2017年09月06日

驚愕!食欲の秋

夏場の草刈りでは、水分の摂り過ぎで、胃液が薄くなり、食欲がなかった。
しかし、最近においては、涼しい日が続いていることから、草刈りに持参するお茶は、500tもあれば十分である。てなことで、食欲も出てきた昨今です。
勿論、キジ達も食欲旺盛になってきた。夏場よりも三割増しです。
昨日にキジの餌(720s)を持って来てくれる約束だったが、餌屋さんの都合で、本日納品となった。
丸一日、餌を切らしたことになる。
その餌を軽トラで運び、キジ小屋に入る、
各大部屋の彼方此方でキジが死んでいる。ゲッ!イタチの侵入か・・・。
よくよく死体を見ると、尻から内臓を取られている。これはイタチのせいでなく、キジがキジを喰らっていたのである。空腹に堪えきれず、大々的な共喰いが行われたてなことです。
死んだキジの数34羽。その他に傷ついたキジは無数である。
DSCN1003 鋭い嘴.jpg
この鋭い嘴で、強く突かれたら、ひとたまりもない。
死んだキジは畑に土葬。傷ついたキジ達は、別の駆け込み寺へ送り込むんだが、それらを捜すのに一苦労。見過ごしたキジは、明日は死んでいることだろう。
キジ達の食欲が増してくるのは歓迎だが、たった一日でも餌を切らすと、えらいことになっちゃいます。
   共喰いで 身内の味に 魅了する
 あな恐ろしや・恐ろしや
posted by 松つあん at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180909187

この記事へのトラックバック