2015年12月28日

豚舎のチェック

昨年の春、おいらが住んでいる所から東へ約15qの山地(標高500m)に、大規模の豚舎を建設する旨の説明会があった。最新のバイオべットと称する飼育方法とのことであった。
豚独特の異臭・地下水の枯渇・汚泥水の問題が発生するんではとの意見多々あり。
二回目の説明会で、該当地域と飼育経営者間で協定書を結び、建設を了とするとなった。
その協定書のひとつに「年一回、現場視察をする」とある。
てなことで、区長(8名)で現場に赴く。
P1000022.JPG豚.jpg
15m×40mの豚舎が10棟あった。見ると木造である。
「アレッ!鉄骨ではないんですか。木造は結構な値段がしたでしょう」と問う。
「鉄骨はアンモニアに弱く、錆びるんです。木造の方が高くつきますが、長い目で見れば、安いんです」と返ってきた。
とは言っても1棟当たり1500万円らしい・・・。
1棟に約400頭の豚を飼育しているとのこと。つ〜うことは、4000頭の豚がいるてなことです。
P1000023.JPG運搬車.jpg
大型のローダーで、おが屑を運んでいる。
いろいろチェックしたんだが、真新しい豚舎、現在のところ不審な点はない。
しか〜し、5年後・10年後には老朽化による、異臭・地下水の枯渇・汚泥水の問題が起こる可能性もあるんではなかろうか・・・。
    豚曰く ブウブウ言うな 綺麗だろう


追伸 まだ若いお笑い芸人が、女子高生の制服を盗んだとして、逮捕されたとのこと。「バッカだな〜ぁ、お前は。逮捕されないためのノウハウを、パンティ大臣に何故聞かなかったのかい」と言ってあげたいねっ。
posted by 松つあん at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170791178

この記事へのトラックバック