2017年07月23日

剣道に学ぶ

おいら、幼少の頃は虚弱体質で気弱な少年であった。そんなおいらの子供も、瓜二つてなもんであり、将来を心配していた。長男坊が小学3年生・次男坊が幼稚園児の頃、仕事の都合で熊本市内に移転した。
隣の同級生の勧めで「順道館(剣道日本一になった内村良一所属)」と言う剣道の道場に、兄弟共々通い始めた。
体育大嫌いな兄弟は、潜んでいた競争心が芽生え始め、メキメキ腕をあげていった。合わせて、学校の成績も人並みになり、礼儀作法や交わす言葉にも、重みを感ずるようになった。剣道を通じ、心身を鍛錬し・人間形成ができたんでは思っている。もしも、剣道と巡り合わなかったら・・・ゾ〜ッとする。
そんなことで、今でも順道館様様と思っている。
で〜つ、その順道館の館長さん夫妻と娘夫婦・息子夫婦が、キジを喰らいに見えた。
実に30年振りである。
DSCN0663 剣道一家.jpg
昔話に花が咲く。
息子たちも、順道館に対する恩義を十二分に判っているハズである。何時の日か、順道館に対しては勿論・社会に対しても、そのお返しをしてくれるものと期待している。
   武道とは 技を通じて 道求め


posted by 松つあん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月22日

夕立三連発

夕刻のお客さま二組。
東京から九州旅行のついでに寄られた。ここのお店は、友達の推薦で来られたとのこと。嬉しいねっ。
もう一組は、大分県は中津市から。食べログで知ったとのこと。
お出しした料理は「フルコース」。
で〜つ、ご来店と同時にスコール。止んだかと思えばスコール。お帰りになる前にスコール。
おいら言っちゃいました「おいらが、朝立ち出来ないもんだから、夕立三連発です」と。
奥さま、お口に手を当てクスクス。
遠い昔(47年前)の話なんだが、中津市の電話局の隣に食堂あり、そこのお母さんと二人娘さんがいらっして、共に色白で役者顔負けの美人であった。その話をしたところ、「おぉっ!。流石、お目目が高い。中津市でも評判の美人家族だったんです」と。
で〜つ、一台の車、エンジンがかかりっぱなし。
その旨をお客さまに伝えると、「家族のワンちゃんがいるんです」と。
DSCN0657 チワワ.jpg
お帰りの際、車内をパチリ。
チワワ3匹と、ゴールデンリトルリバー1匹。「こりゃ〜ぁ、雷がさぞや怖かったでしょう」と、慰めの言葉をかける。
東京・中津のお客さま、また来てくださいね〜ぇ。
   夕立や おいら顔負け 三連発
posted by 松つあん at 23:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月20日

爆睡と思いきや

毎日のことなんだが、キジ小屋の餌・水の補給に行く。
各部屋のキジの状態を見回しながらの作業。
或る部屋のキジ達、砂浴びに興じた後、爆睡している。この分だと、成長著しいと思いながら、水の交換をしていく。
で〜つ、爆睡している小屋の中に入ってビックリ。爆睡どころか、全員が爆死しているではないか。
一羽ずつ拾い上げ、死因を調べる。
どれもこれも、首周辺に傷がある。ゲッ!、「イタチ」が侵入したんである。
DSCN0653 死骸.jpg
死骸は全部で100羽。お客さまを喜ばせることなく死なせてしまった。可哀そうなことをしたもんだ。近くの畑に穴を掘り、埋葬しました。野良犬やら狸などから掘り起こされない深さにである。
女房に応援を求め、金網の破れ箇所を捜すことにした。3cm以上の穴があれば、イタチはいとも簡単に侵入するんである。
小さな金網の破れが10数か所見つかる。新たな金網で繕う。
辺りが薄暗くなった。
補修は完ぺきとはいかないが、5羽を囮(おとり)として、部屋に入れた。
明日の結果が、し・ん・ぱ・い。
   隙あらば 憎しやイタチ 爆死する
posted by 松つあん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月18日

