の卵」の話題でもちきりでした。
   負を正に 変換させる 雨男
 
posted by 松つあん at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月25日

みんな、おいらが悪いのさ

キジの雛を育雛箱に入れて3日目、毎日チェックをしていた。
で〜っ、本日覗いてみると・・・。
暖房の灯りが消えている。雛たちは、冷える夜に耐えきれず、全員(70羽)死んでいるではないか。
原因は、暖房器具の接触不良である。可哀そうなことしたもんだ。
雛のせいではありません。みんなおいらが悪いんです。
死した雛の写真は、失礼になることから、遠慮しときます。
   ♪ ベイビー俺の負けだ 諦めよう 片想いの恋だけは もうたくさんだ 誰のせいでもありゃしない みんなおいらが悪いのさ ♪
 その昔、流行った尾藤イサオの「悲しき願い」です。
  
posted by 松つあん at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月24日

元気で長生きの会

サラリーマン時代に山鹿市に勤務経験ありの者の「退職者の会」の総会に参加してきた。
おいらは勤務経験はないものの、妹が勤務していたことから、その名代として、例年参加している。
会員は約60名。すでに物故者になられた方・寝たっきりで退会された方が約50名。
会の目的は、会員相互の親睦と交流を深めることなんだが、ま〜あ、「元気で長生きしょう」てなことです。
DSCN0204 OB会.jpg
本日は、天候に恵まれたため、屋外での総会となる。会計報告やら旅行の計画やら役員交代などが発表される。その後、グランドゴルフ・昼食会となる。
この会の中に、小中高の同級生もいることから、呑み会・魚釣りなど頻繁にやっている。
おいらにとっては、心身を癒してくれる友である。
   再会に 病の話 ハイテンション
posted by 松つあん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月23日

過酷な労働(延々14時間)

本日は、菊池川から引き込んだ原井出(井出の大動脈)周辺の草刈り作業。作業対象者は原井出の水を活用している者、つまり米作りをしている者てなことです。
P1030094草刈り.jpg
朝8時から草刈りが始まる。
馬力がなくなったおいら、あまり無理せずに草を刈っていく。
予定どおり、1時間で草刈りは終了する。
ところが、井出に大木が落ちていたり、土砂が随所に落ちており、流水では流しきれないてなことで、スコップですくい上げることになった。おいらの頭の高さまで、すくい上げるのは堪えます。
P1030119[1]泥載せ.jpg
で〜つ、それ以上高い土手については、網を置いてスコップで土砂を入れる。
P1030121ユニック4釣り上げ.jpg
土砂を入れた網をユニックで引き上げる。
P1030123ダンプ.jpg
別に用意したダンプに土砂を載せていく。
時計を見ると10時半。午後1時にお客さま到着予定。おいら焦るんだよな〜ぁ。
で〜つ、「ヒョイとしたら、こんなこともあるかも」と思い、4時に起床して、店内の清掃・トイレのチェック・おしぼり・お茶等の準備、前菜・キジ肉のタタキ・肉団子などの準備をしていたんである。
帰り着いたのが11時半。慌ててシャワー。髪を乾かしていると、老犬ルパンがご来店の合図。
ご注文は「キジのフルコース」。今回が4回目とのこと。
お話を伺っていると、銀行マンとのこと。アレ〜ッ・昨夜のお客さまも銀行マンだったよな〜。
マイナス金利になってから、銀行は大変らしい。経済の勉強させて頂きました。
お客さまを送り出したのが4時。
キジの水・餌が底をついている頃である。
600sの餌を軽トラで運ぶ。
案の定、おいらを見るなり、「喉乾き・腹減ってたまら〜ん」と、キジ達が泣き叫ぶ。
え〜っと、その前に、卵を拾わなくちゃ〜ぁ。約300個の卵拾いも腰にきます。
卵を拾う際、キジ達が、おいらの後をついてきて「まだか・まだか」と、けしかける。
水の補給を終え、餌の補給となる。600sを運ぶのに3回休憩です。身体の限界が見えてきました。
終了したのが7時半。あたりはすっかり暗くなりました。
♪ あぁぁ今日の仕事は辛かった〜ぁ あとは〜焼酎煽るだけ〜 ♪
銀行マンさ〜ん、貧乏暇なしから抜け出す知恵、教えてくださ〜い。
   老体に 鞭打てども 動かざる
 
posted by 松つあん at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月22日

ハンカチ被せて、頑張れ〜っ

昨夜は、菊池市内で新旧区長の歓送迎会。これで、おいらは完全にお払い箱となります。ホッとしたんだろう、何時もより胃袋・肝臓君の働きがすこぶるよろしく、ビール・焼酎をゴックン・ゴックンてした。ついでに8人ばかりで二次会へ。お店の娘から「松つあん!おめでとう」との挨拶。考えてみれば、このお店、今年初めての来店でした。

今朝は、10名で井出周辺の草刈り作業となる。作業を終えて、U字溝の補修(昨年の地震で水漏れが発生していた)となる。終わったのが午後1時。ビールで打ち上げ、帰宅する。
キジの雛が生まれて二日目となる。雛の毛が乾燥したことから、育雛箱へ移動してあげる。電熱・水・餌を再確認です。
DSCN0201 負荷率.jpg
生れ来たのは70羽。孵化率は50%と悪い。無精卵が多いてなことです。
オス1羽にメス6羽の割合で飼育しているんだが、オス達は好みのメスだけに交尾しているんではなかろうか・・・。もそっと、平等に・平等に乗っかっておくれ。嫌いなメスにはハンカチ被せてやればよい。それも激しくね。おいら、孵化率を上げたいんだよっ。

