2017年01月11日

初の開店日に、お土産タップリ

新年を迎えて、本日初の営業日となる。
お客さまは、山鹿市の日本蜜蜂のプロの方。
「松つあん!。これ、お土産だよっ」と差し出されたものは・・・。
P1020695巣箱.jpg
日本蜜蜂の巣箱である。これまでの巣箱より、チョイ小さめにしたとのこと。この方が、丹念に蜜を収集できるそうな。
P1020697蜜ろう.jpg
その他に、自作の蜜蠟(みつろう)とホホバオイル。
蜜蠟とホホバオイル混合は、肌の保湿力やら抗炎症作用があることから、肌の若返りに良いと聞き及ぶ。
おいら、三月で満の70歳になるんだが、こいつを肌やら手やら唇に塗ったら、若い子たちが、キャーキャー騒ぐこと間違いなし。ま〜あ、魔法の若返り薬てなものです。女房の奴、ヒヤヒヤものと思いきや「わたくちも使っちゃおう、かな〜ぁ」と、のたわれました。
ま〜あ、老夫婦が、急に色ばんだりしたら、村の若い衆から笑われ者になっちまうんでは・・・。
   持て過ぎて 頬をつまんで 夢覚める
 江戸時代の「雨月物語」の主人公になっちまいました。もてるって怖いですねっ。
posted by 松つあん at 20:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
先日は素晴らしいキジのすき焼き、有難うございました。家内ともども幸せな気分になりました。松田さんご夫婦の温かいおもてなしに感謝です。これからもよろしくお願いします。
Posted by 江藤聡一郎 at 2017年01月12日 14:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178369109

この記事へのトラックバック