2018年01月19日

キャタピラの草刈り機

おいらが世話になっている小集落(7軒)、年寄り集落と言っても過言ではない。
明ちゃん(73歳)、昨年の夏の終わりに「春から秋にかけての草刈り作業、体力に自信がない。値段は張るが、ラクチン草刈機を買おう」と。おいらも同感していた。
で〜つ、本日から「クボタ(農機具メーカー)の展示会」が始まったことから、購入するつもりで見学に行ってきた。
トラクター・コンバイン・田植え機・乾燥機等々、農作業に関する機器が勢揃いしている。大型のトラクターなんぞ1500万円もする、高級乗用車顔負けである。
DSCN1771 草刈機.jpg
欲しい奴が展示してあった。キャタピラ付の草刈り機である。
値段は64万円。ウ〜ンと、考えさせられる。
明ちゃんが値段の交渉をする「同型機を、まとめて4台購入するから、グ・グ〜ンと安くしてくれ」と。
営業マン、上司に相談され、約3割の値下げ案を提示された。
ここは、おいらの出番と思い「チョイ・チョイ、世界のクボタが、新年から端数を出すなんて、みみっちい。今日はクボタのお祭り日、スパッと40万円でいこう」と、チャチャをいれた。
営業マン「ご・ご勘弁を。こ・この値段、上司から渋々OKもらったんです」と、冷や汗かきながら曰く。
ま〜あ、ここんところは、大人として、すんなり引いた方がいいんでは。てなことで、契約成立です。
丁度、正午となる。クボタが昼食の準備をしてあった。
DSCN1772 食事.jpg
ザッと計算してみた。約1500名のお客さま達である。このイベントは、あと3日間あるそうな。つ〜うことは、6000名てなことかぁ、凄いよね。
てなことで、納品は今月下旬。身体の酷使軽減になります。
   お金飛び 汗飛ばさずは 新草刈り機

posted by 松つあん at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月18日

収穫前の重労働

お昼のお客さまをお見送りしていると、”ポンポンパチパチ”と音がする。
DSCN1769竹山整備.jpg
隣の「お民さん」が、孟宗山の整備をされているんである。
竹山の中を、傘を差して歩ける程度に(日が当たるように)、竹を切り倒して、下の田んぼまで引きずり下ろし、短く切って、燃やされている。これらは、タケノコの生育をよくするための作業である。
お民さん(女性です)、御年81歳である。若いおいら?には真似できない重労働である。
後2カ月もすれば、タケノコの山をバックに、お民さんの笑顔が想像される。
   タケノコや 豊作夢に 重労働
posted by 松つあん at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月16日

気になる空き家

おいらが住んでいる集落の住宅は40軒。その内の8軒は空き家である。因みに人口は約100名。
空き家になった原因は、少子高齢化や後継ぎがないこと等である。
人が住んでいないと、住宅の痛みは激しく、狐・狸・野良猫たちの棲み家にもなる。てなことで、これらの物件には買い手も付かないのが現状である。
で〜つ、空き家8軒ある内の1軒の取り壊しがはじまった。
DSCN1765 解体作業.jpg
取り壊した後、材木は勿論、瓦・ガラス・プラスチック・鉄屑等々が、ごまんとある。それらを区分し、処分しなければならない。てなことで、更地にするのに100〜200万円の出費となることだろう・・・。
空き家問題は、田舎に限らず、都会にも同じ現象があるとのこと。
何かよい秘策はないんだろうか・・・。
   空き家にて お化けは出ぬが 猫狸
posted by 松つあん at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月15日

