2017年07月09日

一日中、汗かきどおし

朝から雨。
今日は、米作りをしている者・水利権のある者達で、井出周辺の草刈り作業となる。
カッパ姿は、おいらだけ。
汗が噴き出てくる。カッパが保温の役目をしているため、暑くて仕方ない。
「松つあん!。汗で濡れるより、雨に濡れた方が気持ちいいよ。カッパは作業員ではなく、監督が着るもんだよ」と、周りから言われる。な〜るほど。
途中、雷雨になるも、誰一人として、避難する者はいない。出臍(でべそ)のおいら、雷様大嫌い、臍取られちゃうからね。
正午の合図で、か・ん・ば〜い!。
シャワーを浴びて、一服する。
小部屋のキジ達を大部屋に移動することにした。
DSCN0604 新居.jpg
消毒を済ませていた大部屋。餌箱に餌を(20s)入れること12個、雛用と中雛用を混ぜ合わせてである。5gの水を入れた容器15個を準備する。
昨日購入した網が活躍するが、一網ですくうキジの数は約7羽。1200羽÷7羽=171回の計算になる。しかも、逃げ回るキジ達をすくうんだから、時間がかかることこの上ない。作業服は、雨に打たれたように汗でじっくり。
周囲が暗くなっちまった。
約400羽残して、本日はハイこれまで〜っ。
理想からすれば、雛の移動は午前中なんだが、気の短いおいら・明日まで待てないてなことです。
   汗に濡れ 田舎暮らしに 濡れ場なし
posted by 松つあん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180294235

この記事へのトラックバック