2012年04月16日

春を喰らう(タンポポ)

本日は初夏と間違えるような暑さであった。
お客さま、汗を拭き拭きご来店。
注文の料理は「雉の熔岩焼きコース」。
女房殿、ご機嫌麗しく「これは、筍・タラの芽、そしてタンポポの天婦羅です」と、ご紹介。
P1080096天婦羅.jpg
これがタンポポの天婦羅です。
P1080101タンポポ.jpg
「あれ〜っ、タンポポって何処に咲いていたのかな〜ぁ」と呟くと。
「お父さん!。何処見てるんですか!。庭の彼方此方に咲いているでしょう」と。
タンポポには、C型肺炎ウイルスを抑制する効果やら健胃・利尿・催乳などの効果があるんだとさっ。
お客さま曰く「今日は、雉肉を喰らいに来たつもりが、春を喰らった感じだ〜っ」と。
で〜つ、おいら言っちゃいました「お客さま〜ぁ、雉の季語も春なんですよっ」と。
てなことで、お客さま、春に酔い・お酒に酔い・美人?の女房に酔い、納得してお帰りになりました。
posted by 松つあん at 19:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
はじめまして。三和書籍という出版社に勤めている福島と申します。ただ今、花の歌の本を制作中でありまして、「たんぽぽ」の歌のページに、是非、松つあんの写真を掲載させていただきたくコメントいたしました。ご了承いただけるようでしたら、条件その他をご連絡いただけましたら幸甚と存じます。
Posted by 福島直也 at 2017年07月26日 16:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55331442

この記事へのトラックバック