初ものづくし

本日のお客さま、熊本県北の消防団のお若い方々。
昨日、出初式を終え、そのお疲れさん会とのこと。
お出しした料理は「キジのフルコース」。
皆さん、キジ料理は初めてとのこと。これって初喰式ですね。
初めて口にするキジの味。「脂の味が何とも言えない」と、口を揃えて曰く。
幹事さん、これらの声を聞き、ホッと胸をなでおろされる。
キジに関する質問攻めにあう。嬉しいねっ、おいら、手ぶり身振りで説明をする。
おいら「皆さん、彼女とうまい具合にいってますか?。今いちであれば、是非、キジ料理をご一緒にどうぞ。彼女からOKサインが出るのは間違いありません。おいらが保証します。もしも、駄目な場合は、おいらが、彼女を身請けします」と。
皆さん、手を横に振りながら「そりぁ〜ないよ。初物ですよっ」と、曰く。
さもありなんですね。
お客さまをお見送りし、キジ小屋へ・・・。
何やら白い玉が二個。おいらの持ち物ではありませぬ。
DSCN1762 へろへろ卵.jpg
ホロホロ鳥が、卵を産んでいたのである。
寒波が来たり・温暖になったりで、ホロホロ鳥の本能が、おかしくなっちまったのかな。
ま〜あ、これって「出初ではなく初産」ですよね。
   出初 初喰い 初物 初産 日本人は「初」が好き
 




posted by 松つあん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月14日

寒波の悪戯

日本列島を襲った寒波、3〜4日間続いた。南国九州も凍てつく寒さで、おいらの脳もカッチン・カッチンです。ま〜あ、これは生まれつきかも。
ところで、この寒さが悪戯をしている。
昨日は、調理場の水道管が破裂して、気が付くのが遅れて水浸し。
で〜つ、キジ小屋は・・・。
キジ達の飲み水が、カッチン・カッチン状態で、餌を飲み込むのに、お目目を白黒です。
DSCN1760 凍り付く.jpg
容器にへばりついた分厚い氷を、アイスピックで割り、取り出す作業は、お手手が痛いんだよな〜ぁ。
こんな日々が続けば、無駄な作業の連続です。
心は、春よ来い・早く来いです。
   オオ寒い 飲み水凍り 四苦八苦
 




posted by 松つあん at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月12日

子孫に美田を残さず

昨夜、菊池商工会議所主催の「新春講演会&賀詞交換会」に参加してきた。
行政書士の木ア海洋さん「相続と事業継承」と題しての講演。
講演の内容からして、お堅いことから「落語調」での語り。
DSCN1746 落語.jpg
この相続と事業継承については、企業に限らず、個々人の相続についても、具体的なお話であった。
「仲の良かった兄弟姉妹が、相続絡みで犬猿の仲になった」てなお話は、よく耳にし、珍しいことではない。ま〜あ、お金が人格を変えるてなことですね。てなことから「子孫に美田を残さず」てな諺が生まれたのかな?。
おいらん家の財産は、息子二人に、その孫たち(5人)と思っている。オッと、平屋の自宅と約3町(9000坪)の畑・山がある。山奥のそのまた山奥のため、大した金額にはならないが。これらは、おいら或いは女房が寝込む前に、田舎暮らしをしたい方に譲り、養老施設でお世話になるつもりである。
強がりではないが、ま〜あ「財産を残すために生まれたわけではありません」とでも言っときまひょ。
   兄弟が 財産目にし 争いに
 




posted by 松つあん at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月11日

雪が舞う寒い日

寒さで目が覚める。
DSCN1736 雪.jpg
初雪でした。
外気温度は0℃、湿度70%。寒いはずだ。
こんな時には「炬燵」が一番。背を丸くしてテレビを見る。
どのチャンネルも「はれのひ(着物の販売・レンタル会社)」のニュース。
成人式の晴れ舞台の詐欺です。若人たちは、社会(大人)に対する不浄の感を抱いたに違いない。乱れた世になったもんです。お〜ぉ、寒い。
新聞・テレビでは見られないが、日立製作所がイギリスに原発の輸出に力を入れている。これに政府が後押しとして、事故が発生した際は、日本国が債務保証をするとのこと。福島原発の事故処理もままならぬ状態なのに。イギリスで事故が起きれば、一年間の税収(約50兆円)でも賄えきれないことになるだろう。こんな約束を国会で議論しないで決めてしまうなんて、何時の間にこんな国になっちまったんだろう・・・。「はれのひ」の詐欺どころではないよ。
あぁ、寒さが一段と身に沁みます。
   真っ白な 心であれと 雪は舞う
posted by 松つあん at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月09日

