2016年03月30日

半病人の老人が何故もてる

52年間も付き合っている先輩(74歳)が、田舎の病院から熊本市内の病院に移ったとの情報あり。どうも重症らしいとのこと。
この先輩、その昔、博打大好きな奴で(競輪・競馬・オートレース、麻雀・花札等々)、賭ける金額も半端ではなかった。おいらは運転手で同行していたんだが、殆ど手は出さなかった。
博才があったと思う。緻密な計算で本命狙い。競輪なんぞでは、150円の配当があれば御の字と豪語していた(100万円打てば50万円の儲けである)。そんなことで、トヨタマークU(40数年前は花形車)をキャッシュで買ったりで羽振りは良かった。
で〜つ、いつしかノミ行為(胴元)に走り、強面に目をつけられ、大変なことになったこともある。
ある日、バーで横に女を侍(はべ)らせ、酒を呑んでいたところ、強面と喧嘩になる。首に短刀を突き付けられた際「こいつは(おいらのこと)、関係ないから見逃してくれ」と、おいらをかばってくれた場面は、今でも鮮明に憶えている。
他にも色々あったが、人様に言えるような内容でないので、墓場まで持っていくことにします。
そんなことで、兄弟みたいな付き合いを続けていたんである。
前置きが長くなりました。
そんな先輩を見舞いに行ってきた。ある程度の覚悟を持って。
P1000833.JPG
酸素マスクを付けてはいるものの、いたって元気な様子であり、ホットする。
30代のビックリするような美人が、入れ替わりに見舞いに来る。
「誰だい?、今の綺麗な人は」と問うと。
「もうカレコレ5〜6年の付き合いかな〜ぁ。俺は、年寄って金もないし、おまけに半病人。何故なんだろう・・・、下心が無いからかな〜ぁ」と。
別棟から看護師さん二人が、笑顔で、おいで・おいでと手招きしている。病院でも人気者になっているのである。
この先輩、あと10年は大丈夫であろう・・・。見舞いに来たのが阿保らしくなり、病院を後にした。
   老いてなお 男の魅力 輝けり
 
posted by 松つあん at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月28日

貧乏人に暇はない

早朝はかなり寒い。
白い息を吐きながら、ギジの捕獲に行く。殺処理するためである。
処理場には先客あり。鶏を100羽ほど持参されている。
軽トラから降ろす作業を手伝ってあげました。
P1000402処理.jpg
アッと言う間に、鶏は解体されていく。
その方とお話ししていると、何やら遠い親戚の方であった。世の中狭いもんだ。
帰り道で、ブルーベリー畑に散水をする。
本日のお客さまは二組。
遠くは山形・宮城・鹿児島の方たち。仕事仲間だそうだ。
おいらの店は、食べログで探し当てたとのこと。
お出しした料理は「キジ鍋コース」。
来た甲斐があったと、パクパク。野菜と肉の追加あり。
トヨタのワンボックスカーが到着。
福岡の方々である。口コミで知ったとのこと。
料理はフルコース。お一人は5月に出産てなことで、大きなお腹を抱えて、子供の分もまでパックパック。
「次回は子供さんを抱っこして来てね〜っ」とお見送り。
「男の子ですよっ。名前も考えてます」と笑顔で返ってきた。
洗い場に溜まった食器洗い、こいつが時間かかって面倒なんだ。その間、女房はお店内の清掃作業と明日のセット。
オッとブルーベリー畑の水を止めに行かなくっちゃ。
女房から電話あり「北九州のフランス料理店へキジ肉の発送があるんじゃ」と。
発砲スチロールに肉を詰め込む。クロネコヤマトの受付時間にギリギリセーフ。
お次は、明日の仕込み。
な〜んだか、儲かっている感じがするものの、キジの処理代・ガス代等出費はかさみ、財布は薄っぺらのまんま。ま〜あ「貧乏人に暇はない」てなことです(苦笑い)。
   仕事は遊び 遊びは仕事 これがおいらの生きる道
(これって強がりなのか・・・)
posted by 松つあん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月24日

