2017年05月01日

生きていたのか・・・

昨日・一昨日、「草刈りの動員」やら「NPO法人きらり水源村の総会」などで、夜の部で活躍し過ぎました。歳を忘れてです。
てなことで三日酔いで、寝巻のまんま庭を散歩する。
真っ白な花が目に付いた。
「難波茨(なにわいばら)」である。
アレッ、昨年、歩道を車道に造り直す際、邪魔になることから、泣く泣く根っこから切り倒していたんたが。これって、泣いてバラ(馬謖)を切ったと言うことです。
DSCN0216 なにわいばら.jpg
な〜んだ、死にはせんかったんだ・・・。生きていたんだ〜ぁぁぁ。
なんだか、合わせる顔もありまへん。これから大切に育てることを約束します。
   切られても 白い歯見せる バラの花
 
posted by 松つあん at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記