2015年12月15日

あぁ無常

前にも書いたんだが、テレビニュース(特にNHK・フジ系列・読売系列)・新聞(産経・読売)は、あまり見ないことにしている。
戦前の大本営発表のように感じ、洗脳されるのが嫌だからである。事実を淡々と述べているのであれば結構なんだが、体制に迎合するジャーナリストって糞喰らえです。ネットで外国から見た日本の出来事を見た方が、現状把握ができるように思う。その方が、日本の常識と世界の常識の違いが判りまっせ。
だがしかし、おいら、地方新聞を購読しているんだが、熊本県内の出来事とお悔やみ欄は、必ず目を通すことにしている。
で〜つ、お悔やみ欄に、おいらの後輩の名が載っていた。住所・年齢からして間違いないと思った。
32年前のサラリーマン時代の後輩である。
有名大学を卒業して入社した、真面目なスポーツマン少年であった。
当時、おいら、尿路結石を患い、気絶するような痛みがくると、ベルトにぶら下げていたタオルを咥え、生汗をかきながら我慢していた。その時、後輩はおいらを抱きかかえ、保健室に連れてってもらった経験多々あり。
また、頭の切れたその後輩が、ボンクラ先輩のおいらを、手となり足となり、フォローしてくれた。
昔の御礼も含め、後輩の実家(熊本県は玉名市)にお悔やみに行ってきた。
なかなか実家が判らず、通りすがりのお婆さんに聞いた「陵ちゃん家は、どちらでしょう」と。
「すぐそこですよっ。わたくし、陵の母親です」には、ビックリ。
P1110290.JPG献花.jpg
お参りを終え、奥さまから亡くなるまでの経緯をお聞きした。
未だ現役だったんだが、定期健診で直腸癌の疑いありと診断され、専門の病院に行ったところ、肺・胃に転移して、余命二年と告げられたとのこと。本人は、そのことを淡々と受け入れ、身の回りの整理をしたとのこと。
「来年が定年、子供たちも社会人になったし、第二の人生の夢を語り合っていたんですが、このようなことになり残念です。松つあんのお話も沢山聞かされましたよっ」と奥さま曰く。
おいら、胸がキューン・・・。
   (逝くのは)歳の順 これが狂うと 泣けてくる
posted by 松つあん at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169967266

この記事へのトラックバック