2012年07月14日

爺さんの初盆

飾らず・驕らず・質素であった、隣の爺さんが急逝して三ヶ月。
本日が初盆てなことで、お参りにいってきた。
P1080917初盆.jpg
参列者は、親戚の方々に、おいら達呑み助三人組み。
お坊さんの読経の後、故人を偲んだ吞み会となった。
おいらが知らない爺さんの逸話も多々披露された。
次男坊の結婚式の際、親としての挨拶で「本日は、嬉しくて何も言うことはありませぬ」の一言で終わったそうな。ま〜あ、爺さんらしい言葉と感ずる。
窓の外は、雨・雨・・。土手崩れが頻発の状態。
何時もどおり酩酊したおいら、田んぼの様子やら雉の様子を見に行きたかったんだが「松つあん!。今日は危険だから、ゆっくり呑んでくれ」と、爺さんの声が聞こえてきそう。
てなことで、本日は天の声を重視して、仕事を捨てて、爺さんを偲び、呑むことに専念しょう〜っと。
posted by 松つあん at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57049547

この記事へのトラックバック