喜怒哀楽

ここ数日、カラカラ天気。キジ専用の井戸が干しあがる寸前。
軽トラにタンクを積んでの、水補給となる。
途中、周りが暗くなり、大粒の雨。そして雷様。
DSCN0651 集中.jpg
おいらからすれば、恵みの雨。
しかし、30分すれば、暑い日差しとなる。これでは井戸に溜まることはないだろう。
晩酌をしていると、急に雷雨となる。
晴れ・雷雨の繰り返しの日となる。
てなことで、本日の天気は、喜怒哀楽の激しいものでした。ま〜あ、自然の精神疾患てなことです。
   晴天豪雨 天の怒りか 疾患か
posted by 松つあん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月17日

下駄を履かせる

連休最後の日のお客さまは、東京・大阪・福岡から旅行ついでにキジ喰らいです。
極めて真面目なお方ばかりで、性治の話でなく、政治の話がチョロチョロ。
内閣支持率(共同通信)が35%になったそうな。で〜つ、調査する報道機関によって数値はまちまちだそうな。時事通信29.9%、日経新聞26.7%、朝日新聞33%、政府に忖度の読売新聞でさえ36%などなど。
或るお客さま曰く「これまでの支持率なんて、下駄を履かせていたからなっ」と。
DSCN0648[1] 下駄.jpg
おいら、下駄を持ち出し「こんな風に、底を高くするんですか?」と。
「そいつあ〜ぁ、高下駄ではないか、そんなに高く下駄を履かせたら、庶民も騙されたことに気づくんじゃ。せめて10%程度でっしゃろ」と、お客さま曰く。
支持率低下の原因は、言わずもがなである。
お帰りの際、お客さま曰く「ご主人!今日の料金、下駄を履かせちゃ駄目だよ」と。
「せめて10%は・・・」と返事する。
てなことで、性治の話でなく、政治の漫才でした。
   歩く際 テンパーテンパーと 下駄鳴らす
posted by 松つあん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月16日

お客さま〜ぁ、チョット失礼

本日のお客さま、ジャパネットたかたで有名な、長崎県は佐世保市から。
初めてのお客さまには、おいらの店を何でお知りになったのかを尋ねることにしている。
PR(新聞・テレビ・雑誌広告、イベント、口コミ等)する際に参考になるからである。
「たべログ」で知ったそうな。ま〜あ、8割の方がネットで「キジ料理を知った」てな感じである。
料理をお出ししていると、熊本市内の餌屋さんが、おいらの軽トラに、餌を積んでいるではないか・・・。
DSCN0646 餌.jpg
アッ!そ〜ぅだったんだ。キジの餌が切れていたため、注文していたんである。60袋(一袋20s)でトータル1200sもである。
「お客さま〜ぁ、遠くからお見えになって申し訳ありませんが、キジ達がお腹すかしてますんで、チョット失礼します。後は、女房がお相手いたします」と、お詫びを入れてキジ小屋へ。
ゲッ!水も空になっている。こりぁ〜4時間はかかるよな〜ぁぁぁ。途中、おいらの水分補給のため自宅へ。お客さまはお帰りになっていた。
てなことで、本日もバタンキューです。
   無計画 餌水切らす 亭主かな
posted by 松つあん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月15日

灼熱の日本列島、キジ屋も熱い

本日の日本列島、アッチッチ状態。北海道の帯広では37.1度(沖縄31.3度)と、北と南が逆さまになっちまった。
おいらのお店は、クーラー全開です。
本日のお客さま、婚約を済ました双方の親類の方々の、顔見せてなことで、お見えになった。
準備した料理は「キジの熔岩焼きコース」。
使っていた熔岩(阿蘇山)にヒビが入ったため、新品の桜島の熔岩(2枚)で対応する。
DSCN0644 用仮名プレート.jpg
「この熔岩は、初卸しです。処女てなことです。娘さんも同じですね」と、説明する。
皆さん、笑いながら「そ・そ〜なんです。しかし、よく言うよ!」と。
てなことで、この糞暑い日に、熱々の新婚さんのおでましで、キジ屋は焼け焦げました。
   灼熱日本 キジ屋の店は 恋焦れ
posted by 松つあん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月13日

