2017年03月16日

脚下照顧

今週の日曜日は、大阪にて結婚式に参列します。
20年ほど前、大阪で3年半単身赴任をしていた。折角であることから、当時の仲間と呑む約束をした。お互い年を取り、見違える姿になっていることであろう・・・。
昔の礼服に虫食いがあったため新調した。バンド・ハンカチ色々とチェックしていると「お父さん!服の新調に、散髪はいいんだけど、靴・靴が見っともないですよっ」と、女房曰く。
言われてみれば、靴底がすり減っていて、服と靴の調和がとれないな〜ぁぁぁ。
急ぎ、靴の購入に行ってきた。
P1020991 靴.jpg
常時履くことがないことから、やや安めの靴とした。
靴を眺めて思い出した「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」てな諺を。
他人を批判する前に自らを顧みよということですねっ。
てなことで、本日は、靴から人生訓を教わりました。
その心を忘れずに、明日から日曜日まで、大阪に行ってきま〜す。
   口尖らせ 指差し見れば 己なり

posted by 松つあん at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記