2016年09月30日

人を磨く・地域を磨く

菊池発7時30分、貸し切りバス2台で人吉市に行く。
「熊本県公民館大会」に参加するためである。
この大会、公民館活動を通じ、人が地域をつくり・地域が人を育む社会を目指そうてなことで、事例発表2件、坊さん二人の漫才と講話があった。
P1010972人吉大会.jpg
事例発表では、公民館活動をここまでやるのか、その努力に感服す。活動を継続していくことで「民は、そうだ、公民館に行こう」てなことになるそうな。頷ける。
で〜つ、坊さんの講話「松下幸之助・母さんの足の裏」に観衆は涙する。
最後に「人を磨く・地域を磨く」を合言葉に解散となる。
おいら、思いました。汚れた心の持ち主が、人様を磨くことができるんであろうか。その前に自分を磨かなくちゃぁ。老い先短いおいらには、チョイと難題だよっ。
   磨くほど 黒が益々 光出す
   

posted by 松つあん at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月29日

芋姉ちゃんから芋どうぞ

本日のお客さま、熊本市内から。
予約時間に電話あり「お宅のお店を捜しているんですが…」と。
「今、何方からお電話されてますか?」と問えば。
「〇〇ホテル近辺からです」と。
アリァ〜、方向が全然違う。電話で説明しても無理と判断し、車を飛ばしお迎えに。うら若き女性の方たちでした。お出しした料理は「キジ鍋コース」。
そうこうしていると、中年女性のお客さま、ご来店。
「これっ、お土産です」と差し出されたものは・・・。
P1010963いも.jpg
唐芋でした。
おいら言っちゃいました「芋姉ちゃんから芋貰う(美人だから言えるんです)」と。
「よく言うわねっ」と、口を揃えて曰く。
瘦せた土地で栽培可能な唐芋。唐(中国)から琉球(沖縄)に伝わり、薩摩藩(鹿児島)が琉球を支配した際に、芋を薩摩に持ち帰り、薩摩芋として普及していったそうな。だっから、今日に至っても、沖縄の方に「薩摩芋」と言えば、「いいえ、唐芋です」と、叱られます。
てなことで、本日の夕食の主食は「唐芋」です。芋を濡らして、ラップで包み、レンジで7分間チ〜ンすればできあがり。
P1010965ほっかほっか.jpg
バターをつけて喰らう。飲み物は赤ワインです。和洋折衷ですね。
そう言うことで、オナラをぷーぷー出しながらのブログでした。
   瘦せた土地 それでも育つ 唐の芋
 
   
posted by 松つあん at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月27日

熊本発8時25分

本日のお客さま、名古屋市内から。
お出しした料理はフルコース。
本日の熊本発午後8時25分の飛行機で名古屋にお帰りとのこと。チョイと時間が足りるかな〜ぁ・・・。
先ずは、前菜(焼きナス・ササミの天ぷら・キジの燻製)、胸肉のたたき。続けてメスキジの溶岩焼きを急ぎお出しする。
P1000363溶岩焼き.jpg
「う〜ん・う〜ん、流石にメスは美味い」と言いながら召し上がられる。
DSC_0137鍋.jpg
続けてキジ鍋。
「出し汁がなんとも言えない」とお褒めをいただく。
で〜つ、お客さまの職業を聞けば「同業です。焼き鳥屋をしてます」と。
「そいじゃ〜ぁ、名古屋コーチンですね」と相槌を打つ。
「いいや〜ぁ、名古屋コーチンは成鳥まで4ヶ月かかり、ブロイラーの三倍の料金となるため、コーチンの注文があるときのみ出しています」と曰く。
お客さまも、おいらと一緒で脱サラして焼き鳥屋をしているとのこと。おいらと違うところは、名古屋市内に5店舗も構えている企業(1店舗7名のスタッフ)でスケールがでっかい。
「キジの成鳥まで8ヶ月を考えると、料金が安すぎる。1.5〜2倍支払ってもおかしくない・量が多すぎる等々」アドバイスを頂いた。その他に、現在180本の渋柿を植えているんだが、その活用事例には、新たな光が見えてきた。
コーヒータイムとなり「お客さま〜ぁ、まだまだお話を伺いたいのですが、時間が・時間が」と、時計を指差す。
   同業者 マル秘のことも 助け舟

