2016年12月21日

尾張名古屋は城で持つ

本日のお客さま、遠くは名古屋市から。
熊本震災応援のため、熊本各地の温泉に浸かったり・美味しいものを食べ歩いているそうな。ま〜あ「熊本にお金を落として応援」てなことです。
「名古屋の景気は如何ですか?。大村知事と河村市長は気が合う仲間に見えますが・・・」と問う。
「知事と市長は名コンビなんですが、名古屋市民は内弁慶で、なかなか事(新ビジネス)が上手い具合に運ばないようです」とお応えになる。
「名古屋と言えば、尾張・紀州・水戸、徳川の御三家ではありませんか。それに、名古屋城は日本の三名城のひとつではありませんか(残りふたつは、大阪・熊本城)。血筋と言い・構えといい、申し分ないのにな〜ぁ」と、ヨイショした。
「そうなんですよね〜っ。尾張名古屋は城で持つと言うんですが、諺通りにいかないのが、世の常でしょうか」と、仰る。
P1020582きんかん.jpg
歴史に弱い女房、窓越しにキンカンを4〜5個もぎって「お客さま〜ぁ、デザートに、取りたての”キンカン”をどうぞ」と。
お客さま「あぁぁ、昔懐かし味がします」と、ニッコリして曰く。
「これから菊池の温泉に浸かって、熊本市内で泊まる予定です」と、言いながら一日貸し切りのタクシーに乗られる。
おいら手を振りながら「お客さま〜ぁ、熊本をタップリ楽しんでくださいね!」と、お送りしました。
   商売に 葵の紋が 邪魔になる
   
posted by 松つあん at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178120594

この記事へのトラックバック