2017年05月15日

花と蝶

「この花は、ヒゴタイと言って、産山村の村花です」と、次男坊の嫁から貰っていたヒゴタイの花が、庭の彼方此方に咲いている。淡い瑠璃色の花は、日本の伝統色に感ずる。
DSCN0328ひごたいと蝶.jpg
ヒゴタイに群がる蝶。
   花が咲くとき 蝶が飛ぶ 
     蝶が死ぬとき 花が散る 
   春を競って艶やかに 
     どちらもどちらも 命を賭けて
川内康範作詞「花と蝶」
posted by 松つあん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179752822

この記事へのトラックバック