炭火やき鳥「きんぼし」http://www.kinboshi.net/




posted by 松つあん at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月25日

真昼間から酒盛り

本日は、秋の彼岸てなことで、8軒(小集落)が集まり、正午の合図で乾杯となる。
チョイと昔までは、各家庭の手作り料理を持ち寄っての宴会であったんだが、ご婦人方が高齢となり、負担軽減てなことで、弁当屋さんから購入している。
P1010960かんぱい.jpg
昼から呑む酒は効きます。話も弾みます。
おいら、キジ専用の井戸が、地震で壊れた旨を話すと…。
「数メートル離れたところに、別の井戸があるよっ。随分昔の井戸なんだが、使ってみたら」と、助け舟。
今週中に確認することにした。上手い具合にいけばいいんだが・・・。
   お彼岸に 昔の井戸が 現れる
これって、先祖供養をしたご褒美でしょうか。

posted by 松つあん at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月24日

窮乏から抜け出た天才たち

おいらが高校2年生の時、同じクラスに杉山てな奴がいた。
学力はおいらと同等の中の中程度であったが、実にユニークな奴で、家族との付き合いまでになった。よく泊まりにいったりもしていた。
で〜つ、その昔、彼の両親は北九州で豪商だったらしい。言葉に品があり、子供たちを呼ぶ際は”さん”づけであった。何処でどう間違ったのか知らないが、杉山と知り合った頃は貧困に喘いでいた。ま〜あ、当時でいう貧乏の子沢山で9人兄弟であった。
長男坊の高校時代の成績は、常にトップを保持していたとのこと。先生から東大を受験するよう勧められたものの、学費を払うことままならない理由で辞退する。「大学に行かなくてもいいから、受験だけでも」と懇願され、東大受験に挑み一発で合格。で〜、入学辞退すると、先生はその場で泣き崩れたそうな。その後、国税局に勤務し、本人の努力で雲の上にまで登りあげられた。退職後は税理士として活躍中である。
次男坊は、高校卒業後、京都に就職し、夜間大学を出て小学校の教師になる。校長職を最後に定年を迎える。
三男坊は、高校卒業後、自衛隊に入隊。昇級試験などをクリアし、幹部自衛官となる。
四男坊は、3月30日のブログのとおりであり、兄弟たちとはチョイと違っていた。
で〜つ、肝心の五男坊(同級生)は、高校卒業後、東京の大手建設会社に営業マンとして就職。こいつも夜間大学を卒業。営業成績も良かったんだろう、取締役まで登りつめた。
六男坊の時代には、兄弟の支援があったのか?大学に進学し、上級公務員試験にパスし、県の部長職を手中に収める。
アッと、三姉妹の経歴はよく知りません。
で〜つ、昨日、熊本市内で杉山兄弟が集合することから、キジ鍋(二セット)を持って参加してきた。
P1010959一族.jpg
文才にも長けている杉山兄弟たち。おいら、会話についていくのが精いっぱい。兄弟の爪の垢と一緒に、焼酎を呑みましたよ〜っ。
ま〜あ、おいらからすれば、尊敬する自慢の兄弟たちである。
   昔貧困 才能伸ばし 華麗なる一族へ



posted by 松つあん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月22日

秋雨・・・寒くなりました

秋雨にけむる朝でした。
チョイと寒いです。半袖では風邪をひきそう。
P1010958秋雨.jpg
本日の夕刻に二組のお客さまあり。それまで時間があることから、草刈りに行こうとするも、身体が「嫌々」と言うことを聞いてくれません。昨日、キジの餌500sを運んだんで、筋肉が眠りから覚めないんである。
女房曰く「年寄りが無理してはいけません。今日ぐらい、ゆ〜っくりしたら」と。
てなことで、本日はお客さま対応一本に絞ります。
   ご老体 チョイと一服 秋の雨