モクレンが満開


P1000829開花.jpg
我が家の庭のモクレン、綺麗に咲き誇りました。
蕾やら花は、僅かではあるが北方向を向いている。
これは、日の当たる南側の蕾が膨らむためだそうな。山で方向が判らなくなった時、コンパス代わりに使えるんだって。
この花、2〜3日で散ってしまう。風でも吹けばどうなることやら。美人薄命ってモクレンのことを指しているのかな?。
   止まれ風 儚い命 お情けを
posted by 松つあん at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月23日

体力の限界を超える

先般、渋柿を60本植えたんだが、残り64本を本日植えることにした。
おいら一人では出来っこないことから、同じ集落の「君ちゃん(おいらより1歳年下)」に支援をしてもらう。
朝8時半から、スコップ・トウガ・鍬を担いでレッツゴー。
P1000822植え付け.jpg
強靭な根鞭(ねぶち)を取り除きながらの作業は、二人の老人の顔が曲がるような腰の痛み。
2本植えては一服・2本植えては一服。
その一服の際、君ちゃんは、ガソリンでパワーアップと言いながら、茶色したドリンクをゴックン・ゴックン。
「何だい?その飲み物は」
「パワーが出るよっ。松つあんも呑んだら」と。
一口入れてみた。
ゲッ!焼酎のウーロン茶割りではないか。おいら、肉体労働の際、アルコールを入れたら寝込んでしまうから止めときました。
そうこうしているうちに正午の合図。
植えた本数は20本。本日、全てを植えるのは無理な気がする。
おいら、疲れて昼飯が喉を通らず、お茶のみ。
君ちゃんは、飯食わず、ガソリンをゴックン・ゴックン。
さ〜ぁて、昼からも頑張るぞ〜っ。
二人して、身体の動きが鈍くなってくる。
おいら、脳天が痛くなり出し・クシャミが出だす。体力の限界が来たのである。
一本植えては一服、一本植えては・また一服。二人共、その一服は腹這い状態。
交わす言葉も弱弱しくなる。
時計は5時を指している。これ以上頑張ればヤバイ。
「悔しいけど、本日はこれまで〜っ」と投げやりに言う。
「これ以上は、腰も肩も動かない、バンザイ・万歳だよ、松つあん」とは、うつろな目した君ちゃん。
てなことで、苗木20本を残して、本日のう・ち・ど・め〜っ。
   限界超え 足腰立たぬ 老ふたり
posted by 松つあん at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月22日

ロメオとジュリエット

本日のお客さまは福岡から。
見知らぬ乗用車であったため、お尋ねしたところ「イタリア製でアルファロメオと言う車です」と。
P1000807ロメオ.jpg
一見小型車のようだが、排気量3200tと超デカ。四駆であることから、コーナーリングは抜群。しかしながら、リッター当たり4qと燃費は悪いとのこと。
料理の準備しながら、女房とヒソヒソ話。
「ロメオって、ロメオとジュリエットの由来からだろう・・・」と呟くと、女房「それは、イングランドのシェイクスピアですよっ、車はイタリア製と仰ったでしょう。関係ないんじゃ」と。
溶岩焼きをお出しする際、恥を忍んで聞いてみた。
「ロメオ車って、ロメオとジュリエットから名付けられたんでしょうか?」と。
若奥さま「物語の舞台はイタリアなんですよっ。因みに、アルファジュリエッタと言う車もあるんですよ」と。
あぁぁ、聞いてよかった〜ぁ。
P1000801.JPG
これは、アルファロメオのエンブレム。十字軍の紋章と侵略者を喰らう蛇をもじったものらしい。格好がいいねっ。まるで貴族にお逢いしたみたいである。
   リタイアで 禁断の恋 ありゃしない
posted by 松つあん at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月20日

サクラサク

キジ達にも春が来ました。
そうなんです、キジが卵を生み出したんです。
例年からすれば、一週間早い産卵。ま〜あ、温暖化のせいであろうか・・・。
P1000775たまご.jpg
13個と、数は少ないものの、10日後位頃からは、機関銃の引き金を引いたようにポンポン生み出すことであろう。
新たな生の誕生。ま〜あ、実に嬉しい出来事である。
本日のお客さま、遠くは長崎市からの家族連れ。
長男が高校受験に受かったことから、そのお祝いにキジを喰らいに来たとのこと。
「桜咲くですか、おめでとう」と、お祝いの言葉を述べる。
弟(中2)が「ここの桜は、未だ蕾だよっ」と。
これには全員が大笑い。
産卵と合格、目出度い一日でした。
   老いぼれは 何処から見ても 散る桜


