2012年04月04日

交通反則キップを返上

昨日、熊本市内において「チャイルドシート装着違反」てなことで、告知票(交通反則キップ)をうやうやしく頂いた。
P1080043違反切符.jpg
自宅に帰り、チャイルドシートについて調べた。
道路交通法第71条の3第3項に「運転者が6歳未満の幼児を自動車に乗車させる場合に、チャイルドシートの使用が義務付けられている。違反の場合は行政処分の基礎点数が1点付加される」となっている。
で〜つ、詳しく読んでいくと・・・、
26条の3の2第3項に「使用義務の免除」として、乗車人数より座席の数が少なく、チャイルドシートを固定できない場合は免除と記してある。
おいらの愛車は5人乗り、おいら・女房・息子夫婦・6歳の孫・1歳の孫の計6名、つ〜うことは、この条項に該当するてなことである。
時計を見れば夜中の11時半。善は急げと思い交番に電話した。
事情を説明すると、30分後に連絡あり、「大変失礼しました。当方のミスでした、申し訳ありません。面倒かけますが、貴方の管轄の警察署にキップを返してもらえないだろうか」と、ご丁寧な説明。
てなことで、本日早朝、警察署にキップの返上をしに行ってきた。
この事件で感じたたことが二つある。
担当した若い警察官が、自分のミスを隠すことなく、正規の処理をしてくれたことに感銘を受ける。また、太田道灌ではないが、今回の小さな失敗を反省し猛勉強、後々、偉くなった時、あの時のミスがなかったら、今の自分の地位はなかった、となって欲しいと。
posted by 松つあん at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54801069

この記事へのトラックバック