posted by 松つあん at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月21日

田舎の香水

本日のお昼のお客さま、北九州から家族連れ。
P1010953トヨタ.jpg
トヨタのFAクルーザー(4000cc・ガソリン・リッター7q)で乗り入れられました。
ずうたいと言い、ガソリンをガッポガッポはアメ車並みです。
で〜つ、実は、お店のトイレが満杯になったことから、本日の9時頃に汲み取りに来てもらったんです。
P1010939衛生者.jpg
チョイとではなく、随分と臭います。この臭い、来客時に消えるのかな〜ぁ・・・。お客さまに黙っておこうかな・・・。
ところが、お客さまの中に三歳児の女の子あり。
子供は正直なんだから「ママ〜、ここのお店はウンチの臭いがする〜」てなこと言われたら、示しがつかないと考え「先ほど、トイレが満杯になり、汲み取ってもらいました。つきましては、若干の田舎の香水が漂いますが、ご了承下さい」と、先手を打ちました。
「ハッ・ハッ・ハ、人間、口に入れたら出さなくてはなりません。田舎の香水も懐かしいです」と、心の大きいお客さまでした。
その昔、農家の方が、大江戸に糞尿をもらいに行っては、その御礼に野菜なんぞを差し上げていたそうな。で〜つ、その糞尿は、持ち帰って、野菜などに肥しとして撒いていたとのこと。ま〜あ、今で言う自然のリサイクルてなことです。理に適ってますね。
そう言えば、近頃、ドイツの企業がアメリカのモンサント社(農業化学品を世界制覇している企業、遺伝子組み換え種子で潤ってる企業です。TPPにも深い関係ありです)を買収したそうな、さ〜あて、ドイツ企業の思惑は如何に。な〜んだか臭いますねっ。
   化学より 自然の肥料 見直そう

余談ですが、昨日、安倍総理がアメリカを訪れて、大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントンと会談し、TPP協定の早期実現を迫ったとのこと。これに対しクリントは「私はTPPに絶対に反対です」と釘を刺されたらしい。
先の総選挙の公約で「TPP断固反対」と声を大にしていたのは、何処の誰だったんだろう・・・。安倍さんも、自分が放つ田舎の香水の匂いも、判らなくなっちまったんだろうか。ま〜あ、味噌も糞も一緒てなことです。
それは横に置いといて、トランプ氏は「俺に挨拶(相談)はないのか」と、鼻息を荒くしているのでは。外務省さん、これって片手落ちですよっ。しっかりしてよね、お願いだから。
posted by 松つあん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月19日

誘い誘われ敬老の日

本日は「敬老の日」。
例年、お年寄りの方々に敬意を表してお祝い会を催している。
お祝いをされる方は古希を迎えた者(70歳以上29名)が対象である。因みに住民は100名である。
で〜つ、おいら来年の3月で、満の70歳なんだが、同窓生で差別があっては拙いてなことで、おいらも今年から「敬老の人」になっちまった。
恥ずかしながら、この地区の区長を仰せつかっていることから、うやうやしく「敬老のお祝いのご案内」を発送したんだが、自分が自分に案内状を発することになりにけり。こそぱゆいことこの上ない。
諸々の行事の初手は、区長の挨拶。
おいら、固い挨拶は、苦手中の苦手、尻込みしちゃうよっ。
「10年後は、敬老の対象者が50名となる。半数てなことです。年寄り社会になっても安心して暮らすことができるように、対策を講じよう。夢を捨てたり・諦めた時から、老化は始まる。夢を持ち続けよう」てな挨拶をさせてもらった。
P1010930乾杯.jpg
長老の乾杯で、宴が始まる。
P1010933体操.jpg
若手の女性(とは言っても40〜50代)による、ジャンケン体操やら、ビンゴゲームなどで楽しい会となりました。お陰様で、今現在も美酒が残っております。
   古希迎え 我が年輪に 悔いはなし

