2017年09月10日

老人ライダー達、鹿児島へ

「九州自動二輪交流会」が鹿児島市内で開催された。
今回で41回目となるとのこと。
菊池市の田代さんをリーダーとして8名のグループで参加した。皆、定年を過ぎた老人たちである。おいら、4回目の参加となる。
途中、薩摩金山蔵に立ち寄る。
ここは、串木野金山の跡地を利用した「金と焼酎」をテーマとした施設となっている。
DSCN1011 金山蔵 集合写真.jpg
金山蔵前で記念撮影。
DSCN1046 トロッコ.jpg
金山の坑内は、幅3m以上、深さ450m、長さ2600mの規模だそうな。その一部分の坑内を、トロッコに乗り見学となる。
DSCN1027 酒樽説明.jpg
坑内の広場には、大きな焼酎樽が並んでいる。
一年を通じ、温度16〜19度、湿度90%前後と一定している環境に目を付け、焼酎の生産をしているとのこと。また、全国のお客さまからの納品指定日(誕生日等)の注文に応えるため、無数の瓶が並んでいる。
DSCN1035 安全祈願.jpg
神社や観音様も祭られている。発掘当時の安全祈願なんであろう。
見学後、おいらアイディアが浮かびました。日本全国に、金山・銀山跡地が点在していることから・・・。
黄泉の国(よみのくに)てな言葉がある。狭い日本に墓場が足らない、こう言う跡地に納骨堂を造ってはと(神秘的です)。それからもう一つ、原発(核のゴミ)のトイレに活用する方法もあるんでは・・・、地元の方から叱られるかな。
そう言うことを考えながら、鹿児島市内にバイクを飛ばす。
DSCN1062 バイク集合.jpg
ホテルの駐車場に、各地から色んなバイクが集合して来る。
DSCN1055 乾杯.jpg
待ちに待った乾杯です。総勢140名。
おいら達のテーブルに、見知らぬ女性二人。年寄りコンパニオンと思いきや、熊本市内からのライダーでした。
DSCN1056 フラ.jpg
主催者(鹿児島)の唄とフラ。準備が大変だったでしょう。
万歳三唱後、自室(8名)で二次会となる。
昔の裏話が次々に披露された。その一コマを紹介。
40数年前には、ハーレーのサイドカーは全国でも珍しい存在だったが、リーダーの田代さんが手にしていたため、福岡のホテルから「結婚式の最後に、花嫁をサイドカーに乗せてもらいたい」旨の依頼があったとのこと。その頃のハーレーは欠陥が多々あり、バックファイアーを起こし、バイクが燃え出した。花婿がサイドカーから花嫁を抱えて救い出し、大騒ぎになったことがある。バイクは燃えてしまっちゃった。当時で200万円の損害だったかな〜ぁ、と。ま〜あ、お陰で新郎新婦は、一生の思い出になったことであろう。
DSCN1068 乗船.jpg
翌朝は、長嶋からフェリーで牛深へ。船底へ愛車を載せる。
DSCN1071 牛深へ.jpg
40分で牛深に到着。丁度昼時である。
DSCN1072 海鮮どんぶり.jpg
海鮮ドンブリを注文。流石、牛深の魚は美味しいね。
後は、買い物して帰るのみ。
ところが、おいらのハーレーの呼吸がおかしくなってきた。信号待ちでエンストするんである。どうもキャブレターの調子が変になったてなことです。スローでカーブを曲がる際、エンストすればこけちゃいます。冷や冷やものです。皆から言われました「松つあん!。月一は乗ってあげないと、こんな風になるんだよ」と。おいら勘違いして「もうここ10年間乗っていません」と、応える。
そんなことで、総工程500qを事故に遭うこともなく帰り着きましたが、愛車ハーレーは、明日から入院です。
   愛車には 忙しくとも 跨(またが)って 臍(へそ)曲げぬよう 日々可愛がり




posted by 松つあん at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180948363

この記事へのトラックバック