2017年06月06日

保育園児の大移動

手作りの育雛器(直径5m・ベニヤ・暖房器具4台)に、4月28〜5月19日に生まれた雛(約1100羽・)を入れていた。この雛たち、人間で言う幼稚園児にあたる。成長著しいことから、ギューウギューウ詰めの状態となる。
これらについては、予測できていたため、大部屋の大掃除・消毒を済ませ、受け入れ準備OKとしていた。
お客さまの無い本日、女房の手を借りて、雛たちの移動をすることにした。
DSCN0411 捕獲.jpg
網で雛たちを捕まえる女房です。ひと網で約7羽。その網を、おいらが大部屋へ運ぶ。1100羽÷7羽=157回の移動の計算となる。老夫婦は、途中4回の休憩を取る。疲れました。
DSCN0414 おおべや.jpg
この大部屋に、小さなビニールハウスに暖房器具1台を設置。寒さ対策には心細いが(間違えば100羽単位で死ぬんです)。しかし、甘やかしは禁物です。今夜を乗り越えてもらえば一安心なんだが・・・。
   分岐点 幼稚園児に 気を遣う
 

posted by 松つあん at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記