2016年04月30日

キジの赤ちゃん、震災を乗り越え誕生

二週間前、熊本地方を襲った地震。
その影響で、電気がストップした。テレビは点かないわ・冷凍庫が動かないわ・暗い夜が続きました。
気になったのが、孵卵器が動かなくなったことである。
通常であれば、24日目でピョピョと雛が生まれるのであるが、温度が下がったことで、卵が死ぬ心配である。
26日目の本日、孵卵器を開けてみたところ、生まれてました。
P1010005簸な7誕生.jpg
電気が止まった分(二日間)遅れて誕生した訳である。
P1010009手に乗る.jpg
手に取ってみれば、こんなに元気な姿をしている。嬉しいねっ。
早速、育雛器に移動しなくっちゃ・・・。
ゲッ、雛専用の餌を買うのを忘れてた。ボケの始まりです。
止む無く、熊本市内まで車を走らせました。
市内は震災の影響で渋滞。3時間も要しました。
P1010014育雛.jpg
お腹を空かしていた雛たち、競ってパクパク。
今後は、育雛器の温度管理に神経を注ぐことになる。
   震災に 負けてたまるか 雛誕生





posted by 松つあん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記