2017年03月19日

出来ちゃった婚ではありませぬ

大阪の甥っ子の娘が結婚式を挙げることから、金曜日から大阪に行ってきた。実に16年振りである。
熊本発大阪行きの飛行機は・・・。
P1020992 プロペラ.jpg
懐かしいプロペラ機、所要時間は1時間であった。
昔の仲間と呑む約束まで時間があったため、懐かしいところを3時間かけて散策。
P1020995 淀屋橋.jpg
職場の淀屋橋界隈は、昔と変わらなかった。北新地の行きつけのお店は、全て看板が変っていた。梅田の丸ビル界隈も昔とは一変していた。時の流れを感じます。
約束の6時から、昔の仲間と呑む。当時のことを思い浮かべながら呑む酒は格別である。
いよいよ結婚式です。
P1030026 バラをばら撒き.jpg
友人知人たちから、バラの花で祝福される新郎新婦。
P1030030噴水.jpg
二人の愛の表現は、噴水のようです。
P1030036 赤ちゃんと.jpg
実は、姉さん女房で、6ヶ月になる赤ちゃんも式に参加しました。出来ちゃった婚ではなく、計算上こうなっちまったそうな。二人が出会った際、新郎は五臓六腑が響いたそうな。おいらには想像できない強い愛なんだろう・・・。新婦の方は、晩婚のため「待てば海路の日和あり」が当たりかな〜ぁぁぁ。
新郎は、IT企業の営業マンで、誰もが嫌がる「飛込営業」が得意らしく、結婚式前日、朝から夕刻まで営業。その夜は、報告書の作成・・・。
てなことで、新郎の上司の挨拶によれば、営業成績は常にトップだって。別名スーパーマンと綽名(あだな)されているそうな。
「オイオイ、仕事も大事なんだが、式前日(土曜日)くらい、休めよっ」と、おいら言っちゃいました。
新郎に「あんた、お酒強いかい」と問えば、「弱くはないです」との返事。これって、「儲かってまっか・・・ボチボチでっせ」てな風な、大阪の返し言葉なんだろうか。
新郎は、吉本興業の「横山やすし」と元・衆議院議員「横粂勝仁」を足して二で割った感じである。チョイと小柄なんだが根性・度胸・頭の回転は抜群。山椒は小粒でピリリと辛い、将来が楽しみである。
P1030038 おいらも.jpg
この赤ちゃん、おいらとの間柄は曾孫「正式には、曾姪孫(そうてっそん)」にあたります。ついでに、おいらも間に入ってパチリ。
美酒に酔ったことはもちろんです。
帰りの飛行機はジェット機でした。所要時間は1時間。あれ〜っ、プロペラとジェット同じ時間ではないか??・・・。
   式の日に 未来の赤子 お披露目す
 
posted by 松つあん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179143736

この記事へのトラックバック