菊池地方、梅雨明け宣言

気象庁は、鹿児島は梅雨明けとしたが、熊本地方は未だとのこと。
今日の天気からすれば、梅雨はトンズラだよ。てなことで、おいらが「菊池地方の梅雨明けを宣言します」。
日差しが厳しい中、柚子畑の草刈りに行く。時間さえあれば草刈りです。トホホ、悲しいねっ。
1gの水筒2本と、ベニヤ板1枚も忘れずにです。
作業開始と同時に汗が吹き飛ぶ。作業服は絞れるほどじっくり。
休憩・休憩だ。
柿の木の陰に、ベニヤ板を敷く。そこにゴロ寝する。作業時間と同じくらいの休憩です。
「ホーケッキョケッキョ」下手糞な鳴き声。今年生まれた鶯であろう。おいら、口笛で教えてあげました。
DSCN0642 梅雨明け.jpg
これから、こんな暑い日が続くんであろう・・・。しかし、積乱雲や台風の悪戯を忘れてはいけません。

安倍総理が、予算委員会(加計学園問題)の集中審議に応じるとのニュース。
チョイと待て!。これまで隠れていた「加計学園理事長の加計孝太郎」「加計学園理事(元内閣官房参与)の木曽功」「総理は自分の口で言えないから、私が代わりに言うの張本人・首相補佐官和泉洋人」「官邸の最高レベルが言っているの張本人・内閣府審議官藤原豊」等も同時に喚問しないと、梅雨明け(真相究明)にはならんだろう。民進党!。しっかりしんしゃい!。
   梅雨明けて 加計問題に 明けはなし
posted by 松つあん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月12日

「エストニア」と言う国あり

ヨーロッパにエストニアと言う小さな国がある。フィンランド湾に面するバルト三国(エストニア・ラトビア・リトアニア)のひとつである。
国の面積は、九州よりやや小さく、人口は長崎県とほぼ同じである。GDP(国内総生産)は約2兆円強で日本の530兆円とは比較にならない。しかし、IT産業が堅調に伸びているらしい。
DSCN0637 地球儀.jpg
地球儀を虫メガネで見ても、エストニアてな国は見えません。
前置きが長くなりました。
安倍首相夫妻は、ドイツのハンブルグで開催されたG20サミット(7月7日〜8日)に参加された。
その頃日本では、九州北部豪雨(福岡・大分県)で甚大な被害発生。10日(月曜日)には、加計学園問題をめぐる閉会中審査を控えていた。
それらのことをご存じでありながら、サミット終了後、スウェーデン・フィンランド・デンマーク三カ国を訪問し続け、エストニアの訪問をキャンセルして、11日に帰国された。
?・・・・。
おいらが総理大臣だったら(有り得ないことなんだが)、訪問をするなら、約束通り4カ国をチャンと訪問するんだよな〜ぁ、最後の小さな国を無視したら、その心を疑われちゃうからね。キャンセルするなら理由を述べ、四カ国全て同じ扱いにして欲しかった。小さな国ほど(小さな約束ほど)大切にしなければ信頼を失くしちゃうからね。
リトアニアは国を挙げて祝福の準備をしていたに違いない。日本国民の一人として、伏して・伏してお詫び申し上げます。
   王道は 弱者を立てて 歩む道
 


posted by 松つあん at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月11日

曇・雷雨・晴れの中での草刈り

早朝から草刈りの準備をしていると、女房曰く「今日は雷雨らしいよっ。草刈り止めたら」と。
見上げると、曇り空。
「な〜ぁに、これしき」と言って、自宅を出発。
DSCN0613 前.jpg
獅子柚子(別名・鬼柚子)の畑である。雑草が生い茂り、柚子が少しだけ顔を出している。
エンジン全開で、雑草を切り倒していく。
三分の一を刈った頃から、突然、積乱雲が覆いかぶさり、大雨に落雷。
堪らず、軽トラに避難する。
20分間もしたであろうか、積乱雲は遠のき、青空となる。
窓から手を出すと・・・。
DSCN0627てふてふ.jpg
おいらの中指に、てふてふ(蝶々)がピタリと止まる。
こそばゆ〜い。手を振って追い払おうとしても離れない。
ハハーン、こいつ〜ぅ、メスだな。
「こんな爺にゾッコンかい。もっと若い奴を捜しな」と言って、柚子の葉っぱに移しました。
さ〜あ、作業再開だ!。
汗が吹き飛ぶ。水筒の水は、アッと言う間に空になる。
DSCN0636 後.jpg
三時間(休憩含む)でようやく完了。しか〜し、一ヶ月後には、元の木阿弥になっていることだろう・・・。
   刈らぬなら 実つけぬどころか 枯れ果てる 雑草は実に厄介な奴
 
