2017年02月27日

10年後の、おいらの姿

「ふれあいディ」と称して、高齢者を対象に、コミュニケーションを深め、軽い体操をして、ボケ防止・筋肉をほぐすなどして、健康を維持することを目的に、毎月一回開催されている(主催は社会福祉協議会)。
おいら、区長を仰せつかっていることから、事務局のお手伝いとして参加してきた。
P1020921 体操.jpg
参加者は80歳代の面々。
両手で変則グー・チョキ・パーは、頭に刺激を与えるそうな。また、椅子に座ったまんまの軽い体操は、日頃使わない筋肉の目を覚まさせるとのこと。これらを毎日繰り返すことでボケを防止したり、背筋が真っ直ぐになるとのこと。
おいら、10年後はこんな体操をしていることだろう。生きていればのことだが・・・。
   年を喰う 性別貧富 無関係



posted by 松つあん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記