   
posted by 松つあん at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月19日

順番待ちです

例年通り、隣んちのモクレンの花が咲きだした。
P1000765おとなり.jpg
奥にある白い花が咲いて、一週間後に手前のピンクの花が咲くんである。
で〜つ、おいらん庭のモクレンは・・・。
P1000771我が家.jpg
このように、未だ蕾の状態である。蕾に露がかかっている。まるで「セーラー服姿」に見える。これって助平根性ではなく、純粋な心から覚える言葉だよっ(笑っちゃダメ)。
この蕾、来週頃から一斉に開花することであろう。
ま〜あ、少女たちが時を同じくして裳着(もちゃく=その昔、12〜16歳になると、一人前の女性になったと認識され、裳を着せられたとか・・・)と言って、腰紐を結んだり髪を上げたりしたんだって。
と言うおいら、今や、ヨボヨボ老人になりにけり。昔の栄光(笑)を捨てて、現実を正面から見よう〜っと。
    順待ちは 墓場行とは 知らなんざ




posted by 松つあん at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月17日

完全春モード

料理の盛り付けを終え、お客さまをお待ちしていると、隣の「ミカちゃん」が、愛犬を連れて遊びに来た。
P1000740春.jpg
胸を膨らませ、春の花「菜の花」を抱いてである。
ミカちゃんは、高校を卒業したばかりで、今後は、美容の専門学校に進むとのこと。
「オジちゃん!私は、選挙権を貰ったから、社会人になっただよね。お酒、訓練しょうかな〜っ」と。
「おうおう、嬉しいこと言うね〜っ。今度、スナックに連れて行くからね」と相槌する。
ウインクしながら「オジちゃん!。待ってるよっ」と。
   春の陽気に誘われて 私をスナックに 連れてって
     
posted by 松つあん at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月15日

お袋の遺言?

施設にお世話になっているお袋(満100歳)から電話あり。
「お前に話しておきたいことがあるから、パソコンを持って来い」と。
仕事の合間を縫って、行ってきた。
話の内容は、相当昔のことであった。
P1000735お袋.jpg
お袋の先祖のこと、家宝(刀)のこと、女学校卒業して看護婦になったこと(その経緯・恵楓園での実習・長崎原爆の看護など)、お世話になった大牟田市の友人のことなどであった。
一時間に渡る想い出し・想い出しの話で、お袋疲れたらしく、15分間の休憩。
タバコを二本吸って、聞き取った内容の不明な部分の確認をする。
全体的に、薄っすらとは聞き及んでいたが、詳しく知ると、お袋の人生の流れが判ってきた気がする。
ひょいとしたら、遺言?であろうか・・・。
    百年の 波乱万丈 悔いはなし

 

posted by 松つあん at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月14日

二度あることは三度ある

昨年の初夏に、腱鞘炎を患い、右手薬指と左手親指の手術をした。
結果は良好で、重労働にも耐えうる指になっていた。
ところが、二週間ほど前から、左手薬指の根元が痛みだし、日を重ねるごとに痛みが激しくなってきた。
堪らず、本日、掛かりつけの病院に行った。
P1000721待合室.jpg
病院は大々的に増築されているものの、待合室は患者さんでい〜っぱい(70名程度)。
50分待ちと告げられる。
その間に炎症を起こした部位のレントゲン撮影。
P1000726レントゲン.jpg
担当医曰く「松つあん、またやっちゃったの・・・、いきなり手術した方が、治りが早いよっ」と。
「ゲッ、スケジュールが混んでて、せめて一カ月猶予を下さい」と返事する。
「判った・判った。あんた〜ぁ、これって三回目だろう・・・」と、取り敢えず炎症を抑える注射をグサッ。この注射の痛いこと、おいら足をバタバタしながら堪えました。担当医には、この痛みは判るんだろうか、笑顔で「あんた働き過ぎだよっ。歳を考えないと」とポツリ。
   腱鞘炎 二度あることは 三度ある
判っちゃいるけど、夢叶うまでの辛抱だ
posted by 松つあん at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月12日

あれから40年(久々の結婚式)