posted by 松つあん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月10日

キジの大移動完了

昨日からキジ達の移動(小部屋から大部屋へ)を開始。残り少なくなると(約400羽)、素早い奴ばかりで、逃げるスピードについて行けない。年取ると、反射神経が鈍るんです。中には、お尻ペンペンし、おいらをオチョクッテいる奴もいる。腹立たしいこと、この上ない。
DSCN0611 移転完了.jpg
三時間かけて、ようやく終了した。
手前の餌は、餌箱の高さに応じきれない雛のためにセットしたものです。
九月後半にもなれば、雛たちも成長し、この部屋も手狭になることだろう。第三の大部屋の大掃除・消毒の準備が控えています。
   大移動 見知らぬ同士 ご挨拶
   
posted by 松つあん at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月09日

一日中、汗かきどおし

朝から雨。
今日は、米作りをしている者・水利権のある者達で、井出周辺の草刈り作業となる。
カッパ姿は、おいらだけ。
汗が噴き出てくる。カッパが保温の役目をしているため、暑くて仕方ない。
「松つあん!。汗で濡れるより、雨に濡れた方が気持ちいいよ。カッパは作業員ではなく、監督が着るもんだよ」と、周りから言われる。な〜るほど。
途中、雷雨になるも、誰一人として、避難する者はいない。出臍(でべそ)のおいら、雷様大嫌い、臍取られちゃうからね。
正午の合図で、か・ん・ば〜い!。
シャワーを浴びて、一服する。
小部屋のキジ達を大部屋に移動することにした。
DSCN0604 新居.jpg
消毒を済ませていた大部屋。餌箱に餌を(20s)入れること12個、雛用と中雛用を混ぜ合わせてである。5gの水を入れた容器15個を準備する。
昨日購入した網が活躍するが、一網ですくうキジの数は約7羽。1200羽÷7羽=171回の計算になる。しかも、逃げ回るキジ達をすくうんだから、時間がかかることこの上ない。作業服は、雨に打たれたように汗でじっくり。
周囲が暗くなっちまった。
約400羽残して、本日はハイこれまで〜っ。
理想からすれば、雛の移動は午前中なんだが、気の短いおいら・明日まで待てないてなことです。
   汗に濡れ 田舎暮らしに 濡れ場なし
posted by 松つあん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月08日

久し振りの青空

本日の天気予報は、雨時々曇りだったんだが、嬉しいことに裏切ってくれました。
DSCN0601 青空.jpg
積乱雲は見えるものの、青空が顔を出してくれた。吹いてくる風が爽やかである。
キジ達も嬉しかったんだろう…、おいらの両腕・肩・頭に乗っかってきた。足元では、ズボンの裾を嘴で引っ張っている。ま〜あ、「同類相求む」てなことでしょうか。
この調子でいけば、2〜3日後には、小部屋のキジ達(約1200羽)を、大部屋に移動できるんでは。
キジを捕らえる網が破けている。熊本市内に買いに行かなくっちゃ。
とは言うものの、台風・豪雨は人々を泣かせ、過ぎ去ったあくる日は、こんな青空。自然は身勝手つ〜うか、無神経だね。
   自然とは 喧嘩しません なされるがまま
posted by 松つあん at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月07日

