2017年04月16日

ここはグッと我慢(バイクの買い替え)

一ヶ月前に、ハーレーダビットソンジャパン株式会社から、ラブレターが届いていた。
4月15日〜16日に、大牟田イオンモールにおいて、ハーレーの展示・試乗会を催す旨の案内状である。
おいらのバイク(ハーレーFAL・1400t・重量430s)は、25年もの古い奴である。エンジン等の調子は抜群であるが、なにせ重たいことから、チョイ乗りすることはない。しかし、走り出したら安定感・爆発音・振動は十二分に納得、コーナーリングのスリルも申し分ない。
最近、歳を取り過ぎた(70歳)ことから、体力が弱り、軽量のハーレーに乗ってはどうかと思い、展示・試乗会に行ってきた。
DSCN0166 ハーレー.jpg
XL883Nてなバイク(スポーツタイプ・883t・重量247kg)が目に入った。カスタム車です。試乗車ではなく、展示物のため、跨ったおいらを、パチリしてもらいました。
このバイクでのコーナーリングは、前傾姿勢でのライディングポジション。リーンイン、アウトインアウト、スローイン・ファーストアウト等を想像すると、心がワクワクで20〜30歳も若返ります。
聞けば、価格が157万円とのこと。ついでに、おいらのバイクの下取り価格が30万円とのこと。
二台持っても勿体ないし、長年付き合ったバイクを手放すのも可哀想だし…。
ま〜あ、ここはグッと我慢しなくっちゃあ。とは言いつつ、夢を捨てたらアカン・アキマへンで〜っ。
   跨りて 人馬一体 若返る
posted by 松つあん at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179458715

この記事へのトラックバック