二人の永久戦犯

朝からオスキジ100羽処理となる。
日頃、おいらの手やら肩に乗ってきていたキジたちをである。
「なんだ・何だ!。大きな網で、おいら達を捕まえて、籠に入れてる。これまで、仏様に見えていた旦那、今日は鬼に見える」と、キジ達が大騒ぎ。
あるキジ曰く「旦那は、永久戦犯だ〜っ」と。
DSCN1735 キジ処理.jpg
悪いけど、アッと言う間に、肉になっちゃいました。本当に、おいらは鬼です。
自宅に帰り、一服。
テレビは、どこも「北朝鮮が平昌冬季五輪に参加の意を受けた、南北高官会談」のニュースで持ち切り。
DSCN1734 テレビニュース.jpg
平昌冬季五輪終了後に、アメリカが北朝鮮を攻撃するとの憶測が流れていたんだが、この会談がうまくいくことを願っているのは、南北朝鮮のみならず、世界の各国もであろう。もし、戦争になれば、これまでのドンパチ戦争とは違い、想像がつかないほどの被害をもたらすからである。
で〜つ、安倍総理は「北朝鮮の政策を変えさせるため、あらゆる手段を使って、最大限圧力を高めます・・・」と。折角の対話ムードに水を差すのは、戦争勃発を心待ちにしているようにも見える。
安倍さんの頭には、軍事産業に莫大な利益をもたらしたいのか?。それとも、1000兆円を超える国の借金を戦争に悪乗りして、スーパーインフレを導入し、借金をチャラにしたいのか?。判らん・判らん。
確か、安倍さんの爺さん(岸信介)は、A級戦犯だったよな〜っ。火に油を注いで戦争が勃発したら、孫の安倍さんは永久戦犯の烙印ですね。
   弱虫が 喧嘩を煽り かくれんぼ
posted by 松つあん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月08日

春一番の花(蠟梅)

本日は、朝から雨雨雨・・・。
そんな雨の中、東京からと熊本市からのお客さま。
「折角ご来店頂きましたが、わたくしの日頃の行いよろしく、雨ザンザンで申し訳ありません」と、お詫びのご挨拶をする。
「な〜に、雨も風流ではありませんか」とのお言葉。
DSCN1729 狼狽.jpg
蠟梅の花をご覧になりながら「おぉっ、春一番の花ではないですか」と。
おいら「ここの庭の春一番の花は、ず〜っとスイセンだったんですが・・・」と、お応えする。
「黄金色は、金運を呼ぶんだよ。大将っ、今年はきっといいことがあるよっ」と、仰る。
言われてみれば、な〜んだか、その気になっちまいました。
   単細胞 その気になって 夢を見る
posted by 松つあん at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月07日

晴れ着での厠(かわや)

本日は、おいらの集落のお宮さんの竹垣づくり。これって、お祝いの行事なんです。
竹垣.jpg
孟宗竹は頑丈なんだが、風雨にさらされると、腐ってしまうんである。てなことで、竹垣づくりは、毎年恒例となっている。
竹割り.jpg
孟宗竹を6本切り倒し、竹を割ったり、火に炙りって曲げたりの作業となる。
約3時間で完成する。
正午の合図で乾杯です。
DSCN1718 みかちゃん.jpg
で〜つ、ほろ酔い加減になったところで、隣の「かみちゃん」が、晴れ着姿でやってきた。本日が成人式で、その前にお披露目てなことです。
おいらが、脱サラしてこの地に来たのが17年の昔。かみちゃんは保育園児であった。立派な大人になって…。
「ところで、かみちゃん!昔から着物の時は、パンツ履かないんだが、そうしている?。厠を使用する際は着物をどんな風にめくるんかな〜ぁ」と、意地悪質問をした。
「助平のおじちゃん!現代っ子はね、着物の下はパンツなの。トイレでのやり方、判んないから、飲み物・食べ物はグッと我慢してるよ」と、かみちゃん、サラリと応える。
お母さん曰く「この着物、レンタルです。たったの一日で8万円もするんですよっ」と。
へ〜つ、成人式って、結構お金かかるんだ〜ぁ。
てなことで、お祝いの一日でした。
   着物着て 尿意催し ケツまくる
 女性の立ちションベンですね。着物を濡らさずの放尿は、昔は当たり前の芸当です。今やったら、離れ業と言われるかも…。こんな姿は戦後10年ほどまで見かけました。

