2017年02月14日

開店祝いにコンテナ贈呈

次男坊が経営する「山の里(阿蘇は産山村)」。考え抜いた末、熊本市白山通りで、二号店を開くことになった。明日が開店日である。
おいら、お祝い何にしようかと尋ぬれば、冷凍庫(広さ四畳半)で使用するコンテナが不足しているとのこと。そいでは、コンテナをプレゼントとなる。菊池市内でコンテナ(農家の収穫物を入れる箱)を27個購入し、そのまんま熊本市内に軽トラを走らせる。
P1020865コンテナ.jpg
明日が開店日の店内には、胡蝶蘭が沢山飾ってあった。
オーナー曰く「お父さん!。胡蝶蘭には寿命がありますが、コンテナに寿命はありません。永遠の贈り物です。ありがとうございます」と。
な〜るほど、贈り物を頂いた際のお礼の言葉、おいら気に入りました。
ま〜あしかし、開店祝いにコンテナとは、色気がありませんな〜ぁぁぁ。
   コンテナを 開店祝い 色気なし
 
posted by 松つあん at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178769337

この記事へのトラックバック