2017年04月28日

蜜蜂王子からの指令

今月の中旬、レンゲ畑に日本蜜蜂が群れていたため、畑の土手沿いに巣箱を設置していた。
なかなか箱に入ってくれない。そいじゃ〜ぁ、分蜂誘引剤(薄いシール・有効期間45日・一枚4000円と高価)を張ってみました。それでも箱に入ってくれなかった。
で〜つ、蜜蜂王子(元兵庫県小学校教師の神崎さん。現在は、日本蜜蜂の飼育は勿論、販売・講演会などの支援活動・駆除などを手掛けていらっしゃる)からメールが届いた。
「レンゲ畑の花に来ている蜜蜂は、巣箱に入ることはない。無駄であるから撤去せよ」と。
何故なんだろう?・・・。
ここは素直に受け入れ、レンゲ畑の巣箱を撤去し、キジ小屋が見渡せる丘に、2台セットした。
DSCN0213 巣箱移転.jpg
一箱には分蜂誘引剤をつけ、もう一箱には蜜蝋をタップリ塗ってあげました。
さ〜ぁて、何方の方が効果があるんだろうか・・・。
   蜜蜂や〜い 薬と蜜蝋 迷っちゃう
 
posted by 松つあん at 18:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記