posted by 松つあん at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月17日

♪ 井戸が割れたのよ〜♪

お昼のお客さまを送り出し、軽トラにタンクを積み、キジの水の補給に行く。キジ小屋の水はカラカラ状態であった。
P1010916喉乾き.jpg
よほど喉が渇いていたんであろう、ホロホロ鳥とキジが競うようにして水を飲む。
8月末から晴天が続き(干ばつです)、井戸の水はカラカラ状態であった。それからズ〜ット軽トラで水を運んでいる。で〜つ、一週間前に井戸水も溜まったことであろうと思い、井戸を覗いてみた。ゲッ、水は無く・底が見えているではないか…。
4月に熊本地方を襲った地震で、長さ50mのキジ小屋に5cmの亀裂が走っていた。その延長上のコンクリートにも小さな亀裂。そのまた80m先の延長上に井戸があった。多分、今月上旬の地震(震度3)で、井戸の底に亀裂が入ったんであろう・・・。
ボーリング屋さんに聞いてみたところ「地震の影響大」とのこと。
つ〜うことは、新たに水の出そうな場所を探し、ボーリングしなければならないてなことです。どえらいことになっちゃった。
♪ 海が割れるのよ〜 ♪ 天童よしみの唄を思い出しました。
   憎い地震 割ってこぼすは 水と金

posted by 松つあん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月16日

先祖返り

本日も軽トラにタンク(水300g)を載せ、キジ小屋へ行く。チョイとイライラが続く日々です。
帰り道に、フロントガラスにバッタがピョッコンしてきた。な〜んだか、水先案内されている感がする。
P1010911ギメ.jpg
バッタ曰く「松つあんよ〜ぅ、ニュース聞いたかい?民進党の党首になった蓮舫代表が幹事長に野田を指名したって。民主党下野のA級戦犯だぜっ野田は。野田って、今度は民進党を空中分解するつもりだよ」と。
「そ〜うかい、そりぁ〜ぁ、蓮舫代表の清新さと発信力・党のイメージ刷新に期待した党員・サポーターもさぞやガッカリだろう。これって先祖返りて言うんだよっ」と応える。
「野田が、蓮舫代表は蓮の花、わたくちはレンコンになって支えるって。野田の脳味噌には穴がほげてるんじゃ」とはバッタ君。
「ま〜あ・ま〜あ、そうカリカリしなさんな。そんな人の悪口言う暇があるんなら、仕事せんか〜ぃ」と叱咤しました。
   自爆かな 先祖返りの サプライズ
 
posted by 松つあん at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月15日

保健所からキジ小屋の検査

本日の午後3時から、県家畜保健所と市の農政課が定期的に行っている「鳥の飼育場の立ち入り検査」があった。おいら、検査の日時を予め通告を受けていたことから、準備万端です。
P1010913県の検査.jpg
お目目がパッチリ・おいら好みの女性検査官、鳥に関してかなりの勉強をしている様子。矢継ぎ早にポイントを突いた質問が飛んでくる。ま〜あ、キジと共に15年間も生活していれば、キジの習性などは頭に入っている。ひとつの質問に2〜3のお応えをしていく。な〜んだか、阿吽の呼吸ものである。
最後に「一番の心配の種は?」の質問があった。
「イタチ・イタチですよ。こいつが来たら、一晩で一部屋全滅(食い殺してしまう)ですからねっ。対策は金網の破れ箇所の早期発見・補正ですね。今の金網は15年経っており、張替の時期なんだけど80万円も要することから、財布に相談して補正のみです。心配の種の二つ目が、最近、女に持てなくなりました。70と言う歳の所為でしょうか」と、恥を晒してしまう。
美人検査官、おちょぼ口で「ハッハハハ・・・」と。
おいら、鼻の下を長くしていたんだろう…検査の一時間があっという間に終わっちゃいました。
   助平ジジィ 鼻下伸ばせど 持てはせず

