2015年10月29日

フラン機が故障

キジの卵を孵化する機械(フラン機)が故障した。
昭和55年もので、彼方此方にガタがきている。修理代は半端ではないと思う。
新品を買うとなれば200万円程度。とても懐が許してくれない。
ふと思い出した。
2年前に、大分県は竹田市の方が、高齢(おいらより2歳先輩)のため、キジの飼育を廃業されたのを。
電話で問い合わせたところ、廃品回収業者のことろで眠っているとのことであった。
早速、車を飛ばし見に行ってきた。
足の置場もないくらいに、色々な物が無造作に置かれている。一番奥にフラン機があった。
P1050751.JPGフラン機.jpg
この機械、おいらのよりも、やや小さめである。
年式も古く、動くかどうかも確認できない。
値段を聞けば、チョイト吹っ掛けられた感じである。
持ち帰って、修理するとなれば・・・、ここは慌てず、保留することにした(フラン機の利用は春のみ)。
ま〜あ、なんと言いましょうか、おいらもフラン機も墓場行き寸前てなことでしょうか。
   フラン機も 動かす奴も 墓場行き


posted by 松つあん at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166693187

この記事へのトラックバック