posted by 松つあん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月06日

肉で一番美味しいのは「キジ肉」

本日のお客さま、長崎県は佐世保市から。
注文の品は「キジの鍋コース」。
「念願のキジ肉を食べられる」と、お客さま大喜び。
念願?、その理由をお伺いした。
お爺さん(75歳)が、牛・馬・豚・鶏・猪・鹿・熊肉などを全国を股にかけ、精肉業をしている。これらの動物の血抜き・内臓の取り出し・皮剥ぎ・肉の分類・販売が仕事だそうな。本日は、兵庫県の丹波市で猪の精肉をしているとのこと。そのお爺さんの口癖が「肉で一番美味しいのは、キジ肉」と、耳にタコができるほど聞いていた。今回、ようやく口にすることができる、てなことです。
キジ鍋を食べ終わり「お爺さんが言ってた通り。素晴らしい味でした」と。
で〜つ、おいら「そんな経緯を前もって仰れば、メスキジの熔岩焼きで、塩味だけで食べてもらいたかったな〜ぁ。キジそのものの味が判るからです」と、言っちゃいました。
「いやいや、熔岩焼き・すき焼きも食べてみたいけど、胃袋が小さいから、楽しみは次回・そのまた次にしときます」と、照れ笑いされる。
それにしても、精肉屋さん(肉のプロ)から「キジ肉が一番美味い」とは、嬉しいじゃあ〜りませんか・・・。
   プロが言う この世で一番は キジ肉だ

posted by 松つあん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月05日

本日から営業開始

正月気分は昨日まで。さ〜あ、仕事だ・仕事だ!。
本日のお客さま、熊本市内から。ネットで、おいらの店を知ったとのこと。
お出しした料理は「キジのすき焼きコース」。
P1060376すき焼き.JPG
最近、このすき焼きが、人気上昇中である。
メスキジの皮下脂肪(約60g)をすき焼き鍋に入れ、野菜(玉ねぎ、白ネギ、春菊、えのき、しらたき、焼き豆腐等)を炒める。割り下(きじの骨スープ、昆布・カツオの出し汁、醤油・酒・ミリン・砂糖)を入れる。やや薄く切ったキジ肉を入れればできあがりである。
牛のすき焼きの順序とは違うが、キジの場合は、こうした方が美味しいんである。
お客さまが喜ばれたのは、言うまでもない。
キジのすき焼き、これからの活躍が楽しみであるが、なにせメスキジの皮下脂肪の量が少ないことから、提供には限界があります。
   鍋囲み 集まる笑顔 キジの店

posted by 松つあん at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月04日

さてさて、今年はどんな年に?

本日まで、お店はお休み。
てなことで、身体を休養させなくっちゃ〜。
テレビニュースは、元横綱日馬富士の傷害事件に絡み、貴乃花親方の理事解任(二階級降格)の件。報告義務を怠ったことで、被害者の親方が処分てなことです。頑なに沈黙を守る貴乃花親方(先月20日、臨時理事会で貴乃花から出された報告書は無視され、その内容は公表されていない=その文書は、会議後回収とのこと)。もし、事件について即刻報告していたとすれば、相撲協会がもみ消すことを恐れていたからか?。いや、この際、暴行行為を壊滅させるためなのか?、ヒョイとしたら、八百長相撲を皆無にするためなのか?。いづれ判明することだろう・・・。
安倍総理の年頭所感で「本年は、実行の一年であります」と。
チョイと待てよ〜ぉ。想い出せば「三本の矢」「新三本の矢」「デフレ脱却」「1億総活躍」「働き方改革」「男女共同参画」「地方創生」「クールジャパン」「美しい国」「戦後レジームからの脱却」「国土強靭化」「社会保障・税一体改革」「仕事人内閣」「人づくり革命」等々・・・数えても指が足りぬ政策は、口先だけだったから、これらを実行するてなことでしょうや。
森友加計学園問題・山口敬之レイプ容疑もみ消し事件・スパコン補助金詐欺・マルチ商法のジャパンライフ事件・JR東海が発注したリニア新幹線不正受注事件等々、これも数えても指が足りませぬ。これらは全て安倍さんのお友達が関わっている(主に補助金)事件である。な〜んだか、安倍さんは朴政権以上に政権の私物化しているようにも見える。森友学園の教育に感動した昭恵夫人は、相変わらず彼方此方のイベントやら呑み会で楽しんでおられる。一方の籠池夫妻は、安倍さんの逆鱗に触れ、昨年の7月に詐欺容疑で逮捕。今もなお拘留が続いている。冷暖房設備もないそうな。これって人権侵害ではなかろうか。弁護士の方々、こんなんでいいんでしょうか。まさか、高齢であることから急死てなことは、ないでしょうね。
こ〜んなことばかり考えていると、今年はいい年にはなりそうもない。我が道を行く・ゴーイングマイウェイです。
   あれやります これやります 今すぐやります そのまんま 
posted by 松つあん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月03日