posted by 松つあん at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月14日

天草へ研修旅行

食品衛生協会主催の「研修旅行(天草)」に参加してきた。食品製造業の衛生管理を学ぼうてなことで、総勢28名・一泊二日でである。おいら、睡眠不足であったため、大型バスの後部に座る。
先ずは、宇土半島にある「松合食品」を見学。靴底の消毒・網目のキャップを被り、工場に入る。
ここは、醤油・味噌・酢の製造を主としている。ここの拘りは、安全な食を求めて、原料となる大豆は阿蘇の波野村・麦は菊池市の有機無農薬で栽培したものを使用。また、塩は天日製塩を使用し、塩分控えめで、無添加とのこと。
P1010888醤油説明.jpg
醤油ができるまでの過程を聞き入るメンバー。
P1010890味噌の製造.jpg
味噌の製造の場面。殆どがオート化である。
醤油・味噌・酢ともども種類は多彩。おいら、ニンニク味噌を購入。
P1010894バスで乾杯.jpg
松合食品を出たところで、後部座席4脚をグルリと回し、昼食前の宴会となる。おいらは、アルコールが入ると顔が赤くなるため、清酒をコップ半分で止める。
昼食を済ませ、天草オリーブ園へ(天草市五和町)。生産(一次産業)・加工(二次産業)・販売(三次産業)=六次産業の勉強てなことである。
P1010900オリーブ.jpg
ここには、2万uに10種類のオリーブの木を1300本植えてある。
P1010898オリーブ説明.jpg
オリーブについての基礎的な説明会。
おいら、気になったことがある。
ひとつは、九電工(九州電力のグループ会社)と天草市がタイアップしてスタート(2010年ごろ?)。市は協力栽培農家への補助金(2億円弱?)を投じたと記憶している。で〜つ、現在、市は撤退しているそうな。選挙で市長が変わったからなんだろうか・・・。な〜んだか後味が悪いねっ。
ふたつ目は、オリーブ園に雑草が見当たらない。聞けば、除草剤を撒いているとのこと。う〜む、感心しないおいらです。
お泊りのホテルに着いて、「海鮮問屋」てな料理屋で懇親会となる。地元の食品衛生協会のお偉いさんも見えました。初めて食べるバリの刺身は最高です。
翌朝は、本渡市内にある「松下蒲鉾店」へ。
店主は三代目(80年の歴史)で、蒲鉾と天ぷらが主流である。蒲鉾の部門で天皇賞を受賞したそうな。
ここでも靴底の消毒・網目のキャップを被り、工場に入る。
P1010903天ぷら製造.jpg
P1010906その2.jpg
効率化を考えて、殆どがオート化されている。
で〜つ、おいら驚いちゃった。お店においらの「キジのパンフ」を置いてあるではないか。
P1010909パンレット.jpg
奥さまに聞いてみた。「おほほほ、憶えてませんか?」と笑顔で曰く。
おいら冷や汗かきながら商品を見て回る。
アッ思い出しました。5〜6年前、天草の方々(俳句会のメンバー)がお見えになったことを・・・。
おいらバツが悪くなり、「俳句になりませんが、松の下 潮の香りの 蒲鉾屋」と奥さまに声掛けました。
奥さま、ニコニコ顔で「思い出してくれましたか」と。
ま〜あ、思い出してよかった〜ぁぁぁ、おいら、胸をなでおろす。
今回の研修旅行のメンバーは、食品衛生協会の重鎮たちである。バス内での会話やら懇親会で、新たな友ができました。見えない土産に満足の二日間でした。
   その仕草 板についてる 蒲鉾屋
    







