2016年04月06日

キジの恩返し

本日のお客さま熊本市内から5名様。
春の収穫と味覚を楽しみに来られたんである。
期待されていたタケノコは、裏年てなこともあり、5本探すのがやっとこさ。
我が家の庭のタラノ芽は、食べらて・持ち帰られる分まであった。その他、蕗やら山椒・タンポポなど。
お出しした料理は「キジのすき焼きコース」。
皆さま、「キジすき」は初めてだそうで、美味しいの連発。
そんな時、携帯がおいらを呼ぶ。
熊本市近郊の男性の方からである。
「2〜3年前から、オスキジが庭先でたむろしている。どうもメスと死別したのではと心配している。可哀想に感じるので、メスキジを分けて欲しい」旨の内容である。
「一羽5000円もしますが」に、納得された様子。
一時間ほどで到着された。
DSC00875.JPG
「メスキジを持ち帰ったら、野に放します。いつも来ているオスキジと幸せになるだろう」と仰る。
おいら、悪いと思いつつ言っちゃいました「そんな、うまい具合にいくでしょうか。メスキジが訳が判らず、遠くへ飛んで行ったら、五千円札の紙飛行機を飛ばすのと一緒になりませんでしょうか。勿体ない」と。
「いやいや、それでもいいんです。私は高齢ですし、何か一つぐらいは、良いことをしたいんですよっ」と返ってきた。
「ヒョイとしたら、キジの恩返しがあるかも」とお応えする。
お客さまは、笑顔で無言のまんま。
良い結果がでればいいのだが・・・。
   正直爺 ここ掘れケ〜ンケン 大判小判がザックザク
posted by 松つあん at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月05日

ドッコイショの連発

庭の車道を歩道に改造することにした。
とは言っても、そう簡単ではない。庭師に依頼すれば、相当のお金がかかちまう。
「貧乏人は汗をかけ」てなことです。
事前に、でっかい石を50個・枕木(電車の線路に使用したもの)を60本を購入。
歩道と畑の間に石を置いていくんだが、石の大きさがマチマチなため、穴を掘って高さを調整していくんである。
P1000858ドッコイショ.jpg
この石、重たいの何のって・・・。顔を真っ赤にして、ドッコイショ・ドッコイショの掛け声で、転がしたり・抱えたり。
P1000859完成.jpg
こんなイメージになりました。
あ痛っ!首やら肩やら足腰がガクガク。
明日からは枕木の作業となるんだが、事前にバラスを敷いてから、枕木を二段にセット。これが一本60sと、なかなか簡単に運べないんである。明日は身体が動くんでありましょうや?。
   色男 金と力は なかりけり
(苦笑い)
posted by 松つあん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月04日

孵卵器の稼働開始

キジ・ほろほろ鳥の卵が産まれだしたため、先般、大分県の廃品業者から購入した孵卵器を稼働することにした。
室内温度を37.8℃にセット、孵卵器の底面に水を張る。転卵(卵の棚が自動的に傾く)の機能が大丈夫なのか、やや不安が残る。
P1000853たまご.jpg
キジの卵89個、ほろほろ鳥の卵8個を入れる。
機器に異常がなければ、24日後にピョピョとキジの雛が姿を見せるはずである。因みに、ほろほろ鳥は28日後である。
   春眠に 孵卵器稼働 眼を覚ませ
   
posted by 松つあん at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月03日

一日ゆ〜っくり、彼岸ごもり

本日は「彼岸ごもり」。
各小集落単位で、お墓参りを済ませて、正午から懇親会てな算段。
チョイと時間があったため、NHK日曜討論をチラリ。その中で、山本太郎が「ウソつかない TPP断固反対 ブレない(日本を耕す自民党)」のポスターを掲げ、「与党は毎日がエイプリルフールだ」には、お腹を抱えて笑っちゃった。座布団三枚ものだっ。おいらたち田舎者は、毎日が誠心誠意だもんねっ。
てなことで、正午の合図でカ・ン・パ〜イッ。
P1000852乾杯.jpg
会話は、田植えの準備やら健康の話など、至極真面目な内容である。
おいら、最近、肝の臓が弱っているんで、焼酎をチビリチビリ。
そういうことで、身体を癒す一日でした。
  彼岸ごもり 酒控えめ 癒しの日
posted by 松つあん at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月02日

サイタ サイタ サクラガ サイタ

おいらん家は、標高250m。
熊本市内やら菊池市内よりも2〜3℃低いことから、桜の開花も遅れるのである。
P1000848サクラ.jpg
てなことで、ようやく桜の花が咲きました。
「サイタ サイタ サクラガ サイタ」。
な〜んだか、小学校一年生の時の国語の教科書を想い出しました。
明日なんぞ、ライトアップして、夜桜で一杯いきますかなっ。
追伸 孵卵器の電気工事が無事終わりました。明日から卵を孵化することにします。
   山奥の 桜咲いたよ 人並みに
posted by 松つあん at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月01日

廃品の孵卵器(フランキ)、動くかな?

これまで使っていた孵卵器(昭和55年製)の心臓にあたる場所が壊れ、修理代が途方もなくかかることから、彼方此方捜していた。新品は200万円もすることから、中古物件をである。
大分県は竹田の田舎の廃品回収業者にあるとの情報を聞き、早速、行ってきた。
値段は12万円の提示だったが、使えるかどうか不明な点があったため、値下げの交渉をし、7万円で手を打つことにした。
P1000841引き上げ.jpg
ガラクタの山の中にある孵卵器、相当な重さである。ユニックでようやく持ち上がる。
P1000842載せる.jpg
おいらの軽トラに積んでもらう。
ヒョイとしたら重量オーバーかな?。
社長さん曰く「重心が高いから、カーブを曲がる際はスピード落とさないと、軽トラごと引っ繰り返るから、気を付けてねっ」と。
てなことで、恐る恐る・ゆ〜っくり運転して我が家へ。
軽トラから孵卵器を降ろすのに、これまた重機が必要になる。
P1000845降ろす.jpg
隣り集落の自動車修理屋さんに相談したところ、フォークリフトで降ろすことになった。
リフトの爪が入らなくて四苦八苦する。
設置P1000847.jpg
どうにか設置することができました。
肝心の電気は、動力であることから、明日に電気屋さんに来てもらうことにした。
動いてくれよ、孵卵器殿〜っ。
   廃品が 宝となるや 祈るのみ
   



posted by 松つあん at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記