2017年08月25日

一線を超えると、あの世行き

疲れが溜まったことから、身体を温存して4日目。
本日は曇天。草刈りには絶好の日和である。身体は、未だ早いと言うんだが、心が許しません。
てなことで、水筒やら替え刃などを準備していると、携帯がおいらを呼ぶ。
仕事大好きだった商工会の重鎮が、急逝されたとのこと。宴の翌朝に冷たくなっていたらしい。御年67歳。
P1110290.JPG献花.jpg
「松つあんも、無理しちゃ駄目だよ。人それぞれなんだが、体力の限界と言う一線を超えたら、あの世行きだよ」と、友人曰く。
そ〜う言えば、身体が未だ早いと訴えてるてなことは、この辺が一線てなことであろう・・・。
そう言うことで、本日は軽い運動ともいえる、田んぼの畔の草刈りをすることにした。ま〜あ、これは来週に向けての準備体操です。
「一線を超える」で思い出した。今井とか言う女性国会議員と神戸?市会議員の不倫騒動のニュース。バカみたいな話なんだが、アナウンサーが「一線を超えたんですか?」と、本人にインタビュー。本人はモゴモゴ。おいらだったら「ああ、一戦を交えました」と、堂々と言っちゃいます。
そんなことをブツブツ言っていると「おとうさん!。ポックリ逝かれたら、財産のことなど、な〜んにも知りませんから、ちゃんと判るように記録しておいて下さいよっ」と女房、新聞読みながら曰く。
その言葉、一線を超えてますよっ。
   死の淵を 超すに超されぬ 未練あり
posted by 松つあん at 21:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
今晩は!あぁ〜夏バテでしょうか?
無理はいかんよ!奥様も大事にね・・・以前伺った時腰が痛そうだった?

仕事は遊び・・・楽しんでお仕事されてください
お互いに自分だけが若いと思っているんですよ(笑)
Posted by ゆり at 2017年08月26日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180779677

この記事へのトラックバック