2016年05月31日

こんな奴に好かれたくない

夜明けとともに、ブルーベリー畑の草刈りに行く。
湿度が高いため、蚊やらブトから刺されないように、網つきの帽子を準備した。
P1010169網.jpg
装備は完全である。
P1010165前.jpg
軽トラの行く手を阻むように、雑草は腰の高さまで伸びていた。
P1010168後.jpg
草刈機でエンヤラヤッ・エンヤラヤッと雑草をなぎ倒していく。
肝心のブルーベリー畑には、防草シートを張り巡らしていることから、雑草は大したことはないだろう・・・。
ところが、ブルーベリーの幹周辺から、雑草がボウボウ。どれがブルーベリーでどれが雑草か判らない状況。止む無く、手で抜き取ることにした。
「プ〜ン・プ〜ン」と蚊やらブトがおいらの顔周辺に寄ってくる。網を被っているので大丈夫っ。
頬あたりがチクチクしてきた。何のことはない、網の上からおいらを刺しているんである。
刺されながら、2時間程度、雑草を抜いていく。
すると今度は、おいらの額やら唇付近を刺しにきた。
一方的に好き好きされている感じである。
もう我慢できない、痛痒いことこの上ない。今日の作業は打ち止め〜っ。
   好き好きと 嫌な奴らが 駆け寄りて





posted by 松つあん at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月29日

大雨の中の草刈り作業

本日は、朝から大粒の雨。
そんな中、集落総出で、市道(3本)の道沿いの草刈り作業となる。
集落の一部分が「土石流危険地区」に指定されている。
地震発生から約一ヶ月、梅雨も間近てなこともあり、土手の草を刈った際に、土手周辺に亀裂がないか、確認してもらうことにした。結果、二ヵ所の亀裂を発見。明日にでも市に報告のこととします。
しかし、雨具をつけての作業は、蒸し暑いのなんのって、汗でびっしょり。
P1010161草刈り.jpg
雨の中、ビールで給水。これって立ち飲みです。
てなことで、風邪引かぬうちに、お家に帰ろ〜っと。
   草刈で 出た汗の分 ビール呑む
posted by 松つあん at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月28日

恋人が失踪

一ヶ月前、同じ集落の「利ちゃん」の庭に、日本蜜蜂が分蜂しているのを頂いた。
おんらん家の玄関横(見晴らしがよく・朝日が当たり・夕日が当たらない所)に飼っていた。
暇をみては、ハンモックに寝転がり、蜂の様子を伺っていた。
時折、十数匹の蜂が、おいらの顔やら腕に止まったりする。こそばゆいこと・この上ない。可愛いね。おいらの第二の恋人、な〜んちゃって。
で〜つ、最近、日を追うごとに、蜂の数が激減している感じである。
雨の降る本日、巣箱の蓋を開けてみた。
P1010158蜂の巣.jpg
ゲッ!一匹もいないではないか。蜜を取りに外出している様子でもない。蜜蝋に僅かな蜜を蓄えてある。
な〜んでだろう・・・。
おいらが、可愛がり過ぎたんだろうか…。いやいや・嫌われたんだろうか・・・。玄関横の条件が悪かったんだろうか・・・。原因は判りませんが、恋人が逃げ出したのは、紛れもない事実です。ま〜あ、女房が逃げ出さずによかったと思っときまひょ
   逃げられて 僕の恋人 知らないか
 