posted by 松つあん at 23:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月12日

ここは天の国

秋雨降る本日、二組のお客さまあり。
キジを食べ終わられる頃、女房が「お客さま〜ぁ、金峰山が雲に浮いて見えます」と。
P1010884天国.jpg
気温が急に変化したためであろうか、山々が雲海に囲まれている。
お客さま曰く「おおっ、ここは天の国なんですねっ。美味いものを喰らって、下界を見渡せるなんて、最高の幸せです」と。
あぁぁ、死したら常にこんな光景を見れるんであろうか・・・。
   秋雨の 黄泉(よみ)から見るは 雲の海
 

posted by 松つあん at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月11日

乗ってみたいなスーパーカー

昨日から、菊池市内で「九州自動二輪交流会」が催された。ま〜あ、オートバイ愛好者の集いである。
九州管内からは勿論、関東・関西・四国・中国地方からも参加者多々ありで、総勢144名の規模となる。
おいらは、地元てなこともあり、事務局の応援(一泊二日)で、集会場所の案内役を仰せつかった。
P1010848案内.jpg
交差点でフラッグと矢印を持ち、各地から乗り込んで来るバイク野郎を案内をするおいらです。炎天下で、色黒いおいら、益々黒くなりました。
P1010839次々集合.jpg
けたたましい音をさせて、次々とやってくるバイク。
P1010865全車集合.jpg
色々なバイクが144台も揃うと圧巻です。
ハーレー、ホンダ、BMBが主流である。その殆どが、サイドカーやらトライク(三輪タイプ)である。
チョイと面白いものを紹介します。
P10108741200cc.jpg
ハーレースポーツタイプ(1200cc)にサイドカーを装備。本体価格120万円にサイドカーが同額の120万円だって。
P1010870前二輪.jpg
フロント二輪のトライク。メーカーはBMWだったかな〜っ。
P1010866目黒500単気筒.jpg
大分県は日田市からは、子供の頃の憧れであったメグロ(500cc・単気筒)。
P1010883ホンダ2000とライフ.jpg
大分市からホンダトライク(2000cc)。10年前にアメリカから逆輸入で購入したとのこと。当時で1000万円したそうな。車幅が2.2mもある。値段・車幅ともに国産の大型乗用車顔負けである。
P1010859でぃぜる.jpg
アウディ2500ccディゼルエンジン。これは特注とのこと。陸運局がなかなか許可をおろさなかったと聞く(持ち主は三重県在住)。乗っているのはおいらです。
P1010862操縦席.jpg
運転席はコクピットみたいである。もう、バイクを超えたスーパーカーです。
てなことで、あれにも乗ってみたい・これにも乗ってみたい心境です。しか〜し、買おうとは思いませぬ。そんな資金もないからです。
P1010880記念撮影.jpg
懇親会前の記念撮影です。
懇親会では、菊池市長も見え、挨拶を頂きました。
P1010881懇親会.jpg
おいら、事務局てなことで、お酒は舐める程度にしときました。
「松つあん!あんた〜ぁ、バイクに乗るの?」とは、菊池市長。
「は〜ぁ、女房に乗らずにバイクに乗るんです。人馬一体がたまらないんです」とお応えする。
明けて本日、いろんな方にお話をしたかったんだが、早朝より市道の草刈りの動員をかけていたため、宿泊ホテルで朝食を済ませ、泣く泣く帰宅となりました。
   スーパーカー もしも買ったら 離婚もの