湿気がカビを呼ぶ

本日の天気、雨が止んだと思いきや、落雷に集中豪雨の繰り返し。
カミナリが鳴る度、冷凍庫・冷蔵庫(動力)の電源が落ちるため、ブレーカーをONにしに行く。
調理場・お店の除湿器は、3時間もすればタンクに水が満杯となる。湿気90%くらい?。
老犬ルパンの毛もジクジク状態。おいらの心も湿りがち。”雷雨にて 織姫と彦星は合わずじまい”な〜んちゃって。
DSCN0593 餌箱.jpg
キジ達の食が進まない状態。何のことはない、餌箱(1箱に20sの餌)の中を覗くと、中の餌にカビが発生しているではないか。
そろそろ梅雨も明けてくれないかな〜ぁぁぁ。
   梅雨や梅雨 湿気とカビは 持ち込むな
posted by 松つあん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月05日

こちらは小雨が降ったり止んだり、お隣は大雨特別警報

おいらの家から車で山越えすること一時間半、福岡県朝倉市やら大分県日田市に辿り着く。
その朝倉市周辺と日田市では大雨が続き、大雨特別警報(初めて耳にする)が発出されている。
DSCN0590 洪水.jpg
おいらん所は、朝から小雨が降ったり止んだり。
多分、県境の山が雨雲を止めたんであろう…。
日田市に住む宮ちゃんに電話した。区長を仰せつかっていることから、避難誘導などで忙しいのを承知の上で。
携帯は電源OFとなっていた。責任感が強いことから、被害状況の確認などしていて、巻き込まれたのではと心配である。
30分後に電話あり。
「ようやく住民の方々の避難が終わったところだ。近くにある小川の氾濫の心配はないが、土手崩れが発生している。周りが暗くなったことから、夜が明けるまで動けない」とのこと。
とは言いつつ、住民の避難は一ヵ所ではなく、数か所のハズ。誰が何処に避難したのかの把握やら、食料やら毛布などの配布、翌日からは被害状況の把握等々、想像するだけでゾ〜ッとする。
この雨雲が県境の南側を通っていたら、逆に宮ちゃんから見舞いの電話があったに違いない。これって他人事ではありません。
   山ひとつ かたや豪雨 こなた小雨 自然の悪戯 いかんせん
posted by 松つあん at 21:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月04日

水分補給を怠ると脳梗塞

血糖値の検査に行く。
8ヶ月連続して、ヘモグロビンA1Cが上昇したため、2ヶ月に一回の検査が、毎月の検査となったもの。
担当医は、チョピリ色気の「桜ちゃん」。
今回は、内臓疾患の疑いありで、検査のおまけつき。
超音波による、胃・膵臓・肝臓・腎臓を中心とした検査。腹ばいになったり・仰向けになったり・お腹をふくらましたり・・・、約1時間も要した。ヒョイとしたら・・・。
「松つあん!。頑張りましたねっ、A1Cが落ちましたよ」と、桜ちゃん笑顔で曰く。
「晩酌・晩酌を我慢したのが、効いたんですかね。ところで、超音波の検査結果のほどは?」と、応える。
「膵臓・肝臓・腎臓などに異常はありませんでした。しか〜し、腎臓に石が見当たりました。過去に尿路結石を患ったことありますか?」と。
「ハ〜イ、(三本指を出し)あります・あります。お金は貯めませんが、石は貯めるんです」と、応える。
桜ちゃん笑いながら「今回から、薬を変えましょうか。血糖を尿と一緒に排出する新薬なんだけど。但し、水分補給を怠ると血液が固まる可能性がありますが・・・」と。
「脳梗塞になるんですか・・・、今でも半分は脳梗塞なんだけど、そいじゃ〜ぁ、背広が似合う頃(涼しくなって)から、その薬にお願いしましょう」と、応える。
てな風に、桜ちゃんとは呼吸が合います。
”病は気から”桜ちゃ〜ん!頼みまっせ。
   エコー検査 お酒過ぎたら いかんぞう(胃肝臓)
posted by 松つあん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月02日

