2016年09月30日

人を磨く・地域を磨く

菊池発7時30分、貸し切りバス2台で人吉市に行く。
「熊本県公民館大会」に参加するためである。
この大会、公民館活動を通じ、人が地域をつくり・地域が人を育む社会を目指そうてなことで、事例発表2件、坊さん二人の漫才と講話があった。
P1010972人吉大会.jpg
事例発表では、公民館活動をここまでやるのか、その努力に感服す。活動を継続していくことで「民は、そうだ、公民館に行こう」てなことになるそうな。頷ける。
で〜つ、坊さんの講話「松下幸之助・母さんの足の裏」に観衆は涙する。
最後に「人を磨く・地域を磨く」を合言葉に解散となる。
おいら、思いました。汚れた心の持ち主が、人様を磨くことができるんであろうか。その前に自分を磨かなくちゃぁ。老い先短いおいらには、チョイと難題だよっ。
   磨くほど 黒が益々 光出す
   

posted by 松つあん at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177088411

この記事へのトラックバック