2016年03月15日

お袋の遺言?

施設にお世話になっているお袋(満100歳)から電話あり。
「お前に話しておきたいことがあるから、パソコンを持って来い」と。
仕事の合間を縫って、行ってきた。
話の内容は、相当昔のことであった。
P1000735お袋.jpg
お袋の先祖のこと、家宝(刀)のこと、女学校卒業して看護婦になったこと(その経緯・恵楓園での実習・長崎原爆の看護など)、お世話になった大牟田市の友人のことなどであった。
一時間に渡る想い出し・想い出しの話で、お袋疲れたらしく、15分間の休憩。
タバコを二本吸って、聞き取った内容の不明な部分の確認をする。
全体的に、薄っすらとは聞き及んでいたが、詳しく知ると、お袋の人生の流れが判ってきた気がする。
ひょいとしたら、遺言?であろうか・・・。
    百年の 波乱万丈 悔いはなし

 

posted by 松つあん at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174489660

この記事へのトラックバック