同じ集落の若者が、結婚することになった。
本日は、その披露宴にお招きにあずかる。
P1000640誓いの言葉.jpg
新郎はクリスチャンてなこともあり、洋式での誓いの言葉。
ガラス張りの床からの照明には神秘さを感ずる。
P1000714キャンドルサービス.jpg
キャンドルサービスにも拘っている。
呑みながら想い出しました。40年前の、おいらの結婚式のことを。
「貴方なしには生きていけない」当時の女房のお言葉です。
で〜つ、現在に至っては、おいら粗大ゴミ扱い、綾小路公麿が仰る通りの昨今です。トホホホ・・・。
明朗あり。おいら達のテーブルの担当者、宮沢りえそっくりさん。
P1000659宮沢りえ.jpg
鼻の下が長〜いのは、ジジィのおいらです。
で〜つ、新郎に言っちゃいました「人生には三つの棒がある。先ずは貧”乏”、そして貧乏に耐える辛”抱”。この辛抱を超えると希”望”が見えてくる。おっと、もう一つのボウがある。あんたの真ん中の生き生きとした棒、子作りに励んで、早く両親を安心させよ」と。
新郎、間髪置かず曰く「了解です」と。
実に頼もしいねっ。
   あれから40年 あの言葉 忘れたのかい 女房殿

posted by 松つあん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月11日

春を謳う(うたう)

本日のお客さま二組。
婚約間近(?)な若者と、まだまだ元気なご老人の方々。
キジのお話をさせていただく。
「キジは春にしか卵を産まないため、季語は春を指します。ですから、”春の夜の きじが・・・”てな俳句はブブーとなります」てな具合に。
本日の前菜は・・・。
P1000560フキノトウ.jpg
蕗の薹、雪ノ下、ヨモギの天ぷら。我が庭に生息するものです。勿論、サービスなんだが、ある時のみです。
今後は、タラノ芽、タケノコが順番待ちしている状態。
お客さま、ウンウンと唸りながら「キジに蕗の薹・・・、春を謳ってる気分だよっ」と曰く。
   旬を食べ 春の幸せ 満喫す
 

posted by 松つあん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月10日

ユンボ様様

ひとつ忘れていました。
真竹山を開墾した際、でっかい杉の木を倒して、適当な長さに切っていたんだが、こいつを製材所に運ぶことを。
ユンボマン曰く「松つあん、この大木、小さなユンボで抱えきれるのか判らない。駄目だったら御免ねっ」と。
P1000565かかえる.jpg
そ〜うらドッコイショ、ようやく引き上げることができました。
P1000568載せる.jpg
2トンダンプに載せるのに一苦労。
そのまんま、製材所に直行。
社長さんに椅子・テーブルの図面を渡し、劃(わ)いてもらうことにした。
料金は、劃く作業の1時間当たり1万円とのこと。「一週間後に取りに来て」と曰く。
これでユンボの仕事は終了。
ユンボは、リース屋さんに戻すことになる。
2トンダンプにどうやって載せるんであろう・・・。
P1000582曲芸.jpg
何のことはない。自分で自分を抱え上げ、2トンダンプに載せるんである。
ま〜あ、ユンボの曲芸である。
おいら達には、できっこない操縦である。
   ユンボ様 アクロバットに 感心す
 