歳のせいか、呑む力が衰える

本日は、集落恒例の「初寄り」。
集落の諸規定の確認、会計報告、新年度予算、新役員の決定などが終わったところで、新年会となる。
DSCN1710 初寄り.jpg
15〜16年前は、乾杯の後は、ビールにお酒・焼酎をあおり、菊池市内に足を延ばし、深夜までドンチャン騒ぎだった。
ところが、平均年齢が60歳にもなると、昼間からの飲酒は身体に効くことから、一人欠け・二人欠け・三人・・・、おいらも途中でドロン。我が家で昼寝です。
み〜んな、昔の元気はどこへやらてなことです。
   新年会 昔呑み助 雲隠れ
posted by 松つあん at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月02日

耳たぶが餅肌みたい

次男坊夫婦と孫(三人娘)たちが、元日から二泊三日で遊びに来た。
目に入れても痛くない孫たちと、ゆ〜っくり遊べます。
で〜つ、孫たちの興味は、年寄りの必需品「マッサージ機」。
DSCN1694 あんま.jpg
三人娘が一緒に乗って、キャー・キャーです。こそばゆいんであろう・・・。
で〜つ、末娘(3歳)が、おいらの耳たぶをさわりまくる。
DSCN1689 耳たぶ.jpg
「ジィジの耳たぶ、餅肌みたい」と。
71のジィジともなれば、顔やらお手手は皺皺だらけなんだが、耳たぶだけは若さを保っているらしい。つ〜うことは、耳たぶが皺皺になれば、おいらに寄って来なくなるかも。
そう言うことを想像していると、おいらの耳たぶを舐め舐めしてきた。これ以上に年取ったらいかんぞなもし。
   孫娘 耳と比べる 餅の肌
posted by 松つあん at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月01日

102歳、啄木を歌う

2年前から膝を痛めて、施設でお世話になっているお袋、102歳。
正月は我が家で過ごしてもらいたく、施設に迎えに行った。
DSCN1644 車いす.jpg
車椅子ごと、予約していた専用のタクシーに乗ってもらう。
我が家では、身内が待っている。
DSCN1647 乾杯.jpg
全員揃ったところで、お袋の音頭で乾杯です。
施設での食事は、薄味で生物(刺身など)が食べられないことから、ブリの刺身やら馬刺しなんぞを、パクパクです。これでパワーアップてなことです。
DSCN1657 詩吟.jpg
で〜つ、お袋が「みんな、聞いとくれ」と、言って詩吟を始めた。
♪東海の〜小島の磯の〜白砂に〜われ泣きぬれて〜蟹とたはむる〜♪ 石川啄木の「一握(いちあく)の砂」である。
皆が「この声を出すのには、下腹の力がなくてはできない。まだまだ、後4〜5年は大丈夫」と。さもありなんです。
   初春や 啄木歌う 母百二
 姉の俳句です。



