2016年03月04日

山林の道づくり

真竹山の開墾が終了したことから、ユンボで道づくり・苗木を植える際の穴掘りをしてもらている。
真竹の根は浅いと思っていたんだが、どうしてどうして。
P1000555ユンボ.jpg
彼方此方に根鞭(ねぶち)が張り巡らしているではないか。
根鞭を掘りあげる際、ユンボが大きく傾く。
この根鞭を見ていると、小中学生の頃を思い出す。
悪いことをして、先生から根鞭で打たれ、背中がミミズ腫れしていたのを。現在では考えられないことだよっ。
オッと、開墾した後に、何を植えるか?って。
いろいろ考え抜いた末、渋柿を植えることにしました。150〜200本程度です。渋い男が、渋い奴を植える・・・様になりますね〜っ。
桃栗三年・柿八年と言う。八年後、おいらは喜寿、この世に存在しているんでしょうや・・・。
   柿の実や 神のみぞ知る 八年後
(それでいいんです・納得なんです)

posted by 松つあん at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174331268

この記事へのトラックバック