2017年03月01日

本日、夫婦そろって古希

本日をもって、夫婦揃って満の70歳(古希)となる。つまり、夫婦が同じ年の・同じ月の・同じ日に、産声をあげたんである。
「この世を去るのも、同じ年の・同じ月の・同じ日なんだろうか」と、呟いていると、女房曰く「彼方からお先にどうぞ」と、言われちゃいました。ま〜あ、平均寿命は男性が短いから、そうもありなん。
とは言いつつ、70年間もの長きにわたり、筋肉・血管・内臓など休むことなく、よくぞ働いてくれたもんである。因みに、脳味噌は何時も休眠です。天に地に、感謝・感謝です。
横浜の長男坊から、お祝いの生花とアイスクリームが送られてきた。
アイスを引っ提げ、施設でお世話になっているお袋(101歳)に報告に行ってきた。
P1020922.JPG
昼食をとった直ぐだったんだが、美味しかったんだろう、アイスをペロリ。
「安倍さん、今国会で大変なことになっているね。そろそろ下痢が始まるんでは」と、お袋曰く。
「ゲッ、何でそのニュース知ってるの?」と、問えば。
「ラジオで国会中継やらニュースを聞いているんです」と。耳にはめている小さなレシーバを指してお袋曰く。
「ところで彰三(おいらのこと)!。葬式の場所なんぞ、考えてもらっているだろうねっ」と、お袋曰く。
「何言ってるんですか。ここの施設には11月に111歳(明治39年生まれ・女性)になる方がいらっしゃるのに、お迎えに来る人はいませんよ」と、応える。
とは言いつつ、ヒョイとしたら、おいらが先に逝くことも・・・。70年間も生かされたから、覚悟のほどはできてま〜す。
   古希(70)・喜寿(77)・傘寿(80)・米寿(88)・卒寿(90)・白寿(99)・百寿(100) 欲を言えば きりがない




posted by 松つあん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記