2017年07月27日

アニマルウェルフェア

晩酌を済ませ、横になりテレビを見る。所ジョージの食卓に肉革命(NHK)をである。
「アニマルウェルフェア」と言う言葉が出てきた。直訳すれば、動物福祉とのこと。人間が動物に対して与える痛みやストレスを、最小限に抑える飼育をすることで、動物の心理学的幸福を願うことらしい。
ま〜あ、家畜類が自由に行動できる、つまり家畜の尊厳を大切にするてなことでしょうか。
ヨーロッパでは、すでにアニマルウェルフェアを採用しているとのこと。その一例として、牛肉が紹介された。
こうして飼育された牛肉は、PH値が低いことから、糖分・グリコーゲンの消耗がよく、肉汁が閉じ込められ、たまらなく美味しいらしい。
で〜つ、「このアニマルウェルフェアを、日本でも採用しているところがある」と。
DSCN0669 放牧.jpg
熊本県阿蘇は産山村で飼育する「赤牛」のことである。
草原に赤牛を放牧(一町の広さに一頭)することにより、ストレスを与えない等を説明をしているのは、「レストラン・山の里」経営をしている次男坊ではないか。
ヒェーッ、全国放送で次男坊が…。
早速、電話する「全国放送だから、明日から予約電話が殺到するから、できる限りの準備を」と、アドバイス。
「ウン、テレビ局からも同じことを言われたよ」と、次男坊曰く。
さ〜てさて、我が家のキジのアニマルウェルフェアは如何に・・・。
   キジは一夫多妻 相手の身になること 無理難題
posted by 松つあん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180469913

この記事へのトラックバック