posted by 松つあん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月09日

恵みの雨、柿の苗植え付け

本日は、渋柿の苗を植え付ける作業。
トータル124本なんだが、取り敢えず60本を持ってきてもらうことにした。
60本でも、おいら一人ではとても無理な量である。
前もって「幸ちゃん(30歳)」に応援を依頼する。
返事は「明日、相当量の雨が降れば、応援できますが・・・」との返事。彼は、牧場経営傍ら林業のバイトをしているからである。
午前8時、幸ちゃんが、カッパ姿で「おはよう」と笑顔で挨拶。おいら、あぁ助かるな〜ぁ、ホットしました。
併せて、植木屋さんが苗木を持って来られる。高瀬と言う種類を20本とアタゴ40本。
さ〜あ、出発進行!。
真竹を開墾した場所に着いた途端に雨がポツリ。
ユンボで掘ってもらった穴に苗木を入れ、土を入れていく。
最初は勢いに任せて、スコップで土を入れていくも、10本目頃から身体が言うことを聞いてくれなくなる。
幸ちゃんはマイペース。若いっていいな〜ぁ、羨ましい。
P1000605植え付け.jpg
土砂降りの雨となる。女房が熱いコーヒーを持って来たところでパチリ。
雨に濡れた土は、スコップにこびり付いて、作業が一段と辛くなる。
おいら2本植えては一服の繰り返し。幸ちゃんは、黙々と作業を続ける。
しか〜し、この雨が降ったからこそ、幸ちゃんが応援に来られたんであり、晴天であれば、おいら一人で苗を植えた後、300リッターのタンクに水を積んで散水作業があるんだが、その作業が省けたんである。恵みの雨ちゅうことです。
汗流しながらの会話は、お互いの夢物語。若者とジジィの共通点も多々あり、力を貰う格好となる。
植え終わったのが、午後1時半。
泥だらけの姿で昼食。
今日の仕事を終え、体力の衰退を強く感ずる。これから先、大丈夫なんだろうか・・・。ま〜あ、行けるところまでやっちゃいましょう。
   老体に 鞭を打てども 動かざる
 



posted by 松つあん at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月08日

本日は晩酌抜き

今年は暖冬、ブルーベリー畑の雑草も暴れているのでは?。
案の定であった。
てなことで、昨日の15時ごろから雑草を根っこから引き抜く作業となる。
途中、おいらの右目に枝がバチン。痛いことこの上ない。ここは我慢して夕闇迫るまで頑張る。
ひと風呂浴びて、楽しい晩酌。
呑めば血行がよくなるのであろう、目がズキズキと痛みが増してきた。
読み書きするのもできない状態。
寝ることにしょ〜っと。
本日は早朝より、キジの処理場へ100羽連れていく。
「松つあん!。右のお目々が真っ赤だよっ。悪いことでもしたのかい」と、包丁片手に担当のオバちゃま曰く。
こりぁ〜拙いと思い、眼科に行く。
待合室は老人たちで押し競饅頭(おしくらまんじゅう)。てなことで、40分待ちと告げられる。
ようやく、おいらの番が来ました。
「昨日、かくかくしかじかで・・・」と看護師さんに説明する。
「検査をし〜ます」と、視力・眼底・眼圧の検査となる。それも両目をである。
意地悪なおいら「おいら、右目を傷つけたから、ここに来たんだよっ、どうして左目まで検査するの?。右手を怪我して、左手まで検査するのと同じだよ。左目の検査、無駄だよっ。こんなことするから健康保険の危機と言われるんだよっ。先生にも、このことチャンと伝えてね」と、真面目な顔して言っちゃいました。
「松つあん、この怪我どうしました?」とは先生。
おいらの目を診ながら続けて曰く「片目を検査しょうが、両目を検査しょうが、料金は同じです」と。
おいら「(おいらが看護師さんに言ったこと伝わってる、いいことだ)先生、李下に冠ですよ」と小さな声で応えました。
目薬をいただき、ブルーベリー畑の雑草を抜きに行く。
P1000597ブルーべ.jpg
女房が心配して、応援に来てくれました。
お陰様で、午後4時には終了。散水を始める。
キジの処理が済んだころである。朝まで元気だったキジたち、真空パック詰めの姿に。
キジの骨(ガラ)は7時間かけてスープ(灰汁を取ながら)づくりにとりかかる。出来上がるのは、丑(うし)の刻になるはず。
オッと、散水を止めにいかなきゃ〜ぁ。
それでは、楽しい晩酌。イヤイヤ、目の傷が痛みだしたら敵わない、止めとこう。
久しぶり素面でのブログでした。
   目が痛む 今宵酒抜き あなをかし

posted by 松つあん at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月06日

好きなナンバーは444

本日のお客さま、常連の方で、飛びっきりの美人。
愛車はスポーツカー(昨日のお客さまもスポーツカーだったっけ)。
エ〜ッと、前回のご来店の時と、車のイメージが違っている。お客さまにお聞きした。
「正面から後ろにかけ、大きなラインを引いたんです」と仰る。
な〜る程、流石・女性特有の感性であろう。車をファッションと捉えられているのである。
で〜つ、車のナンバーが「444」となっている。
「嫌いな男は、(手の甲を前に振りながら)シッ・シッ・シ〜ッですか?」と言えば。
隣りにおりし女房が「イケメンには、(ウッ)シッ・シッ・シ〜ッ」との駄洒落。
てなことで、楽しい会話ができた一日でした。
  春らしく 車のイメージ 替えました
(美人にうっとりして、写真撮るのを忘れました)  
posted by 松つあん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月05日

