2017年06月18日

田植えの日は、父の日だった

さ〜ぁ、田植えだ〜ぁ。
本日一日で終わらないと思っていた。しかし、田植え機が2台準備され、これまでとは進み具合が二倍速となる。
DSCN0481 田植え.jpg
田植えは順調に進み、午後3時半には終わる。但し、今年は品種の違う米作りがあるため、約4反(1200坪)については、別の日に田植えすることになる。
待ちに待った打ち上げは、明ちゃん宅で。奥様の手料理を肴にである。
キジの餌・水の補給のため、早めに席を立たせてもらう。
風呂から上がると、小包が届いた。長男坊(横浜在住)の嫁からである。アッそ〜か、本日は父の日だったんだ〜ぁ。
DSCN0484 スパイク.jpg
スパイク付の長靴であった。早速、お礼の電話をする。
「長靴ありがとう。何で長靴に目を付けたの?」と、問えば。
「帰省した際、玄関の靴箱を整理整頓していたところ、ボロボロの長靴があったんで”お父さん、この長靴捨てちゃいましょうか”と、言ったところ、”スパイク付の長靴は、土手の草刈りの際の命綱、未だ捨てるわけにはいかない”と仰ったのを、憶えていたんです」と、嫁曰く。
嫁殿の、目の付け所が気に入りました。
続けざま、次男坊(阿蘇は産山村)から、父の日のお祝いコール。久し振りに、嫁・三人の孫たちとの会話ができました。
てなことで、田植えの疲れも吹き飛びました。
   田植え時期 父の日祝い 疲れ飛ぶ

posted by 松つあん at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180083961

この記事へのトラックバック