posted by 松つあん at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月31日

一年がアッと言う間

おいら達夫婦は、後2ヶ月もすれば満71歳。お袋は、二年前から膝を痛め、施設でお世話になりながら満の102歳。愛犬ルパン(雑種・中型)は満16歳、人間で言う110歳を過ぎていて、我が家の長老です。
てなことで、高齢者家族からすれば、一年はアッと言う間です。
DSCN0259 ルパン.jpg
長老のルパン「来年は、おいら(犬)の年、ワンワン引っ張って行くからね。年のせいにしたり・弱音は禁物だよ」と、力強くおいらをリードする。
気合を入れ直さなくては・・・。
   先導は 長老ルパン 優れ者







posted by 松つあん at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月30日

黄泉の国からお叱り

今年も余すところ後一日。
アッ!いけね〜、お墓掃除をしなくっちゃ。
お盆前に掃除をしたっきりである。
墓地はコンクリートなんだが、隙間から草がボウボウの状態。両脇の「ツゲ」も伸び放題。雑草をむしる・刈り込み鋏でツゲをパッチン・パッチン剪定。
蝋燭・線香・小菊を供える。
DSCN1641 墓地.jpg
黙祷をしていると、黄泉の国から「これ〜っ、盆と正月のみの墓掃除で、後は知らんぷり。もっと先祖様を大切にせんかい」と、お叱りをくらう。
暇がないと言えば嘘になるし〜ぃ、掃除・お参りをするのが、億劫なんでしょうか・・・。この時期になると、反省しきりです。
   墓掃除 黄泉の国から 大目玉

posted by 松つあん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月29日

年越し蕎麦  

本日は、以前、キジ肉の販売に協力いただいた「そば幸(熊本市内に3店舗)」の意向を受け”年越しそば”の販売(配達)に、朝から晩まで疾走。
DSCN1639 蕎麦.jpg
三人前で1300円。味・量とも申し分ない。
で〜つ、知り合いの店舗に配達したところ「松つあん!毎年、蕎麦の配達ご苦労さん。今年は不景気で蕎麦喰っても、年越しできないよっ。このまんまじゃ・店じまいだ」と。
おいら言っちゃいました「な〜に、蕎麦は、麺類の中で切れやすいことから”今年一年間の厄を断ち切る”てなことだよ。そういう意味を込めて、蕎麦喰いなよ」と。
「松つあん、あんた・上手いこと言うね。前向きに考えることにするか〜ぁぁぁ」と、返ってきた。
   蕎麦喰えど 越すに越されぬ 大晦日

posted by 松つあん at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月28日

これで安心して、正月を迎えられる

北海道は網走のお客さまから「29日に仲間と宴会をする。各人が面白い肴を持ち寄ろうとなり、キジの鍋を考えた。ついては一式を送ってくれ」との注文を受けていた。
おいら、早速、送り状を作成し、送付時期が来るのを待っていた。
で〜つ、18日に、念のためと送り状のチェックをしていると、網走の分が見当たらない。何かに紛れて失くしたんであろう・・・。止む無く、ドコモショップに行き、携帯の発信略歴を調べるため、Dアカウント・パスワード・ワンタイムナンバーを頂き、11月と12月の発信歴の手続きを終えていた。結果は、なしのつぶて。
その他に、打つ手なしである。お客さまからの電話待ちとなる。お叱りを受けることを覚悟していた。
本日、他の発送の梱包をしていると、携帯がおいらを呼ぶ「網走の者だが、本日着予定のキジ鍋セットが未だなんだが・・・」と、やんわりと問い合わせ。
おいら「かくかくしかじかで、送り状を紛失し、お叱りのお電話をお待ちしておりました」と、お応えする。
「な〜んだ、そうですか。そんじゃ、正月料理に使わせてもらおうか」との返事あり。
「大変なミスを犯しまして、申し訳ありません。正月に間に合うように送りますので、試食してください」と、申し上げた。
「代金の支払いは、するからねっ」と、お客さま。
おいら「ハイ、ありがとうございます」と、お応えする。
電話が切れた後、女房が「これで安心して、正月を迎えられるわ」と、曰く。おいらも胸をなでおろす。
しかし、悪いのはおいら、甘えて代金なんぞ貰えるもんじゃない。送料含めて自己責任だっ。
   ミス犯し 代金貰うは 男がすたる

posted by 松つあん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記