2016年01月10日

人類皆兄弟

一月の第二日曜日は、おいらの住む(小集落8軒)の新年会。
お宮さんの竹垣の補修をして、お酒を飲もうてなことである。
P1000120竹垣.jpg
毎年のことながら、孟宗竹5本を切り倒し、火にあぶって曲げたり・小さく割って垣根を作ったりです。
或る若者曰く「面倒だから、プラスチックの竹でした方が簡単では」と。
14年前からお世話になっているおいら「きついけど、自然を利活用した方が、雰囲気がいいんでは」と言い返す。
P1000122乾杯.jpg
全員揃ったところで、長老の音頭で乾杯。
ここの集落は、平安時代に島根県から移住してきた「来海(きまち)一族」。
おいらとは、無関係と思っていたんだが、お酒を交わしながら話をしていると「な〜んだ、ふた従妹ではないか!」「遠い親戚ではないか!」てな話になった。知らぬ土地に来て、おいらを含め、全員が血の繋がりがあろうとは・・・。
笹川良一さんだったか?「人類皆兄弟」てな言葉が頭をよぎりました。
   知らぬ地に 来ても全員 皆兄弟
posted by 松つあん at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記