posted by 松つあん at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月27日

穴があったら入りたい

本日のお客さま、福岡方面から、大型マイクロバス。
「いらっしゃいませっ」とお迎えすると、お酒の匂いプンプン。
2泊3日の慰安旅行とのこと。
P1010157貸し切り.jpg
準備した料理は「きじの溶岩焼きコース」。肉を焼きながら、キジの特徴についてご説明。
「旦那っ、一緒に呑もうぜっ」と、ビールを勧められる。女房共々うやうやしく頂戴する。
「当選した頃は、提灯行列して祝ったもんだが・・・、今はもう、恥ずかしいったら、ありゃしない。穴があったら入りたい」と曰く。なんのことはない、会話は、北九州出身の舛添都知事の件である。
ま〜あ、巾着切りみたいに、ミミッチイことするから、地元からでも批判を浴びるんであろう・・・。天下の大泥棒・石川五右衛門もあの世で泣いているかも。
ま〜あしかし、テレビ・新聞が、こぞって、コソ泥の舛添叩きをしているのが、おいらからすれば気に食わない。他に大泥棒がいるでしょうが。パナマ文書問題、オリンピック東京招致問題、甘木問題等々・・・。
本日のお客さまたち、熊本市内で夕食(馬刺しのお店)をするとのこと。
だ〜ったら、そんな政治の話より、性治の話がおもろいで〜っ。
てなことて「馬力をつけたら、こんなソープランドがありますよっ・あんなソープランドがありますよっ」と、お客さまを焚き付ける。
お客さまたち曰く「ヒック。だ〜んなっ、ヒック。も〜う、そんなことは卒業したんです。ヒック」と。
おいら、酔いに任せて言っちゃしました「意気地なし。舛添を見習いまっせ、ひ〜ふ〜み〜、嫁はんは三人目の女でっせ」と、シャックリしながら反論しました。
運転手さん「そろそろ、次の場所が待ってます」と。
皆さん赤ら顔で「美味しい料理に・スケベなお話、満足した、ヒック・ヒック」と笑顔で曰く。
なんのなんの、おいらの方が楽しませて頂きました。
再開を楽しみにしています。
   恥ずかしい 穴があったら 入りたい
 じゃ〜けんど 捜し捜せど 穴はなし





posted by 松つあん at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月26日

震災に悪乗り

今回の地震、お陰様で、おいらん家の被害は、かすり傷程度であった。
同じ集落でも、断層が有りや無しやで、場所によっては、自宅の半壊やら、お墓やら石垣の崩落、道路の亀裂などが随所に生じていた。
で〜つ、菊池市の計らいで、震災ゴミの持ち込み場所が決められ、今月末まで受け入れるとのこと。
おいらん家からは、割れた食器やらガラスの破片などを出すことにした。ついでに使用しないプラスチックの容器も・・・、これって、災害に便乗するてなことです。俗に言う悪乗りです。
P1010146産廃.jpg
現場には、ダンプやら軽トラが次々にゴミを持ち込んでいる。
燃える物・燃えない物など、種類ごとにゴミの山。大型のユンボが、その整理に汗をかいている。
最終的に、燃えないゴミは、埋め立てに使うんだろうか…。震災の後始末も大変なことである。
  間違って 自分を埋めた 粗大ゴミ
  

posted by 松つあん at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月25日

屋根をブルーシートで覆う

熊本地方を襲った地震、瓦が落ちたりで、雨漏り防止に、彼方此方の屋根にブルーシートが目立つ。
おいらのキジ小屋横の倉庫(雛の育成用・プレハブ)は、地震には耐えたものの、なにせ古いもんだから、腐食したところから雨漏りしている。梅雨も間近てなことで、対策を講じることにした。
P1010149ブルーシート.jpg
ブルーシートで覆うことにした。倉庫の上に500リッターのタンクを置いていることから、簡単な作業とはいかなんだ。
ブルーシートの抑えには、土嚢袋に砂を入れて、ぶら下げる格好にした。簡易な対策であるため、一年間もてれば御の字であろう。
   年老いた 倉庫雨漏り 青い家
 
posted by 松つあん at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月24日

雨前に急ぎ土入れ

昨日も真夏日和。明日は、昼から雨との予想である。この雨、ヒョイとしたら、そのまんま梅雨入りになりそうな気配。
庭の花壇への土入れが残っている。急がなくては。
「君ちゃん」の軽トラでは間に合いそうにない。
止む無く、2トンダンプに5杯注文する。
P10101392トンダンプ.jpg
土(赤土・黒土の混合)を持ってきてもらっては、トラクターで土をならす作業。隅々には、一輪車で運んでドッコイショする。
倉庫横の椎茸小屋の整理ができていないため、そこの場所は梅雨の合間にやることにした。ダンプ3台分はあるだろう・・・。
肉体労働した日には、焼酎の量が多くなる。そのまんま寝込んじゃいました。
   梅雨前の やるべき作業 他にもある
 




