2016年01月06日

暖冬の影響が、こんなところにも

地球温暖化のせいであろう、北極の氷が溶け出しているそうな。冬と言うのにスキー場が営業できなかったりしているそうな。
おいら、キジの飼育を始めて、早13年になる。
例年であれば、4〜5月に生まれたキジ、12月(7カ月で成長)に300羽ほど処理していた。しか〜し、寒が弱いことから、チョイト試してみた。
P1000107きじ成長.jpg
キジを手に取ってみた。胸肉・もも肉ともに脂の乗りがイマイチの状況である。つまり体重が軽いてなことです。前もって(秋口・食欲の秋)、寒さに耐えるため食を増して、脂をため込むんだが、暖冬で、本能がイカレチャッタんであろう。こんなところにも暖冬の影響が。
   冬ぬくし 食が増さずに キジ軽し




posted by 松つあん at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記