乗ってみたいなっ、人妻ではなく、車・車です

本日のお昼のお客さま、中年の魅力あるご夫婦。
乗ってこられた車は「マツダ・ロードスター(昨年から販売・1500t・ハイオク・二人乗り・価格約300万円)」、真っ赤色したオープンカー。
「このクルマを走らせれば、きっと誰もが、幸せになる」のキャッチフレーズ、胸が弾みますね。
おいらゾッコン。欲しかったんだが、財布に相談すればノンノン。分相応てなことです。
キジ鍋に舌鼓されてるお客さまに了解を頂き、女房にシャッターをお願いした。
ロードスター.jpg
「お父さん!。どう見たって、不釣り合い。他人の車にしか見えませんよっ」とズバリ本音で曰く。
貧乏人には似合わないてなことです。
ま〜あしかし、夢を捨てたら空しいよねっ。
   涎出る 夢のまた夢 オープンカー
posted by 松つあん at 22:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月04日

山林の道づくり

真竹山の開墾が終了したことから、ユンボで道づくり・苗木を植える際の穴掘りをしてもらている。
真竹の根は浅いと思っていたんだが、どうしてどうして。
P1000555ユンボ.jpg
彼方此方に根鞭(ねぶち)が張り巡らしているではないか。
根鞭を掘りあげる際、ユンボが大きく傾く。
この根鞭を見ていると、小中学生の頃を思い出す。
悪いことをして、先生から根鞭で打たれ、背中がミミズ腫れしていたのを。現在では考えられないことだよっ。
オッと、開墾した後に、何を植えるか?って。
いろいろ考え抜いた末、渋柿を植えることにしました。150〜200本程度です。渋い男が、渋い奴を植える・・・様になりますね〜っ。
桃栗三年・柿八年と言う。八年後、おいらは喜寿、この世に存在しているんでしょうや・・・。
   柿の実や 神のみぞ知る 八年後
(それでいいんです・納得なんです)

posted by 松つあん at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月03日

春の香り・雛祭り

現在は、女房と二人暮らし。お互い69歳のジジィとババァで、加齢臭ぷんぷん状態。色気なんぞあろうはずもない。
本日は、雛祭り。
P1000550下駄.jpg
お雛様が履かれるであろう「ミニミニ下駄」をテレビ台にお飾りしました。
殺風景の我が家に、春が来たようです。
   老夫婦 二人ならんで すまし顔


   

posted by 松つあん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月01日

また、年を重ねました

本日をもって、満の69歳となりました。女房共々にです。
息子たちやら、親戚からおめでとうコールあり。
P1000552お花.jpg
しかし何だな〜ぁ、墓場行きへのカウントダウンの時計の音が、早くなったように聞こえてくる。
ま〜あ、年齢だけは、人々に平等に配布されるものなので、嬉しくも悲しくもない。
年取ってくると、厭らしくなるんだろう。色んな出来事があると、邪気を回して考えるようになるんだ。
例えば、衆院予算委員会で、高市早苗総務相が「公平公正を欠く放送を繰り返した場合、業務停止もありうる」と答弁。
これに対して、昨日、ジャーナリスト有志(田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、岸井成格氏ら6名)が「私たちは怒っている」「発言は憲法・放送法の精神に反している」とする声明を発表した。
しかし、この件でテレビ局は声明に同調するどころか、委縮してしまったと聞き及ぶ。
何故なんだろう・・・。
その裏には、国に支払う「電波利用料」が隠れていると思うんだ。内訳は携帯電話事業者が72%なのに対し、放送事業者はたったの7%である。つまり、放送局は電波利用料を特別優遇されているんである。もし、高市発言に意義を申し立てれば、電波使用料の見直しを迫られる可能性大であるからであろう・・・。正義より経営(お金)重視?。
ま〜あ、折角の誕生日に、裏読みなんぞやらずに、老後の生活設計など静かに考えていましょう。
   年輪を 重ねるごとに 邪気多し
 
posted by 松つあん at 12:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記