posted by 松つあん at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月22日

芍薬・牡丹・百合の花

本日も暑い日が続きます。年寄りからすれば、肉体労働を避けたい気分です。
庭の歩道作りは完成したものの、花壇にする土が未だ不足している。2トンダンプ3杯は欲しいところである。
で〜つ、お店横の土は十分なため、チョイと花を植えることにした。
自然風に薬草のドクダミを植えてみた。
何かが足らない。
頭に浮かびました「立てば芍薬・座れば牡丹・歩く姿は百合の花」てな言葉を。
早速、苗を購入することにしました。
芍薬・牡丹の苗はあったんだが、百合はなかった。
百合と言えば、次男坊の嫁の名がユリ。そんじゃ〜ぁ、百合の苗の代わりに、息子嫁を植えましょうか…。
息子嫁曰く「お父ちゃん!。冗談は顔だけにして頂戴」と。
多分、横で聞いていた次男坊、首を縦に振ったに違いない。
P1010137庭花.jpg
最終的には、こんな格好になりました。
とは言いつつ、年を重ねる毎に、花壇も落ち着いていくことであろう。
   足らぬ花 百合の代わりに 嫁借りて
  



posted by 松つあん at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月20日

ほろほろ鳥が生まれました

本日は真夏日、暑いことこのうえない。ニュースによると、日本で温度が一番高かったのは、北海道の津別・32.4度とのこと。異常だよねっ。世の中、おかしくなっちまった。
震災から3組目のお客さまあり。包丁やらまな板たちが緊張しました。
お客さまたちを、お見送りして、孵卵器に水を注入する。
オオッ、ほろほろ鳥の雛が生まれている。
P1010134ほろほろ.jpg
鳥は生まれて初めて見る者を親と思うと聞き及ぶ。
つ〜うことは、この雛たちは、おいらを親と勘違いしていることであろう・・・。
そんなおいら、成鳥となる4ヶ月後に、殺してお客さまに提供することになる。子殺しをする罪悪人てなことです。地獄にて閻魔大王から裁きを受けること必至。そんなことを思いめぐらすと、暑さが増してきました。
   ほろほろ鳥 お客喜ばせ 天国行き そう言うおいら 閻魔さまから 舌抜かれ
  

posted by 松つあん at 14:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月18日

助っ人五人衆

本日は、8時からシルバーセンターの方の応援で、柿畑の雑草の草刈りの約束の日。
7時半にピンポーン。
「松つあ〜ん、草刈に来たよ〜っ」と、5名の方々。
おいら、余裕ありと思って、朝食に箸をつけたばかり「チョイと早いんじゃないの」と、笑顔で応える。
「約束の8時とは、草刈機のエンジンをスタートする時の時間なんだよっ」と曰く。
そいじゃ〜ぁ朝飯抜きで、現場の説明となる。
とは言っても、見れば5人様は、おいらと同世代。
てなことで、一緒に汗をかくことにした。
P1010124五人組.jpg
シルバーセンターでの草刈担当はベストメンバーとのこと。
P1010121草刈作業.jpg
言葉どおり、8時からエンジン全開。
おいらも含め、老人組てなことで、一時間おきに休憩、水分の補給。
雑談をしながら聞いてみた「これまで、どんな仕事をしていたんですか」と。
一流企業の営業マンだったり技術畑だったりの面々であった。
「な〜んでシルバーセンターに登録して働くのか?と思うでしょう。お金ではなく、身体を動かすためなんですよっ」と。
チーフに聞けば、今日のメンバーの評判はすこぶるよろしく、ご指名されること多々あるとのこと。
へ〜つ、失礼と思いつつ、昔のキャバレーで、好きな娘(こ)の指名を想い出しました。
てなことで、草刈作業はトントン拍子。予定よりも一時間早めに終わる。
「そいじゃ〜ぁついでに、こんな所も・あんな所もやっちゃいましょう」と、おいら悪乗りする。
即了解してもらう。
お陰様で、柿畑とキジ小屋周辺がツンツルテンになりました。
チョイと厭らしい話なんだが、料金は一人当たり一時間1000円(草刈機と燃料持ち込み)×4時間×5名=2万円。
懐は痛いんだが、気持ちの良いメンバーと一緒に汗を流し、心地よい一日でありました。
   雑草や 鍔(つば)当てながら 汗をかく





