2017年08月04日

夕焼け、台風を暗示

気象庁によると、台風5号は、現在奄美大島の東北東160qの海上にあり、中心気圧960hPa、最大風速40mだそうな。ゆっくりと北西に進んでいることから、おいらの所は、月曜日に暴れまくることであろう。
台風に備え、キジ小屋周辺の整理整頓をする。
柿の苗(3年物150本)に雑草が覆い被っている。雑草を刈った方が、風圧の影響が少ないと思い、エンジン全開。
午後7時に半分残し自宅へ。
DSCN0693 夕焼け.jpg
何時もの夕焼けとは違う色をしている。不気味だな〜ぁ。台風襲来の暗示であろう。
   台風は 地球呼吸の 乱れかな
posted by 松つあん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月03日

猪・鹿・蝶の被害

高校時代、周囲から「刎頚の友」と言われた杉山が(群馬在住)、今年も熊本市内に帰省してきた。
そのことを聞きつけた、県警で警視正まで登りつめたシロウもやって来た。
DSCN0689 森伊蔵.jpg
おいら、キジのすき焼きを持ち込む。
群馬の杉山は「松つあんの好物、鹿児島産の森伊蔵(焼酎)だよっ。お土産だ」と。
シロウは、おいらと同じく、退職後に阿蘇(3000坪)にて、田舎暮らしをしている。ブルーベリーと手作りのオカリナのお土産。果樹は勿論、いろんな野菜も栽培しているんだが、花札ではないが、猪鹿蝶や猿の被害が凄いとのこと。
お互いが70歳となり、お話は避けて通れぬ「人生のエンディング」についてである。
ま〜あ、平均寿命を考えれば、後12年の人生を「どう生きるのか」てなことです。
   卒業から50年 交わす会話は 終活よっ
posted by 松つあん at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月02日

稲の消毒

朝の8時から、稲の消毒となる。
通常であれば、露がとれた9時頃からであったが、乾燥注意報が出るくらいのカラカラ天気で、露も吹き飛んでしまっているからである。
DSCN0682 消毒.jpg
おいらと、明ちゃん、英ちゃんと三人での散布。
対象はウンカとカメムシを駆除することである。
この暑い中で、長袖・長靴・帽子・マスク・眼鏡・手袋、タオルで頬かむりの格好は、真夏に炬燵に入るようなもの。汗まみれです。
消毒終了後は、ビールでうがいとなるも、おいら、熊本市内に行く用件があるため、冷茶で我慢です。
   炎天下 大人三人 虫殺し
 明日は内閣改造日、国会議員さんに消毒散布したら、どうなるんだろう・・・。親分のアベッチがコロリッと逝くかも。内閣改造しても、短命内閣てなことです。
posted by 松つあん at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月01日

夕立は怖い

柿・柚子畑や田んぼの畔の、草刈りに追われる毎日。
炎天下での草刈は、老人には危険なため、なるべく夕方に実施している。
ところが、ここ数日間、夕立に見舞われている。
ここは標高250mの中山間地。夕立の際、雷様がお祭りを始めるのである。
昨日の夕方、遠雷を気にしながら、田んぼの畔の草刈りを強行した。明日、農薬散布をするからである。
隣の明ちゃんが、エンジンの音を聞きつけ、血相を変えてやってきた。
「松つあん!。命を大切にしなきゃ〜ぁ、雷の音聞こえないのかい。一発であの世行きだよ」と。
エンジンの音で、雷の音が聞こえないのである。
てなことで、即中止することにした。
明日の農薬散布、畔の草がボウボウで、歩かれない。
本日、夜明けから(5時過ぎ)エンジン全開と相成る。
但し、早朝から汗をかくと、一日中身体が怠くなるのが嫌なんだよな〜ぁ。
   草刈りに 雷様が 邪魔をする
posted by 松つあん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記