2017年05月20日

こんな所にも新たな命

キジの雛がドンドコ生まれ、その対応に追われる毎日なんだが、そんなことに関係なく、雑草がドンドコ伸びている。そのまんまにしていたら、梅の木やら柿の木やら柚子の木を、雑草が覆い被さる格好となり、収穫が極端に少なくなるんである。
全ての雑草を、老人であるおいら一人で刈ることは無理。と言うか、体力の限界を超えることから、樹木の幹周辺を刈ることにした。
取り敢えず、本日は合間を見つけて、梅の木(15本)から始める。
DSCN0347 自然界の卵.jpg
梅の木の枝の根っこに、鳥の巣がある、卵が6個。大きさからして小鳥ではなかろうか。
こんな所で新たな命が誕生するのか〜ぁ。
カラスやら蛇に殺られなければいいんだが・・・。
てなことで、きじの世話があることから、本日の草刈りは、3時間で終わることにした。
   自然界 新たな命 鼓動する
    

posted by 松つあん at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179800261

この記事へのトラックバック