posted by 松つあん at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月09日

仕事の七変化

先般、雷雨のため、田んぼの消毒が中止となったため、本日、露が残る早朝から、三人で消毒薬の散布となる。帽子・眼鏡・マスク・手袋などで完全武装のいでたちは、異様な風に見える。
シャワーを浴び、割烹着に着替え、お昼のお客さまの料理の準備。ルンルン気分で包丁でさばく。
途中で、携帯がおいらを呼ぶ「福岡からですが、今朝、メールでキジ鍋の通販の注文をしたんだが、明日届けること可能でしょうか」と。
ゲッ、バタバタでメールの確認していなかったんである。間に合うかどうか微妙であるも「期待に応えられるよう頑張ります」と返事する。
女房に梱包作業を手伝ってもらい、菊池市内のクロネコヤマトへ車を走らせる。明日のお昼には届くとのこと。ホッとして、お客さまにその旨を報告する。
帰宅すると同時に、二組のお客さまご到着。
お客さまたち、キジ料理は初めてとお聞きしていたことから、溶岩焼きコースをお勧めしていた。塩味だけで食べていただき、キジの味を判っていただきたかったからである。
お客さまからキジに関する質問が飛ぶ。キジ料理店は何故少ないのか・鶏と比べて栄養素が違い過ぎるのは何故・キジを始めた動機は・・・である。待ってましたとばかりに身振り手振りで説明する。
お客さまを送り出し、キジの餌・水の補給に行く。
途中、農道が草ボウボウでボディに傷がつくことから、土手の草刈りとなる。背丈以上に伸びていたため、一時間も要した。
P1010793餌.jpg
一袋20sもする餌を25袋を運び、専用の箱に入れる。この作業が老体には一番堪えます。続けて300リッタータンクに水道水を入れ、水の補給となる。そうこうしていると(午後7時前)、辺りが薄暗くなる。
本日は、秋祭りの一回目の会議がある。おいらは司会役。シャワーを浴びずに直行。特別な問題もなくスムースに進んだ。
自宅に帰り、一風呂浴びて晩酌。今日も色々あったな〜ぁ。てなことで、愛犬ルパンの散歩はお預けです。
消毒・調理・配達・お客様対応・草刈り・餌水の補給・会議の司会。な〜んだ七つの仕事をしたんだ〜ぁ。これって「仕事の七変化」て言うんでしょうか・・・。
   てんてこ舞い ボケる暇なし 七変化



posted by 松つあん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月07日

乗り換えトンボの恋心

本日のお客さま、二回目とのこと。今回は、めっぽう美人を引き連れてである。
前回も「すき焼き」だったそうな。
「お客さま〜ぁ、彼女が好きだから、すき焼きですか?」と、つい、冗談を言う。
「あたぼうよ〜っ」と、即返事あり。チョイと無理があるかな〜ぁぁぁぁ。
おいら、キジたちが喉を枯らしているため、途中で女房にバトンタッチ。
残暑厳しいです。水・餌の補給を終わり一服する。
トンボが交尾しながら、飛んだり止ったりしている。カメラを向けると、直ぐに隠れちまう(写真に収めることができませぬ)。ま〜あ、身体をUの字にした変態姿をネットで流されたら、拙いんでしょう・・・。
で〜つ、おいら「メス・トンボちゃん、来い・来い」と声出しながら、手袋している左手を差し伸べると・・・。
P1010826とんぼ.jpg
いとも簡単に、おいらの手に乗っかっちゃった。
こいつ〜ぅ、いいことした後に、彼氏をほっぱらかして、おいらに乗り換えかいっ。
ま〜あ、おいらが放つ加齢臭とやらに引き込まれたんだろう・・・。
若い頃から持てたことがないおいら(残念ながら現在も進行形です)、チョイと興奮しました。
このことを、お客さまに報告しょうと帰宅する。
「お客さま、ベロンベロンに酔われて、お帰りになりました」と、女房曰く。
な〜んだ、トンボが教えた「乗り換え秘訣」をお話したかったんだが・・・、残念です。
そう言うおいら、女房を乗り換えることはできませぬ。小心者てなことです。
   美人連れ 持てる証拠は 何じゃらホイ



