2017年02月26日

コツン・コツン、あれ〜っ!

昨日は、昼夜と忙しい一日でした。
お客さまのご要望は「キジの熔岩焼きコース」。
昨日、ホロホロ鳥が今季初の卵を生んだため、お客さまに提供することにした。
おいらが思っていたとおり「コツン・コツン、あれ〜っ!」と、発せられました。
そうなんです。ホロホロ鳥の卵の殻、固いのなんのって。雛はこの固い殻を破らないと、産声を上げることはできないのである。
P1020919 卵焼き.jpg
この卵、黄身にコクがあって人気商品なんである。
ホロホロ鳥が、お客さまを楽しませてくれました。

夕刻から「菊池まちづくり道場(菊池に住まわれている方々の知恵や経験談を披露してもらい、次世代へ向けた菊池まちづくりに貢献が目的)」に参加する。
今回は、自社生産の鶏の肉・卵、加工品の直売・直送などを手掛けている、コッコファームの「松岡義清社長」の講話。
都市と農村との交流・農業の未来・地域の未来・環境の未来を大きな柱として経営されている。長期短期の経営戦略・PDCA、CI等の広報戦略、人材育成などのお話を聞いていると、遠い昔のサラリーマン時代が彷彿してくる。
おいらの周辺に、こんな素晴らしい会社があるとは、知らなんだ。誇りに思うと同時に、燃えてきました。
燃えたついでに、友人とネオン街へ。
聞いた声がする。な〜んだ、講師の松岡社長と事務局の皆さんではないか…。
てなことで、話が弾み、帰宅は午前様となる。
お冷を駆けつけ三杯、気合を入れ直して、仕込み作業。はいちゃ〜ぁ、寝る時間がないではないか。
   歳忘れ 講話に燃えて 寝ず作業


posted by 松つあん at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記