キジ小屋に新風を

本日も高温多湿。おまけに無風である。
プレハブに約800羽のキジの雛たちがいる。暖房は一週間前からオフ、窓を開けっぱなし(金網でフォロー)にしているんだが、雛たちの体温で室内は、ムンムン状態。部屋に入っただけで、汗がタラタラです。
てなことで、水を与える量も一日に30gと、大変な作業であった。
そこで思いつきました。
DSCN0588 扇風機.jpg
その昔、購入していた大型の扇風機(中古です)でもって、窓から新鮮な空気を送り込むことにした。
小屋の中の雛たち、扇風機の風を受け、羽根をなびかせながら、気持ちよさそうにしている。
今後の成長が楽しみである。
午後8時から、都議選の開票結果が出だした。
小池率いる都民ファーストが爆竹の勢いで、票を伸ばしている。東京都に緑の風を吹かせたてなことですね。
風通しの良い都政を、九州の山奥から願うものである。
   小屋に扇風機 都政に緑の風 新風が 小屋と都政を改革
posted by 松つあん at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月01日

旬の物に勝るものはない

本日は青空となるも、高温多湿なため、蒸し暑いことこの上ない。ジ〜ッとしていても汗が噴き出てきます。
そんな中、北九州は小倉からのお客さま。キジの虜になられた常連さんである。アレッ、昨日に続けて北九州からではないか。二時間半もかけて、キジ喰らいに見えるなんて、合掌ものです。
これまで、お客さまは、鍋・溶岩焼きコースだったんだが、おいらのお勧めの「すき焼きコース」となる。
チラチラ様子を伺っていると、お箸の動きが何時もより遅い。
「すき焼きは、お口に合わなかったんでは・・・」と、問えば。
「実は、昨夜呑み過ぎまして」との返事。
ホッとしました。
DSCN0586 アイスクリーム.jpg
デザートは、キジの卵で作ったアイスクリーム。その上にブルーベリーのジャム。それに、もぎたての大粒のブルーベリーです。
お客さま曰く「都会に住んでいると、旬の物が中々口に入りません。ついこないだ来た時はタラの芽、今回はブルーベリー。たまりません!」と、お褒めの言葉を頂く。
このブルーベリーは今月いっぱいで終わりになる。その次の旬の物は?。見当たりませ〜ん・・・。
   旬求め 秘境菊池へ 車飛ばす
posted by 松つあん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月30日

中休み

本日も、朝から雨・雨・雨。
DSCN0273  花.jpg
雨を楽しむかのように咲き誇った紫陽花。お庭が引き立ちます。
本日のお客さま、北九州は戸畑から家族連れ。
お母さんと娘さん、飛びっきりの美人。紫陽花の綺麗さが、かすんでしまいます。
キジは初めてとのこと。
お出しした料理は「溶岩焼きコース」。満足されたことは、言うまでもない。
時折り青空が顔を出す。
「明日から梅雨明けだ〜っ」と、叫ぶと。
女房曰く「梅雨の中休みですよっ、何を慌てているんですか」と。
この会話、お客さまに聞こえたんだろうか・・・、障子越しに笑い声が聞こえてくる。
おいらにも仕事の中休みが欲しいんだよな〜ぁ。
   貧乏性 取るに取れない 中休み
posted by 松つあん at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月29日

餌を忘れたボケ老人

大阪トンボ返りが、チョイと無理したんだろう、身体と頭がバランスを崩したみたい。
キジ小屋に行くと、キジ達がおいらを見るなり、ギャーギャー騒ぐ。
何のことはない。餌を切らしていたんである。
急ぎ餌を与える。
DSCN0571 満腹.jpg
我先に餌箱に集まるキジ達。その様子を見ていると・・・。
DSCN0580 腕乗り.jpg
おいらの腕に、ピョンコしたキジ。
「だ〜んなっ!。そりゃ〜ぁ大阪トンボ返りは、きつ〜ぅおましたろ、だ〜がねっ、おいら達、餌・水切らしたらお陀仏でっせ。そこんとろこ肝に銘じておくんなし〜っ」と、曰く。
ま〜あ、秘書に罵声を発した豊田真由子議員みたいに「このハゲ〜ッ、違うだろう!私の心を叩かないでくれっ!。お前が行ってこいっ!」な〜んて言われずに済んだのが幸いでした。
   キジ鳴けば お腹ペコペコ 女議員鳴けば 秘書辞表
 おいらも頭が薄くなったんだが、”このハゲ〜ッ”の罵声が、おいらに対して言われいてるかのように感じ、寝つきが悪い昨今です。これって、おいらだけでしょうや。
posted by 松つあん at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記