posted by 松つあん at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月06日

稲の消毒、即中止

どうやら稲に虫が付きそうな気配である。
明ちゃん・英ちゃんたちと、消毒することにした。共同作業てなことです。
P1010574消毒.jpg
エンジンを背負う者、長いホースを調整する者、ホースを籠に入れたり出したりする者の三人が必要な作業なんである。
で〜つ、一枚の田んぼの消毒を終えた瞬間から、激しい雷雨となる。
となれば、無理して消毒しても、雨で薬が洗い流され、無意味となる。それよりも雷様の怒りを買えば、一巻の終わり。てなことで、即中止と相成る。日頃の行いがよかったんだろうか・・・(笑)。
それで引っ込んでいたら、おもろうない。ここは派手に呑みましょう。
   消毒や 天が止めろと 嵐吹く

posted by 松つあん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月05日

金色のコウモリ

本日のお客さま、温泉・灯篭踊りで有名な山鹿市から家族連れ。
キジを焼きながらつついたり、鍋を囲んだりの家族団らん。
「ここは禁煙ですか?」との質問。
「皆さんで決めてください」と返事する。
ビール(大瓶)の追加を二本持っていく。
そこには珍しいタバコがあった。
P1010818たばこ.jpg
「ゴールデンバット」である。実に懐かしい。
明治時代から発売されているこのタバコ。その昔、このタバコを吸うと、両切りのため葉脈が唇に付くたんび"ペッペ"と唾(つば)と一緒に吐き出していた思い出がある。
一本吸わせてもらった。
今はフィルター付になっていて、葉脈が付くことはなく、昔の辛さはなかった。20本入りで210円と財布に優しい値段である。
お客さま曰く「このタバコ、胸のポケットに入れておくと、温度や湿度で、味が微妙に変わる」と、自慢げに語られる。人それぞれに好みが違うんですねっ。
  煙り吐く 自慢のタバコ 金バット
 

posted by 松つあん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月04日

肩透かしを喰らう

台風12号、小規模ながら、雨雲をしょって勢力を拡大しながら北上。本日、熊本地方に上陸との予報であった。「大雨・強風・土手崩れに細心の注意を」と、テレビニュースやら市の防災無線から喚起される。
そのため、昨日、家・キジ小屋周辺の整理整頓となる。その他、市道の草刈りの動員をしていたんだが、危険なため、一週間延期とした。
てなことで、本日のお仕事はすべてキャンセル。家から出ることなく、新聞やらテレビ・インターネットに興ずる一日となる。お久しぶりの休養日てなことです。
ところがである、午後11時になっても、風は微風で、雨はお湿り程度である。これじゃ〜ぁキジ専用の枯れた井戸に、水が溜まりっこない。
な〜んだか、肩透かしを喰らったようである。
ま〜あ、被害が出なかったことから、良しとしときましょう・・・。
   腹くくり 台風待てど 肩透かし

posted by 松つあん at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月03日

台風前に、新居へ移動

先般、キジ小屋の一部(5×40m)の上土7cmを剥ぎ取り、消毒液を散布した。
四つの小部屋にギュウギュウ詰めしていたキジたち(人間で言う中学生の年頃)、ストレスからであろう・・・、争いで20羽ほどが死んでいた。
これらの不満解消のためと、明日12号台風が熊本上陸の可能性あり。狭い部屋で台風を凌ぐのも可哀想と思い、本日移動してあげることにした。
P1010808小部屋.jpg
こんな具合に窮屈な状態であった。
嫌がるキジたちを網で捕らえ、籠に入れて、新居に移してあげる。
P1010810大部屋.jpg
取り敢えず、本日移動してあげた数は400羽。
人間と同様、キジたちも新居は心地がいいんだろう。早速、砂浴び(人間で言うお風呂です)に興ずるキジたち。
明日は、雨風が凄いらしい。各地で企画されたイベントの殆どが中止とのこと。おいらの地区では、市道の草刈りの動員をしていたが、一週間延期のこととした。ヒョイとしたら、キジ小屋までの通路が通せんぼになるかもしれない。餌・水を二日分準備してあげました。
   狭い部屋 ストレス溜まり 殺し合う

posted by 松つあん at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記