2017年08月23日

歯科衛生士は晩婚?

「年取ると、疲れは二日後に出る」の諺どおり、一昨日の疲れ(痛み)が増してきた。
てなことで、本日は無理はしません。
アッそ〜ぅだ。歯のメンテに行こう、一年半もご無沙汰していたからな〜ぁ。
夕刻のキジの水補給を考慮し、15時に予約を入れた。
診療台に登ると、美人歯科衛生士さんからエプロンをかけられる。続けて目隠しのタオル。
「このタオルは、歯のチェックやら歯石を取る際に、顔と顔が引っ付き過ぎたり・目と目が合ったりで、患者さんに変な(恋心)思いをさせないためなんでしょうか?」と問う。
鳥ちゃん先生曰く「松つあんの下ネタが、また始まった。そのタオル、治療する際に液やら歯石などが飛んで、目に入らないようにですよ」と。
おいら、くちをア〜ンと開けて治療を待つ。
衛生士さん「松つあん、未だ口は閉じたままでいいですよっ」と。
「大の男が、口をア〜ンしいてる姿を見ると、間抜け男に見えるでしょう。職業柄、何時もこんな姿見ているから男はバカに見え、婚期が遅れるんですよ」と、応じる。
鳥ちゃん先生「当たらずとも遠からずですねっ」と、曰く。
これって職業病でしょうか・・・。
   診療台 ア〜ンと口開け アホに見え

posted by 松つあん at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記