2016年02月29日

準備作業に、体力・財力を奪われる

三年前、真竹山(1400坪・元は桑の四段畑)の開墾を手掛けた。
一万本はあろう竹(地上40cm)に穴をあけ、除草剤(2t)を注入し、ビニールテープで2〜3回グルグルと巻いた(雨水が入らぬように・どの竹に注入したのか判るように)。大変な作業であるため、シルバーセンターの支援をもらってであった。
それから二年後、約八割の竹が根っこから枯れたため、プロのチェンソーマン(二人)に応援を頼み、切り倒しては燃やし・切り倒しては燃やしていった。
P1030558開梱.jpg
P1030568燃やす.jpg
こんな具合にやったんです。
約三カ月で竹で覆われていた山は、イガグリ頭になった。
その年の春から、雑草やら生き残った真竹たちが、ニョキニョキと顔を出す。その都度、草刈り機で切っていく。その作業は秋まで続いた。
三年目の今年となれば、除草剤の効能も消え去ったであろう・・・、三月中旬までに果樹を植える算段である。
その前に、ユンボで軽トラ用の道路造りと、竹の根を掘り出す作業がある。オッと、植え込む所の穴掘りもある。今週の金曜から、三日間かけて造ってもらう契約をした。
ユンボマン曰く「松つあん、枯れた雑草やら竹の葉は燃やしたがいいんじゃ」と。
てなことで、草刈り機で枯れた雑草を切り、葉っぱもかき集め、燃やしていった。
P1000535燃やす.jpg
簡単な作業のようだが、延焼が怖いことから、上の段の風下からボツボツと。三日間もかかりました。
P1000545ちぇんそー.jpg
オッと、真竹山の中に一本の大きな杉の木(60年もの)を倒していたんだが、おおかた乾燥している模様。こいつでテーブル・椅子を造る予定である。
おいらが持っているチェンソーは小さくて、到底切ることはできっこない。
これまた、チェンソーマンの幸山君にお願いした。
てなことで、開墾から苗の植え付け準備まで、三年間も歳月を費やしたことになる。準備作業に体力はもとより・財布までもが弱ってしまいました。
   身体金 本番前に 衰退す
   




posted by 松つあん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174263490

この記事へのトラックバック