2017年07月05日

こちらは小雨が降ったり止んだり、お隣は大雨特別警報

おいらの家から車で山越えすること一時間半、福岡県朝倉市やら大分県日田市に辿り着く。
その朝倉市周辺と日田市では大雨が続き、大雨特別警報(初めて耳にする)が発出されている。
DSCN0590 洪水.jpg
おいらん所は、朝から小雨が降ったり止んだり。
多分、県境の山が雨雲を止めたんであろう…。
日田市に住む宮ちゃんに電話した。区長を仰せつかっていることから、避難誘導などで忙しいのを承知の上で。
携帯は電源OFとなっていた。責任感が強いことから、被害状況の確認などしていて、巻き込まれたのではと心配である。
30分後に電話あり。
「ようやく住民の方々の避難が終わったところだ。近くにある小川の氾濫の心配はないが、土手崩れが発生している。周りが暗くなったことから、夜が明けるまで動けない」とのこと。
とは言いつつ、住民の避難は一ヵ所ではなく、数か所のハズ。誰が何処に避難したのかの把握やら、食料やら毛布などの配布、翌日からは被害状況の把握等々、想像するだけでゾ〜ッとする。
この雨雲が県境の南側を通っていたら、逆に宮ちゃんから見舞いの電話があったに違いない。これって他人事ではありません。
   山ひとつ かたや豪雨 こなた小雨 自然の悪戯 いかんせん
posted by 松つあん at 21:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
豪雨心配してました。
雉たちは無事なのですね!
田んぼも田植したばかりでしょう。
よかった!
Posted by 幸 at 2017年07月06日 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180256528

この記事へのトラックバック