posted by 松つあん at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月17日

米寿のお祝い

本日は、二か月前に案内を受けていた、伯父貴の米寿のお祝いの日である。その時間は午後5時から。
それまで、やらねばならぬこと多々あり。
キジの餌・水やり。オッと、キジの雛が300羽生まれたので、育雛器に移動する、温度の設定が肝要。
携帯がおいらを呼ぶ。シルバーセンターからである。
「依頼を受けていた草刈作業、明日午前8時から5名で伺います」とのこと。
真竹山を三年かけて開墾したところに、柿の苗を130本植えていた。草ボウボウ状態で、気力・体力が弱ったため、支援をお願いしていたんだある。10日後と聞いていたんだが、どうやら早まったらしい。
雑草の成長著しく、柿の苗を超えている。間違って柿の苗を切られては拙いと思い、ピンク色のテープを苗のテッペンに結びつけていく。その合間に、昨日作った苗床に水を入れる、2時間後に止めなければならない。
時計を見ると午後2時。
3時から菊池市主催の区長会議がある。飯を流し込み、シャワーを浴びる。
会議.jpg
おいらが是非とも聞きたかったのは、今回の地震で被災者に対する援助の内容である。質問をしたかったんだが、時間のロスと思い、別途電話で聞くこととした。
米寿のお祝いの時間が迫る。事務方にその旨を伝え、会場を後にする。
88歳の誕生を迎えた伯父貴、お祝い前にゴルフをしてきたとのこと。「スコアは105の大叩き。前日の大雨でカートが重くて悔やまれる結果だった」と、頭かきかき曰く。夢は100歳までプレーすることとのこと。あぁ〜おいら、一本負けました。
P1010116万歳.jpg
「百寿まで、一緒にゴルフをしょう」を合言葉に万歳三唱。
てなことで、祝い酒に酔いしれた本日でした。
   ゴルフ百まで まだまだ若い まだ若い






posted by 松つあん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月16日

苗床づくり(田植えの前準備)

余震が続く中、苗床づくりとなる。これは、4軒の共同作業である。
P1000988土運び.jpg
先ずは、軽トラ2杯分の土を購入する。
P1010083混ぜる.jpg
土に「ひとふりパート」てな肥料を混ぜる作業。これは力が必要なことから、元気ある親子でやってもらう。
P1010085苗箱.jpg
苗箱に土を入れ、種モミを撒き、その上に土を乗せる作業である。
P1010082トラクター.jpg
トラクターで田んぼを耕す。
P1010089消毒.jpg
耕した田んぼに、苗箱を並べ消毒をする。
P1010091糸張り.jpg
苗箱にラブシート(保温のため)で覆い、カラスなどから種モミを食われないように、糸を張り巡らす。
田んぼに水を入れる。これで一連の作業は終わりです。
これから35日後に「田植え」となるんである。
今回の地震の影響で、米作りを諦めた方々が沢山いらっしゃる。おいらたちは恵まれていると強く感ずる。
そいじゃ〜ぁ、おいらたちも水分補給しなくっちゃ。
P1010097乾杯.jpg
今回の食事担当は、おいらん家です。女房の手作り料理で乾杯。
P1010105ろうそく.jpg
中庭での宴会、電気がないため、蝋燭が活躍します。
おいらは、いつものとおり酩酊。目が覚めたのが本日の4時でした。
   集まりて 豊作願い 喉潤す
 







posted by 松つあん at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月13日

呑んでは運び・運んでは呑み

大雨の後は晴天が続く。
庭の車道を歩道に改造中です。バラス運びは済んだものの、庭園?となる所の土運びが延び延びになっていた。
二日間の晴天で土も乾いたことから、土入れ作業となる。
年老いたおいらには過酷な作業であることから、軽トラダンプを持っている「君ちゃん」に応援を依頼した。
作業前に安全を祈願して乾杯(おいらは焼酎、運転手の君ちゃんはウーロン茶です)。
キジ小屋周辺(我が家から1q)の土をトラクターのローダーですくい上げ、ダンプに載せる。ローダー4杯で重量オーバー寸前。我が家に運び込み土をドサーッ。それを繰り返すこと30回。
P1010065軽トラ.jpg
(焼酎に酔ってパチリ。おいらの目と一緒でピンボケです)
力仕事ではないんだが、炎天下では汗じっくり。合間を見ては、おいらは焼酎・君ちゃんはウーロン茶をゴックン。
終了したのは、午後6時である。
そいじゃ〜ぁ、打ち上げは本格的に呑まないと・・・。実は、君ちゃんは大の呑み助でした。大変お待たせ「米焼酎・白岳」を召し上がれっ。
おかげで、目が覚めたのは、本日の「ご〜ぜん〜3時よ〜っ」。
   呑み助に ウーロン茶 下戸のおいらは 焼酎ロック だから世の中 面白い
posted by 松つあん at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月10日

