2016年11月03日

棚田の新米、販売開始(30s7500円)

おいらが住んでいるところは中山間地。文字の通り、平野でもなければ高原でもない、中間に位置しているてなことです。
てなことから、田んぼは棚田となっている。澄み切った空気・菊池水源の水を使用していることから、美味しさは格別である。
稲刈りを終え、乾燥していた米を、昨日ようやく籾摺り(もみすり)することができた。
P1020296籾摺り.jpg
近所の精米所で、籾摺りを終えた米が、袋に収められていく。
P1020298もみ殻.jpg
これは、籾殻(もみがら)です。
おいら、この籾殻を頂いて、来春生まれてくるキジの卵を運ぶ際、クッション代わりに使うんである。その他、熟し柿の一時保管用としても活用しているんだ。
てなことで、昨日から、新米を喰らっている。
新米の美味しさを独り占めしてはいけないと思い、多くの方々に販売をしている。つ〜うよりも、販売の応援をしている。
大変お待たせしました。本日から棚田米の販売を開始します。
お値段は「30s7500円」です。
購入ご希望の方は、おいら(松田彰三)に電話(メール)下さい。
   電話0968-27-1366 携帯090-5289-0488 メールmatsudaya@coral.plala.or.jp
品種は「くまさんの力(ちから)」です。
生産者は「谷口明廣」「来海英樹」 住所・熊本県菊池市四町分迫の谷です。
   美味しさの 喜び分かつ 棚田米
posted by 松つあん at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記