2016年09月21日

田舎の香水

本日のお昼のお客さま、北九州から家族連れ。
P1010953トヨタ.jpg
トヨタのFAクルーザー(4000cc・ガソリン・リッター7q)で乗り入れられました。
ずうたいと言い、ガソリンをガッポガッポはアメ車並みです。
で〜つ、実は、お店のトイレが満杯になったことから、本日の9時頃に汲み取りに来てもらったんです。
P1010939衛生者.jpg
チョイとではなく、随分と臭います。この臭い、来客時に消えるのかな〜ぁ・・・。お客さまに黙っておこうかな・・・。
ところが、お客さまの中に三歳児の女の子あり。
子供は正直なんだから「ママ〜、ここのお店はウンチの臭いがする〜」てなこと言われたら、示しがつかないと考え「先ほど、トイレが満杯になり、汲み取ってもらいました。つきましては、若干の田舎の香水が漂いますが、ご了承下さい」と、先手を打ちました。
「ハッ・ハッ・ハ、人間、口に入れたら出さなくてはなりません。田舎の香水も懐かしいです」と、心の大きいお客さまでした。
その昔、農家の方が、大江戸に糞尿をもらいに行っては、その御礼に野菜なんぞを差し上げていたそうな。で〜つ、その糞尿は、持ち帰って、野菜などに肥しとして撒いていたとのこと。ま〜あ、今で言う自然のリサイクルてなことです。理に適ってますね。
そう言えば、近頃、ドイツの企業がアメリカのモンサント社(農業化学品を世界制覇している企業、遺伝子組み換え種子で潤ってる企業です。TPPにも深い関係ありです)を買収したそうな、さ〜あて、ドイツ企業の思惑は如何に。な〜んだか臭いますねっ。
   化学より 自然の肥料 見直そう

余談ですが、昨日、安倍総理がアメリカを訪れて、大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントンと会談し、TPP協定の早期実現を迫ったとのこと。これに対しクリントは「私はTPPに絶対に反対です」と釘を刺されたらしい。
先の総選挙の公約で「TPP断固反対」と声を大にしていたのは、何処の誰だったんだろう・・・。安倍さんも、自分が放つ田舎の香水の匂いも、判らなくなっちまったんだろうか。ま〜あ、味噌も糞も一緒てなことです。
それは横に置いといて、トランプ氏は「俺に挨拶(相談)はないのか」と、鼻息を荒くしているのでは。外務省さん、これって片手落ちですよっ。しっかりしてよね、お願いだから。
posted by 松つあん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176969699

この記事へのトラックバック