阿蘇神社がとんでもないことに

本日は土砂降りの雨。大雨警報が発出されている。
仕事はなんにもできないじゃないか。
そいじゃ〜ぁ、昨日作成した県道・市道の危険個所の補修依頼の文書を、県と市に届けに行こうっと。ついでに軽自動車二台分の税金を支払いもっと。おっと、食品販売業の更新もするかっ。
要件を済ませると、携帯がおいらを呼ぶ。
大分県は竹田市の知人からである。相談があるとのこと。
ゲッ、竹田に行くには57号線であるんだが、先般の地震で一部で道路が陥落して通行止めになっている。
別ルートを探し当て、大雨の中を突っ走る。
相談て〜ぇのは、大したものではなかった。
要件を済ませ昼食とする。
隣りのお客の声が聞こえてきた。「今度の地震で阿蘇神社が壊滅状態になった」と。
ニュースで聞いてはいたが・・・。阿蘇神社には、お神楽・火振り祭りなどの際、参拝したことがある。実に荘厳なものであったと記憶している。折角と思い、阿蘇神社に立ち寄ることにした。
P1010059阿蘇神舎.jpg
おぉぉ・・・。巨大な神殿が潰れているではないか。な〜んだか涅槃の像が倒れこんでいるようにも見える。
修復にかかる費用・時間は計り知れない。
自然の悪戯も度が過ぎまするっ。
   阿蘇神社 巨大ナマズに 耐えきれず
posted by 松つあん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月09日

雨の降る日には・・・

昨夜から雨。この雨は三日間ほど続くとのこと。
キジたちに餌・水を与えて、卵拾いとなる。
今回生まれた雛たちは、いたって元気である。
小屋の外は激しく降ったり・小降りになったり。
昼飯を喰らい、ひと風呂浴びる。
P1010054雨.jpg
草刈りやら土運びの仕事が控えているんだが、この雨では何にもできない。
アッそ〜か、先般の地震で県道が陥没しかかって、やや危険と聞いていたことを思い出した。
現場を確認し、県の土木課宛に補修依頼文の作成となる。それと、今年の10月で任期が切れる民生委員の人選をそろそろ手掛けなくては。人望があり・口が堅い方が望ましいんだが、なにせ任期が3年と長いことから、敬遠されがちである。下手な戦略を考えるとでもするかぁぁぁ。
一服しながら、日本蜜蜂の巣箱を覗く。
雨の降る日は、蜜の収穫はできないんだろう、飛び立つ蜂は皆無。巣箱の中でチョロチョロ動いている。ヒョイとしたら、雨の降る日は、蜜蝋を作っているんでは…。
ま〜あ、農家の者も蜜蜂も、雨が降ってもジッとしていられないんであろう・・・。
   雨の日も 休むことさえ 忘れがち
posted by 松つあん at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月08日

ご主人そっくり

今日は母の日、長男坊から花が届いた。
本日のお客さま、若夫婦に子供さん二人(2・3歳)、ご両親の六名様。
乾杯の前に、お孫さんからお婆ちゃんにカーネーションのプレゼント。
で〜つ、食事の合間に、お母さんと子供二人が不明に。
P1010050ルパン.jpg
ゲッ「人咬みルパン」と恐れられていた愛犬と、戯れているではないか。
「この犬は、8人の方の足を咬み、大変な迷惑をかけたんですよ」と注意を促す。
「そうなんですか・・・。しかし、ルパンのお目目は、ご主人そっくりではないですか。とても人様を咬む犬には見えませんよ」と、奥さまは仰りながら、そのまんま子供たちと、お遊びになられている。
言われてみれば、気性の激しかったルパンは早14歳。若かりし頃のルパンと、おいらのお目目はキツネ目。今では二人して垂れ目なんである。怒る元気もなくなったてなことです。
   年喰えば 昔嫌われ 今ほとけ
 
