2016年09月14日

天草へ研修旅行

食品衛生協会主催の「研修旅行(天草)」に参加してきた。食品製造業の衛生管理を学ぼうてなことで、総勢28名・一泊二日でである。おいら、睡眠不足であったため、大型バスの後部に座る。
先ずは、宇土半島にある「松合食品」を見学。靴底の消毒・網目のキャップを被り、工場に入る。
ここは、醤油・味噌・酢の製造を主としている。ここの拘りは、安全な食を求めて、原料となる大豆は阿蘇の波野村・麦は菊池市の有機無農薬で栽培したものを使用。また、塩は天日製塩を使用し、塩分控えめで、無添加とのこと。
P1010888醤油説明.jpg
醤油ができるまでの過程を聞き入るメンバー。
P1010890味噌の製造.jpg
味噌の製造の場面。殆どがオート化である。
醤油・味噌・酢ともども種類は多彩。おいら、ニンニク味噌を購入。
P1010894バスで乾杯.jpg
松合食品を出たところで、後部座席4脚をグルリと回し、昼食前の宴会となる。おいらは、アルコールが入ると顔が赤くなるため、清酒をコップ半分で止める。
昼食を済ませ、天草オリーブ園へ(天草市五和町)。生産(一次産業)・加工(二次産業)・販売(三次産業)=六次産業の勉強てなことである。
P1010900オリーブ.jpg
ここには、2万uに10種類のオリーブの木を1300本植えてある。
P1010898オリーブ説明.jpg
オリーブについての基礎的な説明会。
おいら、気になったことがある。
ひとつは、九電工(九州電力のグループ会社)と天草市がタイアップしてスタート(2010年ごろ?)。市は協力栽培農家への補助金(2億円弱?)を投じたと記憶している。で〜つ、現在、市は撤退しているそうな。選挙で市長が変わったからなんだろうか・・・。な〜んだか後味が悪いねっ。
ふたつ目は、オリーブ園に雑草が見当たらない。聞けば、除草剤を撒いているとのこと。う〜む、感心しないおいらです。
お泊りのホテルに着いて、「海鮮問屋」てな料理屋で懇親会となる。地元の食品衛生協会のお偉いさんも見えました。初めて食べるバリの刺身は最高です。
翌朝は、本渡市内にある「松下蒲鉾店」へ。
店主は三代目(80年の歴史)で、蒲鉾と天ぷらが主流である。蒲鉾の部門で天皇賞を受賞したそうな。
ここでも靴底の消毒・網目のキャップを被り、工場に入る。
P1010903天ぷら製造.jpg
P1010906その2.jpg
効率化を考えて、殆どがオート化されている。
で〜つ、おいら驚いちゃった。お店においらの「キジのパンフ」を置いてあるではないか。
P1010909パンレット.jpg
奥さまに聞いてみた。「おほほほ、憶えてませんか?」と笑顔で曰く。
おいら冷や汗かきながら商品を見て回る。
アッ思い出しました。5〜6年前、天草の方々(俳句会のメンバー)がお見えになったことを・・・。
おいらバツが悪くなり、「俳句になりませんが、松の下 潮の香りの 蒲鉾屋」と奥さまに声掛けました。
奥さま、ニコニコ顔で「思い出してくれましたか」と。
ま〜あ、思い出してよかった〜ぁぁぁ、おいら、胸をなでおろす。
今回の研修旅行のメンバーは、食品衛生協会の重鎮たちである。バス内での会話やら懇親会で、新たな友ができました。見えない土産に満足の二日間でした。
   その仕草 板についてる 蒲鉾屋
    







posted by 松つあん at 23:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
松下蒲鉾店の奥様は
私の大事な俳句結社のお友達ですよ〜〜

忘れないでくださいね!
Posted by 乙女座 at 2016年09月15日 20:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176879462

この記事へのトラックバック