夕刻のお客さまは北九州市から。食べログで知ったとのこと。初めて食べるキジの味、大満足されました。
「ネットとカーナビがなかったら、こんな山奥でキジを味わうことは出来なかっただろう・・・、パンフ余分に貰えないかい、職場でPRするから」と、お客さま曰く。ありがたいことです。本日の疲れは吹き飛びました。
   ♪ 三つ出たホイのヨサホイのホイ 醜い女とやるときにゃ ハンカチ被せてせにゃならぬ ♪
posted by 松つあん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月20日

キジの雛誕生

本日のお客さま、おいらの生まれ故郷から。
お出しした料理は「フルコース」。その他に、ダラの芽・タケノコの天婦羅、ホロホロ鳥の卵(目玉焼き)、雑炊にキジの卵等、旬の物をプラスアルファ。納得されたのは、言うまでもない。
で〜つ、本日キジの雛が孵ったため、お客さまに、その光景をお見せする。
DSCN0198 雛.jpg
雛は、生れて初めて見る者を、親と思うらしい…。
この雛、お客さまを親と信じているに違いない。
てなことで、お客さまを送り出して、雛専用の餌を熊本市内まで購入に行きました。
   キジ喰らい 手の平雛に 客詫びる
 
posted by 松つあん at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月19日

長寿家系

お袋(満101歳)、二年前に急に足が立たなくなり、菊池市内の施設でお世話になっている。寝たっきりではありません、リハビリに懸命の毎日です。
盆・正月・誕生祝い等には、車椅子で自宅に連れて帰り、親類たちとパーティー(食事会)をしている。
季節の変わり目の昨今、お袋の声が弱弱しく感じたため、元気を与えようと、お袋の妹(85歳・88歳)に手を貸してもらうことにした。
二人の妹は、我が家で「キジのすき焼きコース」と「タラの芽・タケノコの天ぷら」をペロリ、デザートもペロリ。食欲旺盛は元気な証拠です。
腹いっぱいになったところで、お袋を見舞いに行く。
DSCN0189 三婆.jpg
その昔の美女(?)三姉妹です。
会話は、遠い昔のお話を阿吽の呼吸。年寄ると昔のことは鮮明に覚えているらしい。
この三姉妹の母と、その姉妹たち(明治生まれ・4人)は、90歳代で亡くなっている。共通点は、何時もジッとしていない・粗食・頭を使うである。それと強烈な物質DNAが存在しているのであろう・・・。早い話が、長寿家系てなことです。
帰り際にお袋からオーダーが出る「何時もお世話になっている〇〇さんと△△さんに、新茶を送っておくれ。忘れちゃダメだよ」と。
この調子でいけば、後10年は大丈夫だっ。オット、お袋の妹たちも100歳がひとつの目標ではなかろうか。おいら、自信ありませぬ。先に逝っちゃうよ。
   始皇帝 不老長寿の秘訣 ここにあり
 日本に逃げた徐福曰く「秦の始皇帝に届けられなかったのが残念です」と。
posted by 松つあん at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月18日

今年はタケノコの表年

明日、親戚の者がキジを喰らいに来るとのこと。
そいでは、今が旬のダラの芽はある。タケノコも準備しなくては。
竹山に入る道路に3本ニョキニョキ。
DSCN0178 タケノコ三本.jpg
素人のおいら、掘るのに結構な時間がかかります。腰が痛いです。
隣の竹山に人の姿が・・・。
DSCN0180 タケノコ掘り.jpg
な〜んだ、隣の俊ちゃんとお母さん(80歳)ではないか。
朝から、ず〜っと掘り続けているそうな。
「今年は、タケノコの表年(豊作てなことです)。作業は辛いけど、値がいいから、頑張らないと」と、俊ちゃん親子曰く。
毎年が表年だったらいいんだよね〜っ。
   腰曲げて 掘るはタケノコ やおいかん
 (やおいかん=熊本弁で「簡単ではない」と言う意味です) 
posted by 松つあん at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月17日

雛の飼育の準備

本日は、春の嵐ではなく、無風での強烈な雷雨。
キジ・ホロホロ鳥の卵を拾い、孵卵器に入れる。
今回で5回目の入卵となる。合計するとキジ1700個、ホロホロ鳥200個入れた計算になる。
1回目入れたのが、先月の28日。ひーふーみーよー・・・日数を数えてみると、今日で21日目となる。ゲッ!3日後にピヨピヨ生まれるではないか。
DSCN0170 ふらんき.jpg
旧式の孵卵器は、音がうるさいです。
雨の中をついて、キジ小屋横の育雛部屋へ行く。
この部屋には、6台の育雛箱(1台で畳1枚の広さ)がある。大掃除を済ませて、全体の消毒をする。
明日は、暖房器具やら透明のビニールで覆うなどの作業をしなくっちゃ。
雛が生まれて4週間は、温度管理・補水などを怠ると大量死する。
てなことで、これから忙しくなります。
   人間十月十日 キジ24日 ホロホロ28日 生れける
posted by 松つあん at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記