posted by 松つあん at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月07日

キジのお店は、緑の館

熊本地方を襲った地震で、ゴールデンウイークの稼ぎ時に、全てがキャンセル・新たな予約なしの状態であった。
そのことを知ってか知らずでか、45年前のサークル仲間が、元気づけにとやって来た。
P1010047乾杯.jpg
お互い、年取ったものの、懐かしくてお酒(祝い酒)が美味いこと・美味いこと。
会話は言わずもがなの武勇伝。
おいらにも、そんな勇気があったのか・・・、自分でも可笑しくて・腹を抱えて笑っちまった。
P1010044緑の館.jpg
で〜つ、ある奴が言う「田舎暮らしに憧れていたんだが、こんな緑に囲まれてるなんてワンダフル」と。
おいらに言わすれば、遠い昔の友と酒を差しっ差されついけるなんて・・・な〜んだか、若さが蘇った感じである。
てなことで、正午に乾杯し、お開きは午後の9時でございました。
気分いい・つ〜うか、年取った老人たちが、若返ってしまった本日の出来事でした。
   皺は寄れども あの梅干しは 色気離れた粋な奴


posted by 松つあん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月06日

二個目の巣箱(日本蜜蜂)

玄関横の日本蜜蜂、先般、分蜂して蜂の数が少なくなったものの、蜂たちはせっせと蜜を運び込んでいる。
新品の巣箱(5箱)を作っているんだが、ようやくその内の一つが完成したため、栗林の中(眺めがよくて・朝日が当たり・西日が当たらぬ所)にセットした。
P1010033巣箱.jpg
3〜4月にセットするのが望ましいと聞いていたんだが、忙しくて本日になっちまった。
未だ地震が続いているんだが、蜜蜂たちへの影響は如何に・・・。
   蜂よ来い こっちの箱は 住みよいぞ

posted by 松つあん at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月05日

ご先祖さんが、お墓で泣いている

本日も震度3クラスが度々。その深度の全てが10qと浅いのが気にかかる。
本震で校区内のお墓が壊滅状態。皆さん、修復したいんだが、また強い地震が襲ってきたら、元も子もないてなことで、今のところそのまんまの状態。しかし、お盆も控えているため、ヤキモキしているとのこと。
で〜つ、おいらん家のお墓は、合志市にあるんだが、御多分に漏れずであろう・・・。修復費は数十万円を覚悟している。
そんなことで、昨日、時間を見計らって、お墓の様子を見に行ってきた。
アレッま〜あ。200程あるお墓の数カ所が崩れていただけである。
おいらん家のお墓は・・・。
お墓の側面の石が一個だけ倒れてました。
倒れた石を抱えようとしたんだが、ビクともしない。
修復に見えていた石材屋さんにお願いして、即、元通りにしてもらいました。
P1010038お墓.jpg
二人で抱えてドッコイショ。
てなことで、おいらん家のお墓は、いとも簡単に元通りになりました。
そのことを近所の方にお話しすると「松つあん所は良かったねっ。こちらの方は被害に遭ってそのまんま、さぞやご先祖様がお嘆きになってることだろう」と、返ってきた。
   黄泉の国 身動きとれず 泣いている


posted by 松つあん at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月04日

老婆心

ウィ〜ッ、ヒック。え〜っと、ヒック。
昨夜からまだ呑み続けています。これから先は酔っ払いの戯言です。
今回の熊本地方を襲った地震は、おいらが住んでいる菊池市も、例外なく痛手を被った。
昨日、避難勧告が解除されてホットしている本日です(ヒック)。
で〜つ、今回の地震は意地悪な奴で、震源地がコロコロ変わっている(ヒック)。
たまさか、地図上に、その震源地に点を置いていった(ヒックヒック)。
その点を辿ると、熊本県は宇土市から熊本市・阿蘇地方・別府市と一直線。その線上に阿蘇山があった(ヒック)。おまけに最近、阿蘇山が噴火し始めたとのこと。ゲッ!ヒョイとしたら(ヒック)、これまでの地震は(ヒック)、阿蘇山大噴火の序曲なんであろうか(ヒック・ヒック)。大切なあそこが縮こまりました。
そんなことを、焼酎傾けながら話すと・・・。
「コラッ、松つあん(ヒック)。そいつは冒頭に、老婆心ながらを付け加えないといけね〜ぇよ(ヒック・ヒック)」と、酔っ払った明ちゃん曰く。
ま〜あ、老婆心ではなく、酔っ払い老爺心の戯言でした。
   酔っ払い シチョウ知らずに 碁を打つな
そろそろ寅の刻(午前4